NFT関連のおすすめ仮想通貨銘柄一覧!取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • NFT関連のおすすめ仮想通貨銘柄や取引所を知りたい
  • NFT関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性が知りたい
  • NFT関連の仮想通貨銘柄の選び方や注意点が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「NFT関連のおすすめ仮想通貨銘柄や取引所、選ぶときのポイントから買い方」まで伝えしていきます。

2022年おすすめの仮想通貨取引所はこれだ!

取引所名特徴公式サイト
Bybit(バイビット)
バイビット
  • 最大100倍のレバレッジで資金効率の良い取り引きが可能
  • YouTuberのヒカルさんや青汁王子さん、与沢さんのコラボ動画で話題
  • キャンペーンが随時開催!登録や入金・取引で仮想通貨をもらえるチャンスが豊富
バイビット公式
Binance(バイナンス)
バイナンス
  • 取引高世界一の仮想通貨取引所
  • 独自のトークンBNBで低い手数料の取引が魅力
  • 取り扱い通貨数も多く、草コインを探すなら◎
バイナンス公式
Coincheck(コインチェック)
コインチェック
  • 国内の暗号資産取引アプリDL数 3年連続No.1
  • ビットコインやイーサリアムをまず買うならここ
  • 東証一部マネックスグループ運営で安心
コインチェック公式

そもそもNFTとは

NFT とは

NFTとは「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略称で、コピーができないデジタルデータのことを指します

一般的なデジタルデータは本や写真と違い、簡単にコピーできることから、希少価値が生まれづらい特徴がありました。

しかし、NFTは「ブロックチェーン」を活用して、データをアップロードすることでコピーを防ぎ、デジタルデータの価値を向上させています

NFTは「暗号資産」に分類されますが、「非代替性」という特徴から、仮想通貨とは異なる活用方法です。

「NFT」と「仮想通貨」は、どちらもブロックチェーン上で、発行・取り引きされることから、非常に似た存在と言えます。

しかし、どちらもブロックチェーンによって価値を守っていますが、

  • NFT:Non-Fungible Token(非代替性トークン)
  • 仮想通貨:Fungible-Token(代替性トークン)

つまりNFTは、「この世に1つしかないデジタルデータ」で、仮想通貨は、「交換可能なデジタル通貨」と覚えておきましょう。

現在はデジタルアート市場での活躍が主流ですが、今後はゲーム業界や不動産業界など、さまざまな分野での利用が期待されています。

NFT関連仮想通貨銘柄の特徴/将来性

NFT 特徴

それでは次に、NFT関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性について紹介していきます。

NFT関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性は、以下の3つです。

  • 発展途中の技術
  • 取り扱っている取引所が少ない
  • 将来的な高騰に期待できる

それぞれ詳しく紹介していきます。

発展途中の技術

1つ目のNFT関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性は「発展途中の技術」です。

NFTという技術の歴史は浅く、まだまだ発展する余地があります

最近になって一気に価格が上昇したNFT関連の仮想通貨銘柄もありますが、サービスの斬新性から注目されていることが理由です。

技術が発展して徐々に価格が上がる可能性もありますが、その反面なんらかの重大な問題が発生する可能性もゼロではありません。

また、NFTに変わる新しい技術が登場することも考えられます。

そもそもブロックチェーン自体が比較的、新しい技術であることを覚えておきましょう

取り扱っている取引所が少ない

2つ目のNFT関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性は「取り扱っている取引所が少ない」です。

NFT自体が新しい技術なので、取り扱っている取引所もまだまだ多くはありません。

どれだけ将来性のある銘柄でも、取り扱っている取引所が少なければ時価総額が上がらず、価値は低いままです。

しかし、NFT関連の銘柄を取り扱う取引所が増えていけば、価値は上がっていくでしょう

将来的な高騰に期待できる

3つ目のNFT関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性は「将来的な高騰に期待できる」です。

NFTは2021年になってようやく注目されはじめた技術なので、価格が上昇する余地が残っています

NFTを取り扱うプラットフォームやユーザーが増えていけば、将来的に価格が爆発する可能性もあるでしょう。

NFT関連のおすすめ仮想通貨銘柄一覧

NFT おすすめ

ここからは、NFT関連のおすすめ仮想通貨銘柄を紹介していきます。

NFT関連のおすすめ仮想通貨銘柄は、以下の5つです。

  • Decentraland(MANA)
  • Theta Token(THETA)
  • Chiliz(CHZ)
  • Flow(FLOW)
  • The Sandbox(SAND)

それぞれの特徴を詳しく紹介していきます。

Decentraland(MANA)

Decentraland(MANA)とは、ブロックチェーンを活用したVR空間のプラットフォームです

Decentraland(MANA)の特徴

Decentraland(MANA)には、以下のような特徴があります。

  • 土地やアイテムがNFT化されている
  • VR空間で経済活動がおこなわれている
  • 時価総額ランキング27位

Decentraland(MANA)では、土地やアイテムがNFT化されており、ユーザー同士で自由に売買することができます。

特に土地はNFTマーケットで高値で取引されており、話題になっています。

VR空間で現実世界と同様の経済活動がおこなわれていることが特徴で、ブロックチェーンを使った3D仮装世界の構築がDecentraland(MANA)の目的です

仮想通貨名Decentraland
シンボルMANA
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://decentraland.org/

