犬コイン関連のおすすめ仮想通貨銘柄一覧!取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 犬コイン関連のおすすめ仮想通貨銘柄や取引所を知りたい
  • 犬コイン関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性が知りたい
  • 犬コイン関連の仮想通貨銘柄の選び方や注意点が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「犬コイン関連のおすすめ仮想通貨銘柄や取引所、選ぶときのポイントから買い方」まで伝えしていきます。

2022年おすすめの仮想通貨取引所はこれだ!

取引所名特徴公式サイト
Bybit(バイビット)
バイビット
  • 最大100倍のレバレッジで資金効率の良い取り引きが可能
  • YouTuberのヒカルさんや青汁王子さん、与沢さんのコラボ動画で話題
  • キャンペーンが随時開催!登録や入金・取引で仮想通貨をもらえるチャンスが豊富
バイビット公式
Binance(バイナンス)
バイナンス
  • 取引高世界一の仮想通貨取引所
  • 独自のトークンBNBで低い手数料の取引が魅力
  • 取り扱い通貨数も多く、草コインを探すなら◎
バイナンス公式
Coincheck(コインチェック)
コインチェック
  • 国内の暗号資産取引アプリDL数 3年連続No.1
  • ビットコインやイーサリアムをまず買うならここ
  • 東証一部マネックスグループ運営で安心
コインチェック公式

そもそも犬コインとは

犬コイン とは

犬コインとは、その名の通り「犬」をモチーフとした仮想通貨のことです

ドージコインをはじめとした犬コインのほとんどがミーム通貨で、ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな仮想通貨よりも安く購入できる特徴があります。

また、価格が安いこともあり、値動きが非常に激しい傾向にあるため、短期間で大きく稼げる可能性を秘めています

もちろん、大きな利益に期待できる反面、大きく損失してしまう可能性もあるので、注意が必要です。

犬コイン関連仮想通貨銘柄の特徴/将来性

犬コイン 特徴

それでは次に、犬コイン関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性について紹介していきます。

犬コイン関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性は、以下の3つです。

  • 価格が安い
  • 種類が多い
  • 値動きが激しい

それぞれ詳しく紹介していきます。

価格が安い

1つ目の犬コイン関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性は「価格が安い」です。

犬コインはアルトコインの中でも、特に価格が安い傾向にあります。

もっとも人気のある「ドージコイン」ですら15円程度(2022年1月現在)で、20円を超えることはありません。

また、その他の犬コインはほとんどが1円以下と、初心者でも手の出しやすい価格になっています

種類が多い

2つ目の犬コイン関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性は「種類が多い」です。

犬コインには10以上の種類が存在しており、今後も増えていく可能性もあります。

以下は、犬コインの一例です。

  • Shiba Inu(SHIB)
  • KISHU Inu(KISHU)
  • FLOKI Inu(FLOKI)
  • Dogecoin(DOGE)
  • Akita Inu(AKITA)
  • Saitama Inu(SAITAMA)
  • Hokkaido Inu(HOKK)
  • Afro Moon Dog(AMD)
  • Hachiko Inu(HACHIKO)

ミーム通貨の多い犬コインですが、銘柄ごとに特徴があり、開発目的も異なります。

値動きが激しいからこそ、将来性を考慮して購入を検討しましょう

値動きが激しい

3つ目の犬コイン関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性は「値動きが激しい」です。

犬コインは値動きの幅が非常に広く、価格は安定していません。

著名人のツイート1つで大きく価格が変動することも珍しくないため、大きく損をしてしまう可能性も十分にあります

しかし、値上がりしたときの利益はかなり大きいため、夢のある銘柄と言えるでしょう。

犬コイン関連のおすすめ仮想通貨銘柄一覧

犬コイン おすすめ銘柄

ここからは、犬コイン関連のおすすめ仮想通貨銘柄を紹介していきます。

犬コイン関連のおすすめ仮想通貨銘柄は、以下の6つです。

  • Shiba Inu(SHIB)
  • KISHU Inu(KISHU)
  • FLOKI Inu(FLOKI)
  • Dogecoin(DOGE)
  • Akita Inu(AKITA)
  • Saitama Inu(SAITAMA)

