メタバース関連のおすすめ仮想通貨銘柄一覧!取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • メタバース関連のおすすめ仮想通貨銘柄や取引所を知りたい
  • メタバース関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性が知りたい
  • メタバース関連の仮想通貨銘柄の選び方や注意点が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「メタバース関連のおすすめ仮想通貨銘柄や取引所、選ぶときのポイントから買い方」まで伝えしていきます。

2022年おすすめの仮想通貨取引所はこれだ!

取引所名特徴公式サイト
Bybit(バイビット)
バイビット
  • 最大100倍のレバレッジで資金効率の良い取り引きが可能
  • YouTuberのヒカルさんや青汁王子さん、与沢さんのコラボ動画で話題
  • キャンペーンが随時開催!登録や入金・取引で仮想通貨をもらえるチャンスが豊富
バイビット公式
Binance(バイナンス)
バイナンス
  • 取引高世界一の仮想通貨取引所
  • 独自のトークンBNBで低い手数料の取引が魅力
  • 取り扱い通貨数も多く、草コインを探すなら◎
バイナンス公式
Coincheck(コインチェック)
コインチェック
  • 国内の暗号資産取引アプリDL数 3年連続No.1
  • ビットコインやイーサリアムをまず買うならここ
  • 東証一部マネックスグループ運営で安心
コインチェック公式

そもそもメタバースとは

メタバースとは

そもそも「メタバース」とは、インターネット上に構築された仮想空間や3次元空間のことです

よく混同している人もいますが、ゲームや仮想通貨そのものの名称ではありません。

3次元世界の発想はかなり昔からありましたが、技術的な問題から実現不可能でした。

しかし、仮想通貨のブロックチェーン技術の進歩によって、安全性と利便性を兼ね備えたサービスが、続々と誕生しています

メタバース関連仮想通貨銘柄の特徴/将来性

メタバース特徴

それでは次に、メタバース関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性について紹介していきます。

メタバース関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性は、以下の3つです。

  • 投資対象としての需要がある
  • Facebookもメタバース事業に進出
  • 「セカンドライフ」ブームの再熱

それぞれ詳しく紹介していきます。

投資対象としての需要がある

1つ目のメタバース関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性は「投資対象としての需要がある」です。

メタバースを実現するための基幹技術であるブロックチェーンは、主に仮想通貨やNFTで利用されており、メタバースを開発している企業に投資する流れが出てきています。

まだまだ世界的に浸透しているとは言えませんが、ブロックチェーン技術のポテンシャルを考えれば、今後の普及率にも期待できるでしょう

また、投資対象としての価値が上がっていけば、プロジェクト資金も増えていくため、メタバースの技術的な発展も加速していきます。

Facebookもメタバース事業に進出

2つ目のメタバース関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性は「Facebookもメタバース事業に進出」です。

2021年10月に、FacebookやInstagramを運営している「Facebook社」が社名を「Meta(メタ)」に変更しました。

これまでの「Facebook」という社名は、あくまでも事業の一部に過ぎないため、企業全体のイメージを表すにはふさわしくないことが変更した理由です。

新しい「Meta(メタ)」という社名は、メタバース事業に積極的な姿勢が伺えます。

また、「NIKE」や「GUCCI」などの世界的なアパレル企業も、NFTサービスを開始しています

今後もさまざまな企業がメタバース業界に参入してくるでしょう。

「セカンドライフ」ブームの再熱

3つ目のメタバース関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性は「『セカンドライフ』ブームの再熱」です。

