DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄一覧!取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄や取引所を知りたい
  • DeFi関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性が知りたい
  • DeFi関連の仮想通貨銘柄の選び方や注意点が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄や取引所、選ぶときのポイントから買い方」まで伝えしていきます。

2022年おすすめの仮想通貨取引所はこれだ!

取引所名特徴公式サイト
Bybit(バイビット)
バイビット
  • 最大100倍のレバレッジで資金効率の良い取り引きが可能
  • YouTuberのヒカルさんや青汁王子さん、与沢さんのコラボ動画で話題
  • キャンペーンが随時開催!登録や入金・取引で仮想通貨をもらえるチャンスが豊富
バイビット公式
Binance(バイナンス)
バイナンス
  • 取引高世界一の仮想通貨取引所
  • 独自のトークンBNBで低い手数料の取引が魅力
  • 取り扱い通貨数も多く、草コインを探すなら◎
バイナンス公式
Coincheck(コインチェック)
コインチェック
  • 国内の暗号資産取引アプリDL数 3年連続No.1
  • ビットコインやイーサリアムをまず買うならここ
  • 東証一部マネックスグループ運営で安心
コインチェック公式

そもそもDeFiとは

DeFiとは

DeFiとは「Decentralized Finance」の略称で、日本では「分散型金融」と呼ばれています。

簡単に説明すると、ブロックチェーン上に構築された金融サービスの1つです

これまでの金融サービスでは、銀行や証券会社、証券取引所など、仲介役となる存在が必ず必要でした。

そのため、ユーザーは仲介役となる企業に対して、手数料を支払うことが当たり前になっています。

しかし、DeFiは特定の企業や組織が管理しているわけではなく、ブロックチェーンを用いてユーザー同士が管理する仕組みです

「送金時間の短縮」と「コストの削減」この2つがDeFi最大のメリットでしょう。

また、特定の企業や組織が管理していないため、本人確認などの審査も必要ありません。

地域や戸籍に関係なく利用できることも、世界中の人から期待されている理由の1つです。

DeFi関連仮想通貨銘柄の特徴/将来性

DeFi特徴

それでは次に、DAO関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性について紹介していきます。

DeFi関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性は、以下の3つです。

  • 仲介役が不要
  • 世界中の人が利用できる
  • 手数料が安い

それぞれ詳しく紹介していきます。

仲介役が不要

1つ目のDeFiの特徴は「仲介役が不要」です。

DeFiではユーザー同士がブロックチェーンを用いて、直接やり取りするため、金融機関による仲介がありません。

金融機関を通した取引では、どうしてもタイムラグが発生してしまいます。

特に海外への送金には時間がかかる上に、高額の手数料も発生するでしょう。

しかし、DeFiでは承認作業をユーザー同士でおこなうなため、送金時間を大幅に短縮できます

世界中の人が利用できる

2つ目のDeFiの特徴は「世界中の人が利用できる」です。

日本から海外の金融商品を購入するときは、

  • その国の口座を開設
  • 日本円を送金
  • その国の通貨に交換
  • 商品を購入

上記のように、非常に手間がかかります。

しかし、DeFiなら仮想通貨を保管できるウォレットさえ持っていれば、国に関係なくサービスを利用できます

手数料が安い

3つ目のDeFiの特徴は「手数料が安い」です。

DeFiには管理者が存在していないので、そもそも仲介手数料が発生しません

DeFiはイーサリアムのブロックチェーンを使用しているため、ガス代は発生しますが、無駄なコストを削減できるのは大きな魅力でしょう。

また、仲介手数料が発生しないため、DeFiで資産を貸す場合は金利が高くなる可能性もあります。

DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄一覧

DeFiおすすめ銘柄

ここからは、DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄を紹介していきます。

DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄は、以下の6つです。

  • イーサリアム(ETH)
  • BitDAO(BIT)
  • MAker(MKR)
  • Chainlink(LINK)
  • PancakeSwap(CAKE)
  • Uniswap(UNI)
  • Fantom(FTM)

それぞれの特徴を詳しく紹介していきます。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムとは、DeFiのベースとなっている仮想通貨で、DeFi関連の中ではもっとも人気のある銘柄です