それぞれの特徴を詳しく紹介していきます。

Shiba Inu(SHIB)

Shiba Inu(SHIB)とは、ドージコインに対抗して開発された仮想通貨です

Shiba Inu(SHIB)の特徴

Shiba Inu(SHIB)には、以下のような特徴があります。

  • ドージコインのミーム通貨
  • 3つのトークンを発行
  • 分散型取引所「Shibaswap

Shiba Inu(SHIB)はドージコインのミーム通貨で「ドージコインキラー」を自称しています。

ドージコインの対となる存在として、世界中なら注目を集めており、リリースされたのは2020年8月と歴史は浅いですが、数ヶ月で価値が1,000倍以上になるなど、多くの反響を呼んでいます

また、メイン通貨の「SHIB」以外にも、「LEASH」「BONE」など、3つのトークンを発行しています。

2021年7月には分散型取引所「Shibasawap」をしました。

「Shibasawap」はバイナンスのブロックチェーン上に構築されており、基本的にはShiba Inu(SHIB)に関係している仮想通貨を取り扱っています。

仮想通貨名Shiba Inu
シンボルSHIB
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  Shibasawap > gate.io > BKEX
公式サイトhttps://shibatoken.com/

KISHU Inu(KISHU)

Kishu Inu(KISHU)とは、2021年4月に登場した、ドージコインのミーム通貨です

Kishu Inu(KISHU)の特徴

Kishu Inu(KISHU)には、以下のような特徴があります。

  • ドージコインのミーム通貨
  • コミュニティの力が強い
  • NFTマーケット「Kishu Crate」

Kishu Inu(KISHU)は、ドージコインのミーム通貨として開発されました。

また、Kishu Inu(KISHU)は「Shiba Inu(SHIB)」などと同じく、コミュニティトークンに分類されます

時価総額も登場から1ヶ月で20億ドルを達成するなど、多くの人から支持されていることがわかります。

独自のNFTマーケット「Kishu Crate」もリリースしており、NFT業界が発展していけばKishu Inu(KISHU)の価格も上がっていくでしょう。

仮想通貨名Kishu Inu
シンボルKISHU
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  Shibasawap > gate.io > BKEX
公式サイトhttps://kishu.com/

FLOKI Inu(FLOKI)

Floki Inu(FLOKI)とは、テスラやスペースXの創設者である「イーロン・マスク氏」が飼っているペット(柴犬)の名前「Floki」からインスパイアされたミーム通貨です

Floki Inu(FLOKI)の特徴

Floki Inu(FLOKI)には、以下のような特徴があります。

  • さまざまなNFTマーケットに使用されている
  • 20万人以上の保有者がいる
  • 保有しているだけで希少価値が上がる

Floki Inu(FLOKI)では、Curate(キュレート)やCryptoCart(クリプトカード)など、多くのNFTマーケットとパートナーシップを結んでいます

NFTゲームの開発にも力を入れており、さまざまなプラットフォームで利用することができます。

Floki Inu(FLOKI)を保有している人は20万人以上もいるため、詐欺コインである可能性もありません。

また、Floki Inuは定期的にバーンをおこなっているため、保有しているだけも希少価値が上がっていきます。

仮想通貨名Floki Inu
シンボルFLOKI
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  Shibasawap > gate.io > BKEX
公式サイトhttps://www.floki.com/

Dogecoin(DOGE)

Dogecoin(DOGE)とは、とは、ビットコインのパロディとして開発された仮想通貨で、機能はビットコインと酷似しています

Dogecoin(DOGE)の特徴

Dogecoin(DOGE)には、以下のような特徴があります。

  • 犬コインを代表する銘柄
  • ビットコインと同じ機能を搭載
  • 決済スピードが早い

Dogecoin(DOGE)は犬コインを代表する銘柄です。

「イーロン・マスク」もDogecoin(DOGE)を認知しているほどで、アルトコイン全体の中でも知名度は低くありません。

また、ビットコインのパロディとして開発された経緯があるので、決済スピードや発行上限以外は、ほぼ同じ機能を搭載しています

Dogecoin(DOGE)の決済スピードは他の通貨と比べて早く、ビットコインの約10倍の決済スピードです。

手数料も安いことから、寄付や少額での決済で多く活用されています。

仮想通貨名Dogecoin
シンボルDOGE
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  Shibasawap > gate.io > BKEX
公式サイトhttps://dogecoin.com/