Theta Token(THETA)

Theta Token(THETA)とは、ブロックチェーン技術を活用した「非中央集権型の動画プラットフォームを構築すること」を目的に開発された仮想通貨です。

Theta Token(THETA)の特徴

Theta Token(THETA)には、以下のような特徴があります。

  • SLIVER.TVと提携
  • 簡単にTheta Tokenをもらえる
  • 大手企業から出資を受けている

SLIVER.tvとは、Theta Token(THETA)のブロックチェーン技術を活用した「eスポーツ」に特化している動画プラットフォームです。

すでに多くのユーザーが利用しており、eスポーツ業界では非常に多くの人たちから支持を集めています。

また、SLIVER.tvでは、クリエイターだけでなく、動画を見ているユーザーもTheta Token(THETA)をもらえます。

ソニーイノベーションファンドやGREE、サムスンなど、世界中の大手企業から出資を受けており、世界中の企業から注目されていることがわかります。

仮想通貨名Theta Token
シンボルTHETA
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://www.thetatoken.org/

Chiliz(CHZ)

Chiliz(CHZ)とは、スポーツ・エンターテイメント業界でブロックチェーンを活用したプラットフォームです

Chiliz(CHZ)の特徴

Chiliz(CHZ)には、以下のような特徴があります。

  • ファントークンで取引できる
  • 海外プロチームとも提携
  • さまざまなイベントに参加できる

Chiliz(CHZ)では、さまざまなジャンルのスポーツジムと提携しており、プラットフォーム内では「ファントークン」を発行しています。

「FCバルセロナ」「ユベントス」「パリ・サンジェルマン」など、海外サッカーチームがメインでしたが、最近では格闘技やバスケットボールのチームとも提携もはじめました。

また、ファントークンを獲得することで、スタジアムの名称やユニフォームのデザインなど、さまざまなイベントに投票できるようになります

仮想通貨名Chiliz
シンボルCHZ
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://www.chiliz.com/jp/

Flow(FLOW)

Flow(FLOW)とは、大人気NFT「クリプト・キティーズ」を手がけている、Dapper Labsが開発した新しいブロックチェーンです

Flow(FLOW)の特徴

Flow(FLOW)には、以下のような特徴があります。

  • スケーラビリティ問題を解決
  • 開発者に優しい設計
  • ガス代が安く、処理も速い

Flow(FLOW)は、NFTゲームやブロックチェーン上で構築されているアプリを開発するための、新しい基盤としてリリースしています

従来の開発であれば、イーサリアムを利用することが一般的でしたが、非常に難易度の高いプログラミングスキルが必要でした。

しかし、Flow(FLOW)なら、仮想通貨やブロックチェーンの専門的な知識がなくても開発できるため、技術者の参入ハードルも大幅に下がりました。

また、イーサリアムよりもガス代が安く、処理も早いため、世界中の技術者から期待されています。

仮想通貨名Flow
シンボルFLOW
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://ja.onflow.org/

The Sandbox(SAND)

The Sandbox(SAND)とは、イーサリアムのブロックチェーン上に構築されているNFTゲームです

The Sandbox(SAND)の特徴

The Sandbox(SAND)には、以下のような特徴があります。

  • 独自トークン「SAND」を発行
  • ゲーム内の土地をNFT化している
  • キャラクターやアイテムをNFTとして販売できる

「SAND」とは、The Sandboxが発行しているゲーム内通貨です。

The Sandboxのゲーム内の土地はNFT化されており、購入した土地を他のユーザーに貸し出すことで不動産収入を獲得できます

また、ツールを使って作成したキャラクターやアイテムも、NFTマーケットで販売することが可能です。

仮想通貨名The Sandbox
シンボルSAND
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://www.sandbox.game/jp/

NFT関連の仮想通貨銘柄を購入できるおすすめの取引所は?

NFT 取引所

おすすめの取引所は、Bybit(バイビット)です。

Bybit(バイビット)とは、2018年3月にシンガポールで設立された仮想通貨取引所です。

世界130ヵ国にユーザーを持っており、デリバティブ仮想通貨取引所ランキングでは4位にランクインしています。

最近では、有名YouTuberのヒカルや与沢翼さんが取り上げたことでも大きな話題を呼びました。

本拠地はシンガポールですが、日本語にも対応しているため、国内の仮想通貨取引所のように利用することができます

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

Bybit(バイビット)の特徴や登録方法などについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 バイビット(Bybit)について知りたい バイビット(Bybit)の特徴や登録方法について知りたい バイビット(Bybit)の使い方について知りたい上記のように考えているかもしれ[…]

