メタマスク(MetaMask)とは?設定方法と入金・出金の使い方まとめ

この記事を読んでいるあなたは、

  • メタマスク(MetaMask)の使い方について知りたい
  • メタマスク(MetaMask)のメリット・デメリットについて知りたい
  • メタマスク(MetaMask)の特徴や仕組みについて知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「メタマスク(MetaMask)の特徴や使い方、初期設定の方法」をお伝えしていきます。

メタマスク(MetaMask)とは?

メタマスクとは

メタマスク(MetaMask)とは、Webブラウザの拡張機能やスマホアプリとして利用できる、仮想通貨専用のお財布のことです

イーサリアム(ETH)をはじめとした、イーサリアム系の通貨「ERCー20トークン」をまとめて管理することができます。

仮想通貨のウォレットには、以下5つの種類があります。

  • モバイルウォレット
  • デスクトップウォレット
  • ウェブウォレット
  • ハードウェアウォレット
  • ペーパーウォレット

この中でメタマスク(MetaMask)は、Webブラウザの拡張機能として利用する場合は「デスクトップウォレット」スマホアプリとして利用する場合は「モバイルウォレット」に分類されます。

また、メタマスク(MetaMask)では、イーサリアムのブロックチェーンを基に開発されたサービスと連携することも可能です

そのため、イーサリアムのブロックチェーンに連動しているサービスを利用するなら、必ず利用することになります。

メタマスク(MetaMask)のメリット

メタマスクメリット

それでは次に、メタマスク(MetaMask)のメリットについて紹介していきます。

メタマスク(MetaMask)を利用するメリットは、主に以下の4つです。

  • 複数の通貨をまとめて管理できる
  • ガス代を自由に設定できる
  • 操作方法が簡単
  • 誰でも無料で利用できる

それぞれ詳しく紹介していきます。

複数の通貨をまとめて管理できる

1つ目のメタマスク(MetaMask)を利用するメリットは「複数の通貨をまとめて管理できる」です。

メタマスク(MetaMask)では、1つのアカウントで複数のウォレットを開設できるので、イーサリアムやERCー20トークンをまとめて管理することができます

ほとんどのウォレットが、通貨ごとに違うアドレスを管理しなくてはいけないので、メタマスク(MetaMask)ならではのメリットと言えるでしょう。

また、操作方法も非常に簡単なので、アカウントの切り替えもしやすく、保有している通貨が多い人にもおすすめです。

ガス代を自由に設定できる

2つ目のメタマスク(MetaMask)を利用するメリットは「ガス代を自由に設定できる」です。

仮想通貨における「ガス代」とは、イーサリアム系のブロックチェーン上で発生する取引手数料のことを指します

もちろんメタマスク(MetaMask)でも、通貨の送受信時にはガス代を支払う必要があります。

イーサリアムのブロックチェーンは、1秒間に処理できるデータ量が決まっているので、ガズ代を多く支払った人から優先的に処理する仕組みです。

時間に余裕のあるときは、手数料を安く抑えるこができますが、急いで取り引きしたいときは、より多くの手数料が必要になります。

しかし、仮想通貨取引では、1分1秒を争って通貨を購入したいときも珍しくありません

追加料金を払って処理速度が上がると考えれば、メリットは大きいでしょう

操作方法が簡単

3つ目のメタマスク(MetaMask)を利用するメリットは「操作方法が簡単」です。

仮想通貨業界は、日々さまざまなサービスや機能が追加されています。

そのため、昨日まで常識とされていたことが、急に通じなくなることも少なくありません。

基本的に仮想通貨を取り扱うサービスは、保有通貨数の多い中上級者向けに開発されているので、初心者でも簡単に操作できるサービスは貴重でしょう

また、メタマスク(MetaMask)は日本語にも対応しており、操作性が非常に高いことで有名です。

また、利用者数が多いので、わからないことがあれば、すぐに調べて解決できることも大きな魅力でしょう

誰でも無料で利用できる

4つ目のメタマスク(MetaMask)を利用するメリットは「誰でも無料で利用できる」です。

