FTXが日本人の新規登録を停止!代わりの使える取引所は?

この記事を読んでいるあなたは、

  • FTXが日本人の新規登録を停止したって本当?
  • FTXは将来的に使えるようになる?
  • FTXの代わりになる仮想通貨取引所は?

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「FTXが日本人の新規登録を停止した理由と今後の動き、代わりに使える仮想通貨取引所」についてお伝えしていきます。

2022年おすすめの仮想通貨取引所はこれだ!

取引所名特徴公式サイト
Bybit(バイビット)
バイビット
  • 最大100倍のレバレッジで資金効率の良い取り引きが可能
  • YouTuberのヒカルさんや青汁王子さん、与沢さんのコラボ動画で話題
  • キャンペーンが随時開催!登録や入金・取引で仮想通貨をもらえるチャンスが豊富
バイビット公式
Binance(バイナンス)
バイナンス
  • 取引高世界一の仮想通貨取引所
  • 独自のトークンBNBで低い手数料の取引が魅力
  • 取り扱い通貨数も多く、草コインを探すなら◎
バイナンス公式
Coincheck(コインチェック)
コインチェック
  • 国内の暗号資産取引アプリDL数 3年連続No.1
  • ビットコインやイーサリアムをまず買うならここ
  • 東証一部マネックスグループ運営で安心
コインチェック公式

FTXが日本居住者向けの新規登録を停止

 FTX 登録停止

超大手仮想通貨取引所である「FTX」は、2021年9月から日本居住者向けの新規登録を一時的に停止することを発表しました

日本国内でもFTXの利用者は増えていたタイミングだったので、非常に大きな話題となっています。

実際に、FTXの公式サイトにアクセスして新規登録しようとすると、

「Registrations from Japan are not allowed(日本からの登録はできません)

と、表示されており、これ以上先に進むことはできなくなっています。

そもそも「FXT」とは?

FTXとは

そもそも「 FTX」とは、サム・バンクマン・フリード氏が創設した世界第3位の仮想通貨取引所です

主にデリバティブ取引を提供している海外の仮想通貨取引所で、日本居住者向けの新規登録禁止が発表される前は、日本人ユーザーも少なくありませんでした。

2021年8月の全体アクティブユーザー数は1日で1,000万人を超えており、出来高は1日当たり100億ドル以上です。

また、日本最大のFTXコミュニティとして人気のあった「DEG氏」が管理しているDiscordチャンネルには、1,000以上の人が登録しています。

FTXの主な特徴は、以下の3つです。

  • 取り扱い商品が豊富
  • 20倍のハイレバレッジをかけれる
  • ステーキングができる

日本の仮想通貨取引所では基本的に、「現物取引」と「レバレッジ取引」しか取り扱っていません。

しかし、 FTXでは、先物取引をはじめとしたデリバティブ取引など、さまざまな金融商品を取り扱っています

また、国内の仮想通貨取引所のレバレッジは、金融商品取引法の改正に基づき「2倍」までの制限が付いていますが、 FTXでは最大で「20倍」のレバレッジ取引が可能です。

FTXが独自に発行しているトークン「FNN」を長期保有していればステーキングも可能で、報酬や特典が用意されています。

将来的にFTXは使えるようになる?

FTX将来

国内の仮想通貨取引所よりもできることが多く、非常に魅力的な「FTX」。

将来的に日本人が使えるようになるのか、気になっている人も多いのではないでしょうか?

しかし、残念ながら日本人がFTXを使えるようになる可能性は、あまり高くありません

公式サイトにはRegistrations are prohibited from Japan.つまり、日本居住者の利用を制限することがはっきりと表記されています。

そのため、FTXは新規登録の停止だけでなく、既存の日本人ユーザーも利用できなくなると言われています

2021年11月には新規登録だけでなく、急にトレードもできなくなるトラブルが発生しており、 FTXに依存した仮想通貨取引は非常に危険です。

2022年2月現在は、問題なくトレードできていますが、すべての資産をFTXで管理している人はいないでしょう。

もし仮に日本居住者向けの新規登録が再開されたとしても、あまりおすすめはできません。

 FTXの代わりになる仮想通貨取引所3選

FTX代わり

ここからは、FTXの代わりになる仮想通貨取引所を紹介していきます。

海外の仮想通貨取引所選びに迷っている人は、以下の3つ取引所を検討してみてください。

  • Bybit(バイビット)
  • Binance(バイナンス)
  • gate.io(ゲートアイオー)