イーサリアム(ETH)の特徴

イーサリアム(ETH)には、以下のような特徴があります。

  • 時価総額ランキング2位
  • 発行上限がない
  • 幅広いジャンルで利用されている

イーサリアム(ETH)の時価総額ランキングは2位、つまりアルトコインの中では不動の1位です。

また、ビットコインなどと違って、発行上限がないこともイーサリアム(ETH)の大きな特徴でしょう

利用されているジャンルはDeFiだけでなく、ゲームや金融など、多岐にわたります。

仮想通貨名イーサリアム
シンボルETH
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://www.ethereum.org/

BitDAO(BIT)

BitDAOとは、シンガポールの大手仮想通貨取引所「Bybit(バイビット)」が主導で設立したDAOです

世界に数多くある仮想通貨取引所の中でも、トップクラスのユーザー数を誇る「Bybit(バイビット)」が全面的に支援したこともあり、2億3千万円以上の資金を集めることに成功しています。

BitDAO (BIT)の特徴

BitDAO (BIT)には、以下のような特徴があります。

  • 世界的な企業や著名人が出資している
  • DeFi市場のインフラ構築が目的
  • 2021年9月より現物取引が開始

BitDAO (BIT)は、PayPal創業者「ピーター・ティール氏」をはじめとした、世界的な企業や著名人から出資を受けています。

また、既存の金融サービスよりも高いリターンに期待できるため、資産運用を目的としている投資家たちからも人気です。

BitDAO (BIT)では、DeFiの中で特に有望なプロジェクトに積極的な投資をおこない、市場全体のインフラ構築を目標に掲げています

将来的には対極の存在である、CeFiとの架け橋のような存在になることにも期待されています。

BitDAO (BIT)が現物取引で取り扱われるようになったのは、2021年9月からで、累計100億枚の発行が予定されています。

仮想通貨名BitDAO
シンボルBIT
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://www.bitdao.io/

MAker(MKR)

MAker(MKR)とは、先ほど紹介した「イーサリアム(ETH)」をベースに開発された仮想通貨です

MAker(MKR)の特徴

MAker(MKR)には、以下のような特徴があります。

  • ステーブルコイン「DAI」をサポート
  • 時価総額ランキング25位
  • 「DAI」の対となる存在

MAker(MKR)はステーブルコインの「DAI」の価格を安定させるために開発されました

支払いに仮想通貨を利用するためには、価格の安定性が欠かせません。

そのため、DAIの対となる存在のMAker(MKR)には、目標価格付近で安定する独自のシステムが採用されています。

時価総額ランキングは25位と、世界的に見ても人気があるため、将来的にステーブルコインとして覇権を握る可能性も十分に考えられます。

仮想通貨名MAker
シンボルMKR
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://makerdao.com/

Chainlink(LINK)

Chainlink(LINK)とは、ブロックチェーンと外部システムを円滑に接続するためのプラットフォームです

また、Chainlinkが発行している独自トークンが「LINK」と呼ばれています。

Chainlink(LINK)の特徴

Chainlink(LINK)には、以下のような特徴があります。

  • ブロックチェーンと外部システムの「つなぎ役」
  • SWIFTと連携
  • 異なるブロックチェーンをつなげる

Chainlink(LINK)を利用することで、ブロックチェーンに外部システムのデータを、安全に取り込むことができるようなりました

また、その反対にブロックチェーンの技術を外部システムに利用することも可能です。

2016年には「SWIFT(国際銀行間通信協会)」とも連携しており、国際送金での活躍にも期待されています。

仮想通貨名Chainlink
シンボルLINK
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://chain.link/

PancakeSwap(CAKE)

