仮想通貨のステーキングとは?仕組みや利回り、リスクも解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨のステーキングについて知りたい
  • 仮想通貨のステーキングの仕組みや利回りについて知りたい
  • 仮想通貨のステーキングのリスクや注意点について知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨のステーキングの仕組みや利回り、リスク」をお伝えしていきます。

ステーキングとは?

ステーキングとは

ステーキングとは、特定の仮想通貨を取引などに使用せずウォレットに保有しておき、ブロックチェーンのオペレーションに参加することで利益が得られる仕組みのことを指します。

基本的には「株式投資」などと同じイメージに近いです。

「株式投資」では、株を購入することで事業の成長を支えて、その会社の成長に見合った報酬を得ることができます。

「ステーキング」では、年間の利回りがあらかじめ設定されており、通貨の保有者は株式投資の配当のような報酬をもらえる仕組みです

「株式投資」と「ステーキング」の大きな違いは「投資している対象」です。

株式投資は、基本的に企業やなんらかのプロジェクトに対して投資しているのに対して、ステーキングは「サービスの根幹になっているブロックチェーン」を対象としています。

ステーキングした通貨は購入者でも自由に動かせない状態にすることで、ネットワーク維持などの面からブロックチェーンを支えてもらうことが運営者側の狙いです。

自由に動かせない通貨が多いほど、ブロックチェーンにデータを追加するときの承認率が上がるなど、運営者側にも大きなメリットがあるので、購入者は低リスクで報酬を獲得することが可能になりました。