上記3つの仮想通貨取引所であれば、機能面でもFTXに劣っていないため、初心者から上級者まで幅広い人に対応しています。

それぞれ詳しく紹介していきます。

Bybit(バイビット)

バイビット公式サイト

1つ目のFTXの代わりになる仮想通貨取引所は「Bybit(バイビット)」です。

Bybit(バイビット)とは、2018年3月に設立された、シンガポールの仮想通貨取引所です

日本語にも対応しており、英語が苦手な人でも気軽に利用できる海外の仮想通貨取引所として、徐々にユーザー数を伸ばしています。

Bybit(バイビット)のおすすめポイントは、以下の3つです。

  • 最大100倍のレバレッジで資金効率の良い取り引きが可能
  • カスタマーセンターが日本人で安心
  • セキュリティ対策が万全

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

最大100倍のレバレッジで資金効率の良い取り引きが可能

Bybit(バイビット)では、最大100倍のレバレッジ取引が可能です

FTXの最大レバレッジ倍率は20倍なので、むしろBybit(バイビット)の方が優れています。

また、Bybit(バイビット)は追加証拠金がないので、急に損失がふくらんでしまっても、借金を背負う心配はありません

1〜100倍まで細かくレバレッジを調整できるため、自分の状況に合わせて利用しましょう。

カスタマーセンターが日本人で安心

Bybit(バイビット)では、公式サイトはもちろん、カスタマーセンターまで日本語に対応しています

公式サイトだけ日本語に対応していて、チャート画面やカスタマーセンターは日本語に対応していない海外の仮想通貨取引所も少なくありません。

しかし、Bybit(バイビット)では、実際に日本人がトラブルに対応してくれます。

英語が苦手な人には、非常に大きなメリットでしょう。

電話・メール・チャット、3つの方法でいつでも問い合わせすることができます。

セキュリティ対策が万全

セキュリティ対策に力を入れていることも、Bybit(バイビット)の魅力です。

Bybit(バイビット)では「コールドウォレット」と「マルチシグ」でユーザーの資産を管理しています。

「コールドウォレット」とは、ユーザーの資産をオフラインで管理するセキュリティーシステムで、ハッキングに強い特徴があります。

「マルチシグ」とは、マルチシグネチャーの略語で、複数人の許可がなければ仮想通貨を送金できなくなるセキュリティシステムです

また、多くの仮想通貨取引所は、セキュリティ対策の予算を全体の15%前後に設定しています。

しかし、Bybit(バイビット)のセキュリティ対策予算は全体の20%に設定しており、今後もセキュリティレベルを強化していくことを発表しています。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

※また、今ならNFT購入手数料が無料になるキャンペーンも実施中!

取り扱い通貨数140以上
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

Binance(バイナンス)

バイナンス公式サイト

2つ目のFTXの代わりになる仮想通貨取引所は「Binance(バイナンス)」です。

Binance(バイナンス)とは、2017年に香港で設立された世界最大級の仮想通貨取引所です

国内の仮想通貨取引所では、多くても20種類程度しか取り扱っていませんが、Binance(バイナンス)では300種類以上の仮想通貨を取り扱っています。

Binance(バイナンス)のおすすめポイントは、以下の3つです。

  • 取引高世界一
  • 取り扱い通貨数が多い
  • 豊富な取引方法

>>草コインを探すならBinance一択!
いますぐ話題の仮想通貨をホールドしましょう。<<<

※今ならお得なミステリーボックスキャンペーン実施中。

取引高世界一

Binance(バイナンス)のユーザー数は1,000万人を超えており、他の仮想通貨取引所と比べると、圧倒的な流動性の高さを誇ります

仮想通貨取引所選びにおいて、「流動性」は非常に重要なポイントでしょう。

流動性が高くなるほど市場全体の価値が安定するため、安全に仮想通貨取引をおこなうことができます。

もちろん、流動性が低いことによるメリットもありますが、リスクが高くなるため、初心者には向いていません

あまり人気ない銘柄でもBinance(バイナンス)なら市場が安定しているため、利益確定もしやすく注文が滑ってしまうリスクを大幅に減らせます。

取り扱い通貨数が多い

Binance(バイナンス)では、380種類以上の仮想通貨を取り扱っています

国内の仮想通貨取引所は「ホワイトリスト」と呼ばれる金融庁に許可されている仮想通貨しか上場できないため、取り扱い通貨数は