PancakeSwap(CAKE)とは、バイナンス・スマートチェーン上に構築された分散型の仮想通貨取引所(DEX)の1つです

また、PancakeSwapが発行している独自トークンが「CAKE」と呼ばれています。

PancakeSwap(CAKE)の特徴

PancakeSwap(CAKE)には、以下のような特徴があります。

  • 手数料が安い
  • ハッキングに強い
  • ステーキングができる

PancakeSwap(CAKE)は、他の分散型取引所よりも手数料が低く設定されています。

分散型の仮想通貨取引所は手数料が高くなる傾向にあるため、PancakeSwap(CAKE)ならではの特徴と言えるでしょう。

また、パスワードの管理やサーバ運用など、取り引きに必要な機能や情報を分散して管理しているため、ハッキングには非常に強い耐性を有しています

ステーキングできる仮想通貨も100種類以上で、長期的な資産運用を目的として利用している人も少なくありません。

仮想通貨名PancakeSwap
シンボルCAKE
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://pancakeswap.finance/

Uniswap(UNI)

Uniswap (UNI)とは、特定の組織や人が管理していない、分散型の仮想通貨取引所(DEX)の1つです

また、Uniswapが発行している独自トークンが「UNI」と呼ばれています。

Uniswap (UNI)の特徴

Uniswap (UNI)には、以下のような特徴があります。

  • 値動きが激しい
  • 非営利目的で手数料が安い
  • マイナーな通貨も上場している

Uniswap (UNI)は値動きが非常に激しい特徴があるため、短期的な投資目的で利用されることが多い傾向にあります。

また、Uniswap (UNI)は非営利団体であるため、手数料もほとんど発生しません

イーサリアムのスマートコントスマートコントラクトを使用しているため、無駄なコストを抑えてスピーディーな取引が可能です。

上場する仮想通貨はユーザーによって決定するため、他の取引所では取り扱っていないマイナーな仮想通貨でも簡単に購入できます。

仮想通貨名Uniswap
シンボルUNI
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://uniswap.org/blog/uni/

Fantom(FTM)

Fantom(FTM)とは、イーサリアムの問題を解決するために開発された仮想通貨です

Fantom(FTM)の特徴

Fantom(FTM)には、以下のような特徴があります。

  • 「イーサリアムキラー」とも呼ばれている
  • さまざまなプロジェクトと提携している
  • 「DAG」で取引データを処理している

イーサリアム(ETH)は非常に多くのジャンルで活用されていますが、決済スピードの遅さや手数料の高さなど、重大な問題も抱えています。

そのためFantom(FTM)は、イーサリアム(ETH)の代替手段として開発されているため、高速の処理速度が大きな特徴です

また、手数料も安く、先ほど紹介した「Chainlink(LINK)」とも提携しています。

「DAG(Directed Acyclic Graph)」を使って取引データを処理していることも大きな特徴でしょう。

DAGではブロックチェーンのように取引データをブロックに格納する必要がないため、送金時間を大幅に短縮してくれます。

仮想通貨名Fantom
シンボルFTM
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://fantom.foundation/

DeFi関連の仮想通貨銘柄を購入できるおすすめの取引所は?

DeFi取引所

おすすめの取引所は、Bybit(バイビット)です。

Bybit(バイビット)とは、2018年3月にシンガポールで設立された仮想通貨取引所です。

世界130ヵ国にユーザーを持っており、デリバティブ仮想通貨取引所ランキングでは4位にランクインしています。

最近では、有名YouTuberのヒカルや与沢翼さんが取り上げたことでも大きな話題を呼びました。

本拠地はシンガポールですが、日本語にも対応しているため、国内の仮想通貨取引所のように利用することができます

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

Bybit(バイビット)の特徴や登録方法などについては、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 バイビット(Bybit)について知りたい バイビット(Bybit)の特徴や登録方法について知りたい バイビット(Bybit)の使い方について知りたい上記のように考えているかもしれ[…]

バイビットアイキャッチ

取り扱い通貨数125
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

DeFi関連仮想通貨銘柄を選ぶ際のポイント

DeFiポイント

それでは次に、DeFi関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントを解説していきます。

DeFi関連の仮想通貨を購入するなら、以下3つのポイントには注意しておきましょう。

  • 開発目的を理解しておく
  • 信頼できる通貨を選ぶ
  • 価格の安定した銘柄を選ぶ

それぞれ詳しく解説していきます。

開発目的を理解しておく

1つ目のDeFI関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントは「開発目的を理解しておく」です。