バイビットアイキャッチ

取り扱い通貨数125
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

NFT関連仮想通貨銘柄を選ぶ際のポイント

NFT 選び方

それでは次に、NFT関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントを解説していきます。

NFT関連の仮想通貨を購入するなら、以下3つのポイントには注意しておきましょう。

  • サービス内容を理解しておく
  • 信用できる銘柄を選ぶ
  • 海外の情報を調べる

それぞれ詳しく解説していきます。

サービス内容を理解しておく

1つ目のNFT関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントは「サービス内容を理解しておく」です。

NFT関連の銘柄の中でも、ゲームやアプリ開発、動画プラットフォームなど、さまざまなサービスがあります。

仮想通貨の価格だけでなく、サービス内容やブロックチェーンの特徴を理解することで、将来性が見えてくるでしょう

また、将来性以外にも自分の好きなサービスを応援するために購入する人も少なくありません。

信用できる銘柄を選ぶ

2つ目のNFT関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントは「信用できる銘柄を選ぶ」です。

信用できる銘柄を選ぶためには「時価総額」を調べましょう。

仮想通貨の時価総額は「価格×売買量」で決まっており、時価総額が高い銘柄は多くの人に取引されているということになります。

価格の安定性・流動性や、需要と供給のバランスが取れているのかなど、さまざまな情報が時価総額を調べることでわかります

時価総額やサービス内容を理解していない状態での購入はギャンブル性が強く、リスクの高い投資方法と言えるでしょう。

海外の情報を調べる

3つ目のNFT関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントは「海外の情報を調べる」です。

NFT関連の銘柄は、日本の仮想通貨取引所ではほとんど上場していません。

そのため、そもそもNFTに関する情報が極端に少なく、国内だけでは有力な情報は得られないでしょう。

海外メディアでは価格予想や専門家の意見も発信されているため、より詳しい情報を獲得できます。

NFTは最新技術なので、数ヶ月で大きく発展することもあるため、少し前の情報がまったく役に立たないことも考えられます

手間かもしれませんが、最新の情報を獲得するためには海外メディアを利用するようにしましょう。

NFT関連の仮想通貨銘柄の購入方法・買い方

NFT 買い方

NFT関連の仮想通貨の購入方法を解説していきます。

コインチェックで口座を開設する

シータ/THETAの購入方法1

NFT関連の仮想通貨を多く取り扱っている「Bybit(バイビット)」では、日本円の入金ができません。

そのため、国内の仮想通貨取引所から、イーサリアムを送金する必要があります

イーサリアムを取り扱っている国内の仮想通貨取引所であれば、どれでも問題ありませんが、強いこだわりがないのでれば「コインチェック」がおすすめです。

コインチェックは取扱通貨数も非常に多いですし、ビットコインでの決済サービスや仮想通貨積み立てサービスなど、さまざまなサービスを展開しています

非常に使いやすいので、初心者の人はコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

コインチェックに入金し、イーサリアム (ETH)を購入する

コインチェックのアカウント登録が完了したら、イーサリアムを購入しましょう。

イーサリアムを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「イーサリアム」をクリックする
  3. イーサリアムの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

基本的に仮想通貨取引は、1度確定してしまうとキャンセルすることはできません

購入前に「数量」と「金額」を確認しておきましょう。

コインチェックからBybit(バイビット)に、購入したイーサリアム (ETH)を送金する

DAO関連買い方1

仮想通貨の送金には「アドレス」が必要になります。

Bybit(バイビット)にログインして、トップページ右上「資産」をクリックしましょう。

「資産」をクリックすると、上のような画面が表示されます。

イーサリアムの欄から「入金」を選択することで、アドレスを発行できます。

アドレスが発行できたら、コインチェックにログインしてBybit(バイビット)へ送金しましょう。

このときに、アドレスが間違っていると、イーサリアムが消えてしまうため、慎重に操作してください

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

Bybit(バイビット)でNFT関連仮想通貨銘柄を購入する

これで、NFT関連の仮想通貨を購入する準備ができました。

Bybit(バイビット)にログインしたら、取引画面に進みます。

「価格」と「契約数」を入力して、購入を確定させましょう。

仮想通貨取引では、大切な資産が消えてしまう可能性があるため、慣れていない人は、少額からはじめることをおすすめします

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

NFT関連のおすすめ仮想通貨銘柄一覧まとめ

NFT まとめ

この記事では、「NFT関連のおすすめ仮想通貨銘柄や取引所、選ぶときのポイントから買い方」を紹介しました。

NFTとは、「Non-Fungible Token(非代替性トークン)」の略称で、コピーができないデジタルデータのことを指します

一般的なデジタルデータは本や写真と違い、簡単にコピーできることから、希少価値が生まれづらい特徴がありました。

しかし、NFTは「ブロックチェーン」を活用して、データをアップロードすることでコピーを防ぎ、デジタルデータの価値を向上させています

日本でも徐々に浸透してきているため、NFT関連の仮想通貨を上場する取引所も増えていくでしょう。

まだまだ価格が上がりきっていない銘柄が多いため、一攫千金を狙っている人にも向いています。

また、NFT関連の仮想通貨を購入するなら「Bybit(バイビット)」がおすすめです。

登録や口座開設はすべて無料で、日本語にも完全に対応しています。