これまでの仮想通貨取引とは前提そのものが違い、長期保有しているだけで仮想通貨を増やすことができる新しい運用方法として多くの人から注目されています。

ステーキングの特徴

ステーキング特徴

それでは次に、ステーキングの特徴を紹介していきます。

ステーキングの主な特徴は、以下の3つです。

  • 低リスクで仮想通貨を運用できる
  • すぐに参加できる
  • 銀行の以上の年利

それぞれ詳しく紹介していきます。

低リスクで仮想通貨を運用できる

1つ目のステーキングの特徴は「低リスクで仮想通貨を運用できる」です。

ステーキングの「仕組み」は株式投資に似ていると紹介しましたが、通貨を預けていると年利分の報酬が得られる点は「銀行預金の利子」にも似ているでしょう。

仮想通貨取引は価値の変動が激しいため、アクティブに通貨を動かす必要がありました。

しかし、ステーキングは長期保有することを前提として通貨を購入するため、リスクも手間も抑えられています

「コツコツ通貨を貯めていきたい」「仮想通貨の情報を集める時間がない」こんな風に考えている人にはぴったりのサービスでしょう。

すぐに参加できる

2つ目のステーキングの特徴は「すぐに参加できる」です。

仮想通貨で利益を得るためには、非常に多くの知識を必要とします。

通貨の種類や特徴、購入や売却するタイミングなど、専門的な知識を持っていなければ取り引きするべきではないでしょう。

しかし、ステーキングであれば、ステーキングサービスに対応している取引所で通貨を保有しているだけで、ほぼ確実に利益を獲得できます

購入するときの手間も少ないでしすし、購入後に通貨を動かす必要もありません。

初心者でも簡単に始めれることは、ステーキングならではの特徴です。

銀行以上の年利

3つ目のステーキングの特徴は「銀行以上の年利」です。

国内のメガバンクの定期預金年利は「0.002%」程度で、100万円を1年間預けていても20円しか貰えません

また、そこからさらに税金を自動的に引かれるので、実際に獲得できる報酬は「16円」前後になります。

しかし、ステーキングの年利の相場は「3〜6%」です。

ステーキングの年利では低いとされている「3%」でも銀行預金の1500倍の年利になります

単純な計算だと「16円×1500」なので、100万円を1年間預けて得られる報酬は「24,000円」です。

長期的な資産運用であれば、ステーキングの方がはるかにお得でしょう。

ステーキングのリスク

ステーキングのリスク

魅力的な特徴の多いステーキングですが、もちろんリスクもあります。

ステーキングサービスを利用するときの主なリスクは、以下の2つです。

  • 大きな収益には期待できない
  • 価値が下がることもある

それぞれ詳しく紹介していきます。

大きな収益には期待できない

1つ目のステーキングのリスクは「大きな収益には期待できない」です。

仮想通貨取引の魅力は、なんといっても「一攫千金」。

正しい知識と一定の資産があれば、一夜にして莫大な資産を手にすることも夢ではありません。

しかし、ステーキングで一攫千金を狙うことは困難でしょう

そもそもステーキングは、あらかじめ年利が決まっているので、それ以上の収益には期待できません。

仮想通貨に「ハイリスクハイリターン」のイメージを持っている人は非常に多いですが、ステーキングは堅実でリスクの少ない投資方法です

価値が下がることもある

2つ目のステーキングのリスクは「価値が下がることもある」です。

ステーキングは「年利」が決まっているので、保有している通貨が多ければ多いほど、得られる収益も増える仕組みになっています。

「ステーキング」とはいえ、仮想通貨なので価値そのものが大きく下がってしまうと、得られる収益も大幅に減少してしまいます

価値が下がってしまえば、得られる収益が減ってしまうのは、仮想通貨なので当たり前ではありますが、注意しておきましょう。

しかし、通常の仮想通貨取引と比べると、はるかにリスクは少ないので、安定している通貨さえ選べば堅実な投資方法に変わりありません

ステーキングでもっとも重要なポイントは「安定性」です。

歴史の浅い通貨や将来性に期待されすぎている通貨は、暴落の可能性もあるので、ステーキングのときには手を出さないようにしましょう。

ステーキングが注目されている理由

ステーキング注目理由

ステーキングは仮想通貨業界では、非常に注目を集めているサービスです。

その大きな理由は、仮想通貨の運用方法を大きく変えたことにあります

先ほども紹介しましたが、仮想通貨は価値の変動が大きく、多くの人が「ハイリスクハイリターン」というイメージを持っています。

しかし、ステーキングの登場により、大きなリスクを冒さなくても堅実に利益を得ることができるようになりました。

今までの仮想通貨の運用方法にはない、まったく新しい通貨を増やす方法なので、魅力的に感じる人は少なくありません。

その証拠として、ステーキングサービスの提供をはじめているプラットフォームは急激に増えてきています。

「バイナンス」や「コインチェック」など、メジャーな仮想通貨取引所でも提供されているので、今後も利用者は増え続けていくでしょう。

これまでの仮想通貨取引の基本は「キャピタルゲイン」つまり、価格が下がったときに購入して、高騰したときに売却して利益を獲得するのが一般的でした。

ステーキングは、仮想通貨の基本である運用方法とまったく異なり、保有しているだけで報酬を獲得できます

仮想通貨取引に中長期的な資産運用方法(インカムゲイン)で、利益を生み出す発想はこれまでになかったため、多くの人から注目されています。

ステーキングとレンディングサービスの違い

ステーキングとレンディングサービス

ステーキングと似ているサービスに「レンディングサービス」があります。

レンディングサービスは「貸仮想通貨」とも呼ばれており、仮想通貨取引所に対して一定期間、通貨を預けることで利息として報酬を獲得できるサービスです。

仮想通貨を預けて「利息」として報酬を得る仕組みは、どちらも同じなので、非常に似ているサービスと言えるでしょう。

しかし、この2つのサービスは通貨を預けている対象が異なります。

ステーキングは「サービスの根幹になっているブロックチェーン」を対象にしているのに対して、レンディングサービスは「仮想通貨取引所」に通貨を預けています。

また、ステーキングは通貨を自分で「保有」していますが、レンディングサービスは「預けている」ことも大きな違いでしょう。

ステーキングは自分で通貨を保有しているので、価値が下がるリスクはありますが「総数」が減ることはありません

レンディングサービスには「通貨の価値が下がる」と「通貨の総数が減る」この2つのリスクを持っています。

リスクが大きいため、利益もレンディングサービスの方が期待できますが、どちらを選択するかは慎重に検討したほうがいいでしょう。

ステーキングで報酬を得たときの「税金」について

ステーキングの税金

それでは最後に、ステーキングで報酬を得たときの「税金」について紹介していきます。

ステーキングサービスを利用して報酬を獲得してるにもかかわらず、納税をおこなっていると「無申告課税」や「重加算税」など、さまざまなペナルティを課されることになります。