仮想通貨で利益を獲得するためには、購入してから価格の上がりそうな将来性のある銘柄を選ぶ必要があります。

将来性があるかどうかを見極める重要なポイントが「開発目的」です

どんな問題を解決するために生み出されたのかを理解していなければ、安定して稼ぐことは難しいでしょう。

信頼できる通貨を選ぶ

2つ目のDeFI関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントは「信頼できる通貨を選ぶ」です。

最近では、6,000種類以上の仮想通貨が存在しています。

数多くある仮想通貨ですが、中には「詐欺コイン」と呼ばれる、まったく価値のない銘柄もあります

上場してから間もない銘柄や、知名度の低い銘柄などは、一攫千金を狙えますが、リスクも高くなるでしょう。

価格の安定した銘柄を選ぶ

3つ目のDeFI関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントは「価格の安定した銘柄を選ぶ」です。

仮想通貨の中には値動きが非常に激しく、数時間で大きな利益を獲得できる銘柄もあります。

しかし、それはあくまでも一例で、実際に短期間で大きく稼げる人はかなり少数派でしょう

値動きの激しい仮想通貨取引はギャンブル性が強く、特に初心者にはおすすめできません。

ステーブルコインをはじめとした、価格の安定した銘柄からはじめた方がいいでしょう。

DeFi関連の仮想通貨銘柄の購入方法・買い方

DeFi買い方

DeFi関連の仮想通貨の購入方法を解説していきます。

コインチェックで口座を開設する

トロン/TRXの口座開設

DeFi関連の仮想通貨を多く取り扱っている「Bybit(バイビット)」では、日本円の入金ができません。

そのため、国内の仮想通貨取引所から、イーサリアムを送金する必要があります

イーサリアムを取り扱っている国内の仮想通貨取引所であれば、どれでも問題ありませんが、強いこだわりがないのでれば「コインチェック」がおすすめです。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

また、ビットコインでの支払いや仮想通貨積み立て投資など、さまざまなサービスを提供しています

非常に使いやすいため、仮想通貨取引に慣れていない人はコインチェックにしておきましょう。

コインチェックに入金し、イーサリアム (ETH)を購入する

コインチェックのアカウント登録が完了したら、イーサリアムを購入しましょう。

イーサリアムを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「イーサリアム」をクリックする
  3. イーサリアムの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

基本的に仮想通貨取引は、1度確定してしまうとキャンセルすることはできません

購入前に「数量」と「金額」を確認しておきましょう。

コインチェックからBybit(バイビット)に、購入したイーサリアム (ETH)を送金する

バイビット出金1

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要になります

Bybit(バイビット)にログインして、トップページ右上「資産」をクリックしましょう。

「資産」をクリックすると、上のような画面が表示されます。

イーサリアムの欄から「入金」を選択することで、アドレスを発行できます。

コインチェックにログインして、アドレスを入力してBybit(バイビット)に送金しましょう。

このときにアドレスが間違っていると、資産が消滅してしまいます

はじめて送金をおこなうときは、小額から試してみてください。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

Bybit(バイビット)でDeFi関連仮想通貨銘柄を購入する

DeFi 買い方

Bybit(バイビット)に送金が完了したら、取引画面に進みましょう。

画面右側の「注文価格」と「数量」を入力して「UNIを買う」をクリックしましょう。

これでDeFi関連の仮想通貨を購入することができました。

仮想通貨取引では、大切な資産が消えてしまう可能性があるため、慣れていない人は、少額からはじめることをおすすめします

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄一覧まとめ

DeFiまとめ

この記事では、「DeFi関連のおすすめ仮想通貨銘柄や取引所、選ぶときのポイントから買い方」を紹介しました。

DeFiとは「Decentralized Finance」の略称で、日本では「分散型金融」と呼ばれています。

DeFiは特定の企業や組織が管理しているわけではなく、ブロックチェーンを用いてユーザー同士が管理する仕組みです。

送金時間の短縮」と「コストの削減」この2つがDeFi最大のメリットでしょう。

また、管理している人がいないため、本人確認や審査などもなく、国や地域に関係なく誰でも利用することができます。

DeFi関連の仮想通貨を購入するなら「Bybit(バイビット)」がおすすめです。

登録や口座開設はすべて無料で、日本語にも完全に対応しています。