Akita Inu(AKITA)

Akita Inu(AKITA)とは、日本の犬種「秋田犬」をモチーフにしたミーム通貨です

Akita Inu(AKITA)の特徴

Akita Inu(AKITA)には、以下のような特徴があります。

  • ドージコインに機能が酷似
  • イーサリアムベースの「ERC20トークン」
  • リリース直後から複数のプラットフォームに追加

Akita Inu(AKITA)は先ほど紹介したドージコインの弟分を名乗っており、デザインや機能は酷似しています。

イーサリアムをベースに開発されていることから「ERC20トークン」に分類されています。

また、リリース直後から「MXC」「HotBot」「Poloniex」など、合計で7つのプラットフォームに追加されました

時価総額はまだまだ高くはありませんが、将来的にドージコインに追いつく可能性もあるでしょう。

仮想通貨名Akita Inu
シンボルAKITA
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  Shibasawap > gate.io > BKEX
公式サイトhttps://www.akita.network/

Saitama Inu(SAITAMA)

Saitama Inu(SAITAMA)とは、2021年5月にリリースされた犬コインです

Saitama Inu(SAITAMA)の特徴

Saitama Inu(SAITAMA)には、以下のような特徴があります。

  • コミュニティが活発
  • すべての取引ごとに2%をバーン
  • 分散型ウォレット「Saitamask」をリリース

Saitama Inu(SAITAMA)のようなリリースから間もない犬コインは、リスクが高すぎて機関投資家が手を出すことはありません。

そのため、いかに個人投資家たちに買ってもらえるかが価格上昇の鍵となります。

大手仮想通貨取引所「バイナンス」への上場嘆願書では、2日間で15,000以上の署名が集まっていることから、コミュニティの勢いがわかります

Saitama Inu(SAITAMA)のバーンシステムは取引ごとに2%が消滅する仕組みになっており、すでに50%以上がバーンされました。

最近では分散型ウォレット「Saitamasku」をリリースしており、ガス代の安さから期待している人も少なくありません。

仮想通貨名Saitama Inu
シンボルSAITAMA
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  Shibasawap > gate.io > BKEX
公式サイトhttps://saitamatoken.com/

犬コイン関連の仮想通貨銘柄を購入できるおすすめの取引所は?

犬コイン 取引所

おすすめの取引所は、Bybit(バイビット)です。

Bybit(バイビット)とは、2018年3月にシンガポールで設立された仮想通貨取引所です。

世界130ヵ国にユーザーを持っており、デリバティブ仮想通貨取引所ランキングでは4位にランクインしています。

最近では、有名YouTuberのヒカルや与沢翼さんが取り上げたことでも大きな話題を呼びました。

本拠地はシンガポールですが、日本語にも対応しているため、国内の仮想通貨取引所のように利用することができます

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

Bybit(バイビット)の特徴や登録方法などについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 バイビット(Bybit)について知りたい バイビット(Bybit)の特徴や登録方法について知りたい バイビット(Bybit)の使い方について知りたい上記のように考えているかもしれ[…]

バイビットアイキャッチ

取り扱い通貨数125
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

犬コイン関連仮想通貨銘柄を選ぶ際のポイント

犬コイン 選び方

それでは次に、犬コイン関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントを解説していきます。

犬コイン関連の仮想通貨を購入するなら、以下3つのポイントには注意しておきましょう。

  • 詐欺コインの可能性もある
  • 余剰資金で購入する
  • 開発目的を理解しておく

それぞれ詳しく解説していきます。

詐欺コインの可能性もある

1つ目の犬コイン関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントは「詐欺コインの可能性もある」です。

数多くある犬コインですが、中にはまったく価値のない詐欺コインであるケースもあります

ある程度資金が集まったら運営が急に逃げて、資産を持ち逃げされることもあるため、知名度の低すぎる銘柄はリスクがあることを知っておきましょう。

この記事で紹介している犬コインが詐欺コインである可能性は極めて低いため、不安な人は以下6つの中から選んでみてください。

  • Shiba Inu(SHIB)
  • KISHU Inu(KISHU)
  • FLOKI Inu(FLOKI)
  • Dogecoin(DOGE)
  • Akita Inu(AKITA)
  • Saitama Inu(SAITAMA)