「ハードウェアウォレット」に分類されるウォレットは、実態のある専用ツールを購入して、オフラインで通貨を管理します。

メタマスク(MetaMask)はデータ上で通貨を管理するので、専用ツールを購入する必要もありませんし、登録から利用まですべて無料です

ハードウェアウォレットは初期費用で1万円程度は必要なので、浮いたお金で仮想通貨を購入できるのは大きなメリットでしょう。

また、ハードウェアウォレットはハッキングに強い特徴がありますが、中古品はウイルスに感染している可能性があったり、紛失すると資産も消えてしまうなどのデメリットを抱えています。

メタマスク(MetaMask)のデメリット

メタマスクデメリット

それでは次に、メタマスク(MetaMask)のデメリットについて紹介していきます。

メタマスク(MetaMask)を利用するデメリットは、主に以下の2つです。

  • 対応しているブラウザが少ない
  • ハッキングのリスクがある

それぞれ詳しく紹介していきます。

対応しているブラウザが少ない

1つ目のメタマスク(MetaMask)を利用するデメリットは「対応しているWebブラウザが少ない」です。

2021年10月現在、メタマスク(MetaMask)に対応しているWebブラウザは、

  • Chrome
  • Firefox
  • Opera
  • Brave

上記、4つのみです。

普段から上記のWebブラウザを使っていない人は、メタマスク(MetaMask)を使用するときだけ、Webブラウザを切り替える必要があります

しかし、将来的に対応Webブラウザが増える可能性は、十分にあります。

Webブラウザに強いこだわりがある人は、待つしかないでしょう。

ハッキングのリスクがある

2つ目のメタマスク(MetaMask)を利用するデメリットは「ハッキングのリスクがある」です。

メタマスク(MetaMask)は、インターネットに接続してデータ上に通貨を管理しているので、ハッキングのリスクから逃れることはできません。

「仮想通貨なんだから多少のリスクは仕方ない」こう考えている人も少なくありませんが、急に資産がすべて消えてしまう可能性すらあります。

実際に、202012月にはメタマスク(MetaMask)がハッキングされてしまい、8億円相当の仮想通貨が盗まれる事件も起きています。

また、2021年4月には、DeFiプロジェクトのウォレットから80億円相当の仮想通貨が盗まれました

メタマスク(MetaMask)と他のサービスを連携させるときは、本当に信用できるサービスなのか徹底的に調べておいたほうがいいでしょう。

メタマスク(MetaMask)の使い方・設定方法

メタマスク使い方

ここからは、メタマスク(MetaMask)の使い方や初期設定の方法について紹介していきます。

メタマスク(MetaMask)は「Chrome」を使用Webブラウザに推奨しているので、使用している画像はすべてChromeによるものです。

FirefoxやOperaでおこなう場合は、多少異なる部分はありますが、大きな違いはないので、参考にしてみてください。

メタマスク(MetaMask)のインストール方法

メタマスクインストール1

まずは公式サイトにアクセスして、画面右上「ダウンロード」をクリックします。

Webブラウザの拡張機能として、メタマスク(MetaMask)をインストールするため、Chromeウェブストアに自動で移動します。

メタマスクインストール2

上のような画面が表示されるので、画面右上「Chromeに追加」をクリックしましょう。

以上で、メタマスク(MetaMask)のインストール方法は完了です。

メタマスク(MetaMask)の初期設定方法

メタマスク初期設定1

メタマスク(MetaMask)のインストールが完了すると、上のような画面が表示されるので「開始」をクリックします。

すると、下のような画面が表示されるので、画面右下「ウォレットの作成」を選択してください。

メタマスク初期設定2ここからは、アカウントを復活させるときに使用する「バックアップフレーズ」を保存していきます。

バックアップフレーズは、メタマスク(MetaMask)の拡張機能を削除したときや、別のPCからログインするときに、アカウントを復活させるために使用するので、必ず保存しておきましょう

