DAO関連のおすすめ仮想通貨銘柄一覧!取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • DAO関連のおすすめ仮想通貨銘柄や取引所を知りたい
  • DAO関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性が知りたい
  • DAO関連の仮想通貨銘柄の選び方や注意点が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「DAO関連のおすすめ仮想通貨銘柄や取引所、選ぶときのポイントから買い方」まで伝えしていきます。

2022年おすすめの仮想通貨取引所はこれだ!

取引所名特徴公式サイト
Bybit(バイビット)
バイビット
  • 最大100倍のレバレッジで資金効率の良い取り引きが可能
  • YouTuberのヒカルさんや青汁王子さん、与沢さんのコラボ動画で話題
  • キャンペーンが随時開催!登録や入金・取引で仮想通貨をもらえるチャンスが豊富
バイビット公式
Binance(バイナンス)
バイナンス
  • 取引高世界一の仮想通貨取引所
  • 独自のトークンBNBで低い手数料の取引が魅力
  • 取り扱い通貨数も多く、草コインを探すなら◎
バイナンス公式
Coincheck(コインチェック)
コインチェック
  • 日本で初心者におすすめNo.1の仮想通貨取引所
  • ビットコインやイーサリアムをまず買うならここ
  • 東証一部マネックスグループ運営で安心
コインチェック公式

そもそもDAOとは

DAOとは

そもそも「DAO」とは、Decentralized Autonomous Organizationの略称で、日本語では「分散型自律組織」と呼ばれています

DAOでは、特定の人や組織が管理しておらず、不特定多数のユーザーによって自律的に運営されることが特徴です。

組織の方向性や運営方針などの意思決定が分散化しているため、中央集権型のような管理者を必要としていません。

組織内の一部の上層部による急なルール改訂や、取り引きデータの改ざんなどができないため、透明性の高い運営に期待できます

また、DAOはイーサリアムのスマートコントラクトを使用することがルールとされているため、プログラムコードもオープンソースで管理されていることがほとんどです。

DAO関連仮想通貨銘柄の特徴/将来性

DAO特徴

それでは次に、DAO関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性について紹介していきます。

DAO関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性は、以下の3つです。

  • 無駄なコストを排除できる
  • 運営の透明性が高い
  • 誰でも参加できる

それぞれ詳しく紹介していきます。

無駄なコストを排除できる

1つ目のDAO関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性は「無駄なコストを排除できる」です。

DAO最大の特徴は、組織から特定の管理者を排除して、取引に関する無駄なコストや処理を最小限に抑えることです。

組織の運営方針を利害関係の一致しているユーザーに任せることになるので、すべての投資家たちがDAOに参加することになります。

スピーディーかつ低コストな組織体制になるため、ユーザー側のメリットは大きいでしょう

運営の透明性が高い

2つ目のDAO関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性は「運営の透明性が高い」です。

DAOは、常に第三者から監視されているため、透明性が高く、一部の人にしかメリットのないルールや制度が作られることはありません

もちろん、すべての取引がブロックチェーン上に記録されているため、不正があればすぐにわかります。

ユーザーは自由に提案をおこない、多数決や投票によって提案の可否を決定します。

DAOでは、全員に責任が分散化しているため、自律的な組織に成長していくでしょう。

誰でも参加できる

3つ目のDAO関連の仮想通貨銘柄の特徴や将来性は「誰でも参加できる」です。

DAO関連の仮想通貨を保有している人であれば、誰でも参加することができます。

DAOは自由度が高く、簡単に購入できるだけでなく、設立までのハードルも高くありません。

そのため、フリーランスとして活動している人が資金調達のためにDAOを設立したり、慈善団体が寄付を集めるためにDAOを設立することもあります

誰でも参加できて、誰でも設立できる「自由度の高さ」は、従来の組織との大きな違いです。

DAO関連のおすすめ仮想通貨銘柄一覧

DAOおすすめ

ここからは、メタバース関連のおすすめ仮想通貨銘柄を紹介していきます。

メタバース関連のおすすめ仮想通貨銘柄は、以下の6つです。

  • BitDAO (BIT)
  • Uniswap (UNI)
  • Dash (DASH)
  • SushiSwap (SUSHI)
  • Cream Finance (CREAM)
  • Curve DAO Token (CRV)

それぞれの特徴を詳しく紹介していきます。

BitDAO (BIT)

BitDAO (BIT)とは、シンガポールの大手仮想通貨取引所「Bybit(バイビット)」が主導で設立したDAOです

世界に数多くある仮想通貨取引所の中でも、トップクラスのユーザー数を誇る「Bybit(バイビット)」が全面的に支援したこともあり、2億3千万円以上の資金を集めることに成功しています。