2000年前後には、「定年退職後の人生を楽しもう」というブームが盛んになりました。

インターネット上に仮想空間を構築して、現実世界とは違う生活を楽しむ「セカンドライフ」は大きな話題となりました。

しかし、当時の技術力では仮想通貨やブロックチェーンを実現することは不可能で、いつの間にか衰えていきました。

現在では5Gの実用化や仮想通貨の普及など、仮想空間でも経済活動ができるようになったため、セカンドライフのブームが再来しています。

よりリアリティのある仮想空間に期待している人は多く、企業だけでなく一般層の人たちからもメタバースは期待されています

メタバース関連のおすすめ仮想通貨銘柄一覧

メタバース銘柄

ここからは、メタバース関連のおすすめ仮想通貨銘柄を紹介していきます。

メタバース関連のおすすめ仮想通貨銘柄は、以下の5つです。

  • Decentraland(MANA)
  • Enjin Coin(ENJ)
  • The Sandbox(SAND)
  • Somnium Space(CUBE)
  • Illuvium(ILV)

それぞれの特徴を詳しく紹介していきます。

Decentraland(MANA)

Decentraland(MANA)とは、イーサリアムのブロックチェーン上に構築されているメタバースです

独自に発行しているトークン「MANA」は、Decentralandの中でアイテムの購入やコンテンツの支払いに利用できます。

Decentraland(MANA)の特徴

Decentraland(MANA)には、以下のような特徴があります。

  • 仮想の土地をユーザー同士で売買できる
  • 10,000人以上のユーザーが利用している
  • 手数料は少し高め

Decentralandでは、「LAND」と呼ばれるゲーム内の土地を自分でカスタマイズして、ユーザー同士で売買することが可能です。

また、ゲーム内で「経済活動」をおこなうことがDecentralandの目的なので、アイテムの総数やLANDの価格は常に制限されています

すでに10,000人以上のユーザーがMANAを購入しており、価格も1MANA100円を超えています。

イーサリアムのブロックチェーンを利用しているため、手数料は少し高いことには注意しておきましょう。

仮想通貨名Decentraland
シンボルMANA
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトDecentraland(MANA)公式

Enjin Coin(ENJ)

Enjin Coin(ENJ)とは、イーサリアムのブロックチェーンをベースにしている、ゲーム開発プラットフォームです

「アイテムのNFT化」に特化しているサービスで、ユーザーはメタバース内のアイテムをトークンとして管理することができます。

Enjin Coin(ENJ)の特徴

Enjin Coin(ENJ)には、以下のような特徴があります。

  • 「アイテムのNFT化」に特化している
  • アイテムをトークンとして管理できる
  • 開発者の管理・運営が楽になる

さまざまなゲーム開発者が、Enjin Coin(ENJ)を使ってメタバースを開発しています。

人気の理由は、NFT化したアイテムの管理や、取引の収益化が簡単に実装できるからです

ユーザーも個人間でアイテムの交換や売買が可能になるので、メリットは大きいでしょう。

仮想通貨名Enjin Coin
シンボルENJ
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトEnjin Coin公式

The Sandbox(SAND)

The Sandboxとは、ゲーム内のアイテムや土地、資産など、すべてのデータがNFT化しているメタバースです

世界観は「マインクラフト」に近く、ユーザーは街やジオラマを自由に作ることができます。

The Sandboxの特徴

The Sandboxには、以下のような特徴があります。

  • ゲーム内で作ったアイテムを販売できる
  • 自分が所有している土地を貸して「不動産収入」を得れる
  • The Sandbox内に新しいゲームを作れる

The Sandboxでは、自分が作ったアイテムやジオラマを、他のユーザーに販売することができます。

単純にアイテムを販売するだけでなく、無料で配布できるなど、販売方法も豊富です。

また、所有している土地や自分で作った建物を、他のユーザーに貸すことで「不動産収入」まで得ることができます

The Sandbox内に新しいゲームを自分で作ることも可能で、ユーザー同士の交流も盛んです。

仮想通貨名The Sandbox
シンボルSAND
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトThe Sandbox公式

Somnium Space(CUBE)