また、バックアップフレーズは「パスフレーズ」とも呼ばれています。

メタマスク初期設定3

バックアップフレーズを保存したら「次へ」をクリックしてください。

すると、下のような画面が表示されます。

保存しておいたバックアップフレーズを、順番通りにクリックして並べていきましょう。

すべての単語を並べ終わったら「確認」をクリックしてください。

メタマスク初期設定4

メタマスク初期設定5

上のような画面が表示されるので「すべて完了」をクリックしてください。

以上で、初期設定は完了です。

メタマスク(MetaMask)の入金方法

メタマスク入金

メタマスク(MetaMask)の入金方法は、非常に簡単です。

ここでは、イーサリアムの入金方法を例として紹介していますが、基本的にどの通貨も同じ方法で入金できます。

まずは、メタマスク(MetaMask)にログインしましょう。

ログインすると画面中央に、アカウント名が表示されているボタンがあります。

アカウント名にカーソルを近づけると「クリップボードにコピー」が表示されるので、クリックしてください。

これでアドレスをコピーできたので、仮想通貨取引所からイーサリアムを送金すれば完了です。

メタマスク(MetaMask)に関するよくある質問

メタマスク質問

それでは最後に、メタマスク(MetaMask)に関するよくある質問を紹介していきます。

メタマスク(MetaMask)に関するよくある質問は、以下の3つです。

  • メタマスク(MetaMask)は絶対に必要?
  • 取引所のウォレットとどっちが安全?
  • メタマスク(MetaMask)でビットコインを管理できる?

それぞれ詳しく回答していきます。

メタマスク(MetaMask)は絶対に必要?

仮想通貨取引をおこなう上で「絶対に必要」というわけではありませんが、イーサリアムを保有するなら持っておいた方がいいでしょう

なぜなら、イーサリアムのブロックチェーン上で構築されている金融サービスやゲーム、NFTなどを利用するときにメタマスク(MetaMask)が必要になるからです。

また、あらゆるサービスのアカウント認証にも採用されています。

インストールから使用まで、すべてサービスが無料なので、仮想通貨を本格的にはじめるなら開設しておきましょう。

取引所のウォレットとどっちが安全?

一般的に、仮想通貨取引所よりもメタマスク(MetaMask)の方が、安全に資産管理できると言われています

それはメタマスク(MetaMask)が、プライベートキー(ウォレットのパスワード)の管理ををユーザー本人に任せているからです。

つまり、プライベートキーをオフラインで管理することで、ハッキングに強い仕組みになっています

しかし、実際にハッキングの被害に遭っている人もいるので、100%防げるわけではありません

知名度の低いサービスと連結しないなど、リスクを最小限に抑える努力は必要でしょう。

メタマスク(MetaMask)でビットコインを管理できる?

残念ながら、メタマスク(MetaMask)でビットコインを管理することはできません

メタマスク(MetaMask)で管理できるのは、イーサリアム(ETH)とイーサリアム系の通貨「ERCー20トークン」のみです。

しかし、イーサリアムは時価総額ランキング2位(2021年10月現在)と、超人気の仮想通貨なので、避けては通れないでしょう。

イーサリアム系の通貨を少しでも取り扱うなら入手すべきでしょう。

メタマスク(MetaMask)とは?まとめ

メタマスクまとめ

今回は、メタマスク(MetaMask)の特徴や使い方、初期設定の方法についてお伝えしました。

メタマスク(MetaMask)は、イーサリアム系の仮想通貨を管理するのに、非常に優秀なウォレットです

また、金融サービスやゲーム、NFTなど、さまざまなサーボスと連携できることも大きな魅力でしょう。

開設も無料で操作が簡単なので、はじめてウォレットを作る人にもおすすめです。