BitDAO (BIT)の特徴

BitDAO (BIT)には、以下のような特徴があります。

  • 世界的な企業や著名人が出資している
  • DeFi市場のインフラ構築が目的
  • 2021年9月より現物取引が開始

BitDAO (BIT)は、PayPal創業者「ピーター・ティール氏」をはじめとした、世界的な企業や著名人から出資を受けています。

また、既存の金融サービスよりも高いリターンに期待できるため、資産運用を目的としている投資家たちからも人気です。

BitDAO (BIT)では、DeFiの中で特に有望なプロジェクトに積極的な投資をおこない、市場全体のインフラ構築を目標に掲げています

将来的には対極の存在である、CeFiとの架け橋のような存在になることにも期待されています。

BitDAO (BIT)が現物取引で取り扱われるようになったのは、2021年9月からで、累計100億枚の発行が予定されています。

仮想通貨名BitDAO
シンボルBIT
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://www.bitdao.io/

Uniswap (UNI)

Uniswap (UNI)とは、特定の組織や人が管理していない、分散型の仮想通貨取引所です

値動きが非常に激しい特徴があるため、短期的な投資目的で利用されることが多い傾向にあります。

Uniswap (UNI)の特徴

Uniswap (UNI)には、以下のような特徴があります。

  • 非営利目的で手数料が安い
  • 値動きが激しい
  • マイナーな通貨も上場できる

Uniswap (UNI)は非営利団体であるため、手数料もほとんど発生しません。

また、イーサリアムのスマートコントスマートコントラクトを使用しているため、スピードも早く、低コストの取引が可能です。

2021年2月の価格は1,800円程度でしたが、そこから約1ヶ月で急激に高騰して、3,400円まで値上がりしました

DeFi・DEX関連の仮想通貨取引への関心が高まったことが理由とされており、時価総額も1,000億ドルを突破したことで大きな話題となりました。

Uniswap (UNI)では、仮想通貨の上場審査がありません。

上場する仮想通貨はユーザーによって決定するため、他の取引所では取り扱っていないマイナーな仮想通貨でも簡単に購入できます。

仮想通貨名Uniswap
シンボルUNI
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://uniswap.org/blog/uni/

Dash (DASH)

Dash (DASH)とは、2015年3月から発行されている匿名性の高い仮想通貨です

もともとは「XCoin」として2013年に発行されて、2014年からは「Dark Coin」に、2015年には「Dash (DASH)」に、名称を変更しています。

Dash (DASH)の特徴

Dash (DASH)には、以下のような特徴があります。

決済スピードが速い

強固なセキュリティ

取引の確実性が高い

Dash (DASH)最大の特徴は、決済スピードの速さでしょう。

ビットコインやイーサリアムなどのメジャーな仮想通貨は速くても10分程度は必要になりますが、Dash (DASH)の決済スピードは約4秒です

Dash (DASH)の登場で、仮想通貨では実現が困難とされていた決済サービスでの利用も実現可能となりました。

また、Dash (DASH)ではプライベートセンドと呼ばれる技術が使われており、送金の情報が外部からシャットアウトされています。

セキュリティ面を向上させるためにハッシュ関数を組み合わせた技術も導入しているため、脆弱性をついた悪意ある攻撃には非常に強い特徴があります。

仮想通貨名Dash
シンボルDASH
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://www.dash.org/

SushiSwap (SUSHI)

SushiSwap (SUSHI)とは、イーサリアムのブロックチェーン上に構築された分散型の仮想通貨取引所です

先ほど紹介した「Uniswap (UNI)」から派生して誕生した経緯があり、仕組みやサービスは非常に似ています。

SushiSwap (SUSHI)の特徴

SushiSwap (SUSHI)には、以下のような特徴があります。

  • Uniswap (UNI)から派生した分散型取引所
  • 独自トークン「SUSHI」
  • さまざまなサービスを提供している

SushiSwap (SUSHI)は、Uniswap (UNI)が公開しているオープンソースを利用して2020年8月に設立されました。

仕組みやサービスは似ているものの、最近ではオリジナルのサービスも展開するようになりました。

また、流動性を供給すると、独自トークン「SUSHI」を獲得できます。

「SUSHI」は時価総額ランキングで50位台にランクインしているため、需要は低くないでしょう

Uniswap (UNI)との差別化を図るために、ステーキングやレンディングサービスなど、さまざまなサービスも提供しています。

仮想通貨名SushiSwap
シンボルSUSHI
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://sushi.com/