ステーキングの利用を検討している人は、以下の3つは必ず覚えておきましょう。

  • ステーキングにおける「報酬」とは?
  • ステーキングの報酬に税金は発生する?
  • ステーキングの報酬で納める税金の計算方法

それぞれ詳しく紹介していきます。

ステーキングにおける「報酬」とは?

ステーキングで「報酬」として認められるタイミングは、主に以下の2つがあります。

  • ステーキングで報酬を獲得したとき
  • ステーキングで獲得した通貨を売却したとき

たとえば、年利6%のステーキングサービスで100万円分の通貨を1年間保有しておくと、価値は106万円になります。

その106万円分の通貨をすべて売却すると、6万円の収益になりますが、税金の計算上では「106万円」が報酬として計算されます

これはどの仮想通貨取引をおこなっても同様なので、必ず覚えておきましょう。

ステーキングの報酬に税金は発生する?

結論から言うと、ステーキングの報酬に税金は発生します

仮想通貨における報酬は、すべて「雑所得」に分類されるので、所得税として5〜45%を国に納める必要があります。

先ほども紹介したように、利益ではなく売却した価格すべてに納税の義務があるので、注意しておきましょう

また、納税するタイミングにも注意が必要です。

たとえば、2020年12月31日までがステーキングの計算期間で、2021年1月1日に報酬が振り込まれたとします。

この場合は、2021年の報酬として計算されることになります

ステーキングの期間に関係なく、報酬を「受け取ったとき」が計算のタイミングになることを覚えておきましょう。

ステーキングの報酬で納める税金の計算方法

ステーキングの報酬は、雑所得に分類されるため以下のよう計算方法になります。

  • ①売上高ー②必要経費=雑所得
  • 雑所得×③税率=納税額

①売上高

売上高とは、ステーキングで獲得した仮想通貨のことです。

仮想通貨の価値が100万円であれば、売上高も100万円になります

②必要経費

残念ながら仮想通貨取引で認められている必要経費は、ほとんどありません。

仮想通貨を購入した代金は経費に含まれるのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、現状では認められていません。

基本的に認められているのは「手数料」と「通信料の一部」くらいでしょう

発生した報酬のほとんどが税金の対象になると思っておいてください。

③税率

所得税は、その年に得た金額によって税率が変動します。

以下は、所得税の早見表です。(2021年10月現在)

その年の所得税率
1,000円〜1,949,000円5%
1,950,000円〜3,299,000円10%
3,300,000円〜6,949,000円20%
6,950,000円〜8,999,000円23%
9,000,000円〜17,999,000円33%
18,000,000円〜39,999,000円40%
40,000,000円 以上45%

ステーキングとは?まとめ

ステーキングまとめ

今回は仮想通貨のステーキングの仕組みや利回り、リスクについてお伝えしました。

ステーキングとは、特定の仮想通貨を取り引きなどに使用せずに、ウォレットに保有しておき、ブロックチェーンのオペレーションに参加することで利益が得られる仕組みのことを指します。

年利の相場は3〜6%なので、中長期的な資産運用方法の中では非常に優秀です。

そもそも仮想通貨には、堅実で低リスクな運用方法がなかったため、多くの人から注目を集めています

仮想通貨なので「価値の低下」というリスクはあるものの、信頼できる通貨を選択すればあまり大きな問題ではありません。

初心者でも手の出しやすい取引方法なので、ぜひ検討してみてください。