Somnium Space(CUBE)とは、ブロックチェーン技術を活用した、ソーシャルVRアプリゲームです

ゲーム内の移動は徒歩や車のみで、いわゆる「ワープ機能」などはありません。

VRメインのゲームですが、VR機器を持っていなくてもプレイすることは可能です。

Somnium Space(CUBE)の特徴

Somnium Space(CUBE)には、以下のような特徴があります。

  • 基本的な移動手段は「徒歩」
  • アイテムや土地をトークン化して販売できる
  • 「VR展示会」としても利用されている

Somnium Space(CUBE)は、大人数で参加できるVR空間を目指して開発されているゲームです。

移動方法は基本的に「徒歩」のみで、車も用意されていますが、世界に5台しか存在していません。

仮想通貨を支払うことで一定時間、利用することも可能ですが、基本的にはVRを使った徒歩での移動を楽しむ世界観になっています。

また、VR空間の特徴を活かして、さまざまなアーティスが展示会を開催しています

専用のVR機器を持っていなくてもプレイすることはできるので、誰でも気軽に遊べることも魅力でしょう。

仮想通貨名Somnium Space
シンボルCUBE
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトSomnium Space(CUBE)公式

Illuvium(ILV)

Illuvium(ILV)とは、イーサリアムのブロックチェーン上に構築されている、オープンワールド型のRPGゲームです

Illuviumでは、独自トークン「LIV」を発行しており、保有している人は、ゲームの方向性を決める重要な会議での議決権が与えられます。

Illuvium(ILV)の特徴

Illuvium(ILV)には、以下のような特徴があります。

  • 戦略性の高いバトル
  • 獲得したアイテムやモンスターを販売できる
  • 他のプレイヤーのバトル結果に賭けれる

Illuvium(ILV)のバトルは、単純にモンスターの強さだけで決まるわけではなく、チェスのような高い戦略性が求められます

また、バトルに勝利することで、レアアイテムやモンスターを獲得できます。

他のプレイヤーのバトル結果を予想して、勝敗に賭けれることも大きな特徴でしょう。

Illuvium(ILV)のレアアイテムは、すでにNFTマーケットで販売されており、中には4億円以上の価格で出品されている商品もあります。

仮想通貨名Illuvium
シンボルILV
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトIlluvium(ILV)公式サイト

メタバース関連の仮想通貨銘柄を購入できるおすすめの取引所は?

メタバース取引所

メタバース関連の仮想通貨を購入できるおすすめの取引所は、やはり「バイナンス」でしょう

バイナンスは世界最大の仮想通貨取引所で、世界中の人が利用しています。

取扱通貨数は300種類を超えており、メジャーなコインから一攫千金を狙える草コインまで、幅広く用意されています

海外の仮想通貨取引所を利用することに抵抗のある人もいるかもしれませんが、バイナンスは取引高世界No1を誇る仮想通貨取引所です。

また、日本語にも対応しているため、英語が苦手な人でも問題ありません。

>>草コインを探すならBinance一択!
いますぐ話題の仮想通貨をホールドしましょう。<<<

※今ならお得なミステリーボックスキャンペーン実施中。

取り扱い通貨数386
最大レバレッジ125倍
取引所手数料0.015~0.1%
通貨の送金手数料0.0005BTC
入金手数料無料
出金手数料0.0005BTC
アプリあり
運営会社バイナンス

メタバース関連仮想通貨銘柄を選ぶ際のポイント

メタバースポイント

それでは次に、メタバース関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントを解説していきます。

メタバース関連の仮想通貨を購入するなら、以下3つのポイントには注意しておきましょう。

  • 運用元の信頼性が高いかどうか確認する
  • 取り扱っている仮想通貨の種類
  • セキュリティの強さ

それぞれ詳しく解説していきます。

運営元の信頼性が高いかどうか確認する

1つ目のメタバース関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントは「運用元の信頼性が高いかどうか確認する」です。

仮想通貨取引所には、大切な資産を預けることになるので、本当に信用できるかどうか確認しておきましょう。

設立して間もない取引所や、運営元が明記されてない取引所では、急にサービスが終了して資産が返ってこないこともあります

運営元の企業がどんな事業をしているかなど、多角的に判断することが大切です。

取り扱っている仮想通貨の種類

2つ目のメタバース関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントは「取り扱っている仮想通貨の種類」です。