余剰資金で購入する

2つ目の犬コイン関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントは「余剰資金で購入する」です。

犬コインは急激な価格上昇のあとに、一気に価格が下がる特徴があります

大きく損をしてしまうことも考えられるため、余剰資金で購入しておきましょう。

安定している仮想通貨ではないため、失っても生活が困らない程度の金額でリスクを抑えておくことも重要です。

開発目的を理解しておく

3つ目の犬コイン関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントは「開発目的を理解しておく」です。

犬コインのほとんどがミーム通貨ではありますが、それぞれに開発目的があります。

時代に逆行しているような開発目的を掲げている場合は、あまり期待できないでしょう。

将来性のない銘柄を購入しても意味がないため、開発目的を正確に理解しておくことも重要なポイントです

犬コイン関連の仮想通貨銘柄の購入方法・買い方

犬コイン 買い方

犬コイン関連の仮想通貨の購入方法を解説していきます。

コインチェックで口座を開設する

シータ/THETAの購入方法1

犬コイン関連の仮想通貨を多く取り扱っている「Bybit(バイビット)」では、日本円の入金ができません。

そのため、国内の仮想通貨取引所から、イーサリアムを送金する必要があります

イーサリアムを取り扱っている国内の仮想通貨取引所であれば、どれでも問題ありませんが、強いこだわりがないのでれば「コインチェック」がおすすめです。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

コインチェックは取扱通貨数も非常に多いですし、ビットコインでの決済サービスや仮想通貨積み立てサービスなど、さまざまなサービスを展開しています

非常に使いやすいので、初心者の人はコインチェックにしておきましょう。

コインチェックに入金し、イーサリアム (ETH)を購入する

コインチェックのアカウント登録が完了したら、イーサリアムを購入しましょう。

イーサリアムを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「イーサリアム」をクリックする
  3. イーサリアムの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

基本的に仮想通貨取引は、1度確定してしまうとキャンセルすることはできません

購入前に「数量」と「金額」を確認しておきましょう。

コインチェックからBybit(バイビット)に、購入したイーサリアム (ETH)を送金する

バイビット出金1

仮想通貨の送金には「アドレス」が必要になります。

Bybit(バイビット)にログインして、トップページ右上「資産」をクリックしましょう。

「資産」をクリックすると、上のような画面が表示されます。

イーサリアムの欄から「入金」を選択することで、アドレスを発行できます。

アドレスが発行できたら、コインチェックにログインしてBybit(バイビット)へ送金しましょう。

このときに、アドレスが間違っていると、イーサリアムが消えてしまうため、慎重に操作してください

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

Bybit(バイビット)で犬コイン関連仮想通貨銘柄を購入する

犬コイン 買い方

これで、犬コイン関連の仮想通貨を購入する準備ができました。

Bybit(バイビット)にログインしたら、取引画面に進みます。

「価格」と「契約数」を入力して、購入を確定させましょう。

仮想通貨取引では、大切な資産が消えてしまう可能性があるため、慣れていない人は、少額からはじめることをおすすめします

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

犬コイン関連のおすすめ仮想通貨銘柄一覧まとめ

犬コイン まとめ

この記事では、「犬コイン関連のおすすめ仮想通貨銘柄や取引所、選ぶときのポイントから買い方」を紹介しました。

犬コインとは、その名の通り「犬」をモチーフとした仮想通貨のことです。

ドージコインをはじめとした犬コインのほとんどがミーム通貨で、ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな仮想通貨よりも安く購入できる特徴があります

価格が安いこともあり、値動きが非常に激しい傾向にあるため、短期間で大きく稼げる可能性を秘めています。

非常に夢のある仮想通貨ではありますが、大きく損をしてしまう可能性も高いため、余剰資金で購入しておきましょう。

また、犬コイン関連の仮想通貨を購入するなら「Bybit(バイビット)」がおすすめです。

登録や口座開設はすべて無料で、日本語にも完全に対応しています。