Cream Finance (CREAM)

Cream Finance (CREAM)とは、2020年8月から「Jeffrey Huang 氏」が提供している仮想通貨です

DeFiでレンディングサービスを提供するプロジェクトで、Cream Finance (CREAM)に仮想通貨を預けて金利を獲得したり、投資するための資金を借りることができます。

Cream Finance (CREAM)の特徴

Cream Finance (CREAM)には、以下のような特徴があります。

  • 対応通貨が豊富
  • バイナンススマートチェーンを利用している
  • 分散型のレンディングサービス

Cream Finance (CREAM)のレンディングサービスに対応している仮想通貨は非常に多く、USDTやUSDCなどのステーブルコインにも対応しています。

また、バイナンススマートチェーンを利用しているため、手数料も安価に設定されています

銀行のように特定の組織や人が管理しているサービスではないため、仲介役が存在せず、ユーザー同士で直接やり取りすることが可能で、仮想通貨を借りたい人は、担保の60%までを借りることができます。

仮想通貨名Cream Finance
シンボルCREAM
取引可能な主な取引所優先度 バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://app.cream.finance/

Curve DAO Token (CRV)

Curve DAO Token (CRV)とは、イーサリアムのブロックチェーン上に構築された分散型の仮想通貨取引所です

2020年1月に設立されてから順調に取引量を伸ばしており、2020年8月には独自トークン「CRV」の発行を開始しました。

Curve DAO Token (CRV)の特徴

Curve DAO Token (CRV)には、以下のような特徴があります。

  • ステーブルコインに特化している
  • 急激な値動きが少ない
  • イーサリアム以外の仮想通貨も取引できる

Curve DAO Token (CRV)は、USDTやUSDCなどのステーブルコインに特化している仮想通貨取引所です。

そのため、手数料が非常に安く、効率的にステーブルコインの取引がおこなえます

また、ステーブルコインをメインに取り扱っていることから、急激な値動きが起こりづらい特徴があります。

大きな利益には期待できませんが、堅実な資産運用を目指している人にはぴったりでしょう。

イーサリアムのブロックチェーン上に構築されていますが、イーサリアム系統以外の仮想通貨も直接交換できるため、取引の手間やコストも抑えることができます。

仮想通貨名Curve DAO Token
シンボルCRV
取引可能な主な取引所優先度 バイビット > バイナンス >  gate.io > BKEX
公式サイトhttps://curve.fi/

DAO関連の仮想通貨銘柄を購入できるおすすめの取引所は?

DAO取引所

おすすめの取引所は、Bybit(バイビット)です。

Bybit(バイビット)とは、2018年3月にシンガポールで設立された仮想通貨取引所です。

世界130ヵ国にユーザーを持っており、デリバティブ仮想通貨取引所ランキングでは4位にランクインしています。

最近では、有名YouTuberのヒカルや与沢翼さんが取り上げたことでも大きな話題を呼びました。

本拠地はシンガポールですが、日本語にも対応しているため、国内の仮想通貨取引所のように利用することができます

Bybit(バイビット)に関しては、以下の記事で詳しく紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

>>【期間限定】最大4,100ドルGETのチャンス!
高額NFTアイテムが当たるキャンペーンも!<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!

※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数125
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

DAO関連仮想通貨銘柄を選ぶ際のポイント

DAO選び方

それでは次に、DAO関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントを解説していきます。

DAO関連の仮想通貨を購入するなら、以下3つのポイントには注意しておきましょう。

  • 各DAO関連銘柄の特徴を押さえておく
  • 将来性があって価値が上がりそうな仮想通貨銘柄を選ぶ
  • 初心者のうちは、値動きが激しすぎない仮想通貨銘柄を選ぶ

それぞれ詳しく解説していきます。

各DAO関連銘柄の特徴を押さえておく

1つ目のDAO関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントは「各DAO関連銘柄の特徴を押さえておく」です。

仮想通貨にはプロジェクトごとに、さまざまな特徴があります。

どんな人が開発に携わっているのか、どんな分野が強みなのかなど、表面的な情報だけでなく、仮想通貨ごとに深掘りして特徴をリサーチしておきましょう

しかし、中にはまったく情報が出てこない仮想通貨もあります。

インターネット上に情報が少ないということは、保有している人もあまり多くはないでしょう。

このような仮想通貨は詐欺コインの可能性もあるので、仮想通貨取引に慣れていない人は、手を出さない方が無難です。

将来性があって価値が上がりしそうな仮想通貨銘柄を選ぶ

2つ目のDAO関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントは「将来性があって価値が上がりしそうな仮想通貨を選ぶ」です。