手数料の安さや使いやすさも重要ですが、自分が欲しいと思える仮想通貨を取り扱っていなければ意味がありません

現在は、数千種類以上の仮想通貨が誕生していると言われており、取り扱っている種類は取引所によって異なります。

仮想通貨の特徴を調べて、興味のある仮想通貨を取り扱っている取引所を選びましょう。

セキュリティの強さ

3つ目のメタバース関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントは「セキュリティの強さ」です。

ユーザーの資産をどんなふうに管理しているのかも、取引所を選ぶときの重要なポイントです

残念ながら悪意あるハッカーの攻撃を、完全に防ぎきることはできません。

管理方法やセキュリティ対策などを確認して、金融サービスのノウハウを持っている仮想通貨取引所を選びましょう。

メタバース関連の仮想通貨銘柄の購入方法・買い方

メタバース買い方

それでは最後に、メタバース関連の仮想通貨の購入方法を解説していきます。

コインチェックで口座を開設する

シータ/THETAの購入方法1

バイナンスは日本円での取り引きができないため、国内取引所からイーサリアムを送金する必要があります

そのため、イーサリアムを購入するために、コインチェックの口座を開設しましょう。

イーサリアムを取り扱っている国内の仮想通貨取引所であれば、どれでも問題ありませんが、強いこだわりがないのでれば「コインチェック」がおすすめです。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

コインチェックは取扱通貨数も非常に多いですし、ビットコインでの決済サービスや仮想通貨積み立てサービスなど、さまざまなサービスを展開しています

非常に使いやすいので、初心者の人はコインチェックにしておきましょう。

コインチェックに入金し、イーサリアム (ETH)を購入する

次は、コインチェックでイーサリアムを購入していきましょう。

コインチェックでイーサリアムを購入するときの流れは以下の通りです。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「イーサリアム」をクリックする
  3. イーサリアムの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

仮想通貨の取引は、1度確定してしまうとキャンセルできません。

「数量」と「金額」は、必ず確認してから購入するようにしてください

コインチェックからバイナンスに、購入したイーサリアム (ETH)を送金する

シータ/THETAの購入方法4

次に、コインチェックで購入したイーサリアムを、バイナンスへ送金します。

仮想通貨の送金には「アドレス」と呼ばれるコードが必要になります。

コードの発行手順は、以下の通りです。

  • バイナンスへログインする
  • トップページ右上「ウォレット」から「フィアットと現物」をクリック
  • イーサリアムの「入金」をクリック

アドレスが発行できたら、コインチェックにログインしてバイナンスへ送金しましょう。

このときに、アドレスが間違っていると、イーサリアムが消えてしまうため、慎重に操作してください

バイナンスでメタバース関連仮想通貨銘柄を購入する

シータ/THETAの購入方法5

バイナンスへイーサリアムを送金できたら、メタバース関連の仮想通貨を購入する準備ができました。

バイナンスのトップページ左上「トレード」から「コンバート」をクリックします。

バイナンスMANA

「コンバート」をクリックすると、上のような画面が表示されます。

「振替元」をETH(イーサリアム)、「振替先」にメタバース関連の通貨名を入力しましょう

次のページで「金額」と「数量」を入力して購入完了です。

仮想通貨取引では、大切な資産が消えてしまう可能性があります。

慣れていない人は、少額からはじめることをおすすめします。

メタバース関連のおすすめ仮想通貨銘柄一覧まとめ

メタバースまとめ

この記事では、「メタバース関連のおすすめ仮想通貨銘柄や取引所、選ぶときのポイントから買い方」を紹介しました。

メタバースは非常に勢いのある分野なので、気になっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、メタバース関連のプロジェクトはまだまだ発展途上で、価格も上がりきっていません。

今のうちに購入していれば、将来的に大きなリターンに期待できるでしょう

また、メタバースのゲームをプレイするには、仮想通貨が必要になります。

メタバース関連の仮想通貨を購入したり、プレイするなら「バイナンス」がおすすめです。

プレイするだけなら初期費用もかからないので、ぜひ利用してみてください。