DAO関連に限った話ではありませんが、将来的に値上がりしそうな銘柄を選ぶのが仮想通貨取引の基本です。

先ほども紹介したように、銘柄ごとの特徴をリサーチして、将来性に期待できる仮想通貨を選びましょう。

しかし、短期間での値動きを予想するのは非常に困難なため、初心者には向いていません

まずは長期的に見て値上がりしそうな仮想通貨からはじめていきましょう。

初心者のうちは、値動きが激しすぎない仮想通貨銘柄を選ぶ

3つ目のDAO関連の仮想通貨を選ぶ際に押さえておくべきポイントは「初心者のうちは、値動きが激しすぎない仮想通貨銘柄を選ぶ」です。

値動きの激しい仮想通貨で一攫千金を狙う方法は、投資というよりもギャンブル的な要素が強くなります

もちろん、余剰資金で値動きの激しい仮想通貨を楽しむのは問題ありませんが、リターンには期待できません。

仮想通貨取引に慣れていないうちは、ステーブルコインなどの、値動きが激しすぎない銘柄を選ぶことをおすすめします。

DAO関連の仮想通貨銘柄の購入方法・買い方

DAO買い方

それでは最後に、DAO関連の仮想通貨の購入方法を解説していきます。

コインチェックで口座を開設する

シータ/THETAの購入方法1

DAO関連の仮想通貨を多く取り扱っている「Bybit(バイビット)」では、日本円の入金ができません。

そのため、国内の仮想通貨取引所から、イーサリアムを送金する必要があります

イーサリアムを取り扱っている国内の仮想通貨取引所であれば、どれでも問題ありませんが、強いこだわりがないのでれば「コインチェック」がおすすめです。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

コインチェックは取扱通貨数も非常に多いですし、ビットコインでの決済サービスや仮想通貨積み立てサービスなど、さまざまなサービスを展開しています

非常に使いやすいので、初心者の人はコインチェックにしておきましょう。

コインチェックに入金し、イーサリアム (ETH)を購入する

コインチェックのアカウント登録が完了したら、イーサリアムを購入しましょう。

イーサリアムを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「イーサリアム」をクリックする
  3. イーサリアムの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

基本的に仮想通貨取引は、1度確定してしまうとキャンセルすることはできません

購入前に「数量」と「金額」を確認しておきましょう。

コインチェックからBybit(バイビット)に、購入したイーサリアム (ETH)を送金する

DAO関連買い方1

仮想通貨の送金には「アドレス」が必要になります。

Bybit(バイビット)にログインして、トップページ右上「資産」をクリックしましょう。

「資産」をクリックすると、上のような画面が表示されます。

イーサリアムの欄から「入金」を選択することで、アドレスを発行できます。

アドレスが発行できたら、コインチェックにログインしてBybit(バイビット)へ送金しましょう。

このときに、アドレスが間違っていると、イーサリアムが消えてしまうため、慎重に操作してください

>>【期間限定】最大4,100ドルGETのチャンス!
高額NFTアイテムが当たるキャンペーンも!<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!

※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

Bybit(バイビット)でDAO関連仮想通貨銘柄を購入する

DAO関連買い方2

これで、DAO関連の仮想通貨を購入する準備ができました。

Bybit(バイビット)にログインしたら、取引画面に進みます。

「価格」と「契約数」を入力して、購入を確定させましょう。

仮想通貨取引では、大切な資産が消えてしまう可能性があるため、慣れていない人は、少額からはじめることをおすすめします

>>【期間限定】最大4,100ドルGETのチャンス!
高額NFTアイテムが当たるキャンペーンも!<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!

※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

DAO関連のおすすめ仮想通貨銘柄一覧まとめ

DAO関連まとめ

この記事では、「DAO関連のおすすめ仮想通貨銘柄や取引所、選ぶときのポイントから買い方」を紹介しました。

「DAO」とは、Decentralized Autonomous Organizationの略称で、日本語では「分散型自律組織」と呼ばれています。

DAOでは、特定の人や組織が管理しておらず、不特定多数のユーザーによって自律的に運営されることが特徴です。

ビットコインやイーサリアムほどメジャーではありませんが、日本での知名度も徐々に上がってきています

また、DAO関連の仮想通貨を購入するなら「Bybit(バイビット)」がおすすめです。

登録や口座開設はすべて無料で、日本語にも完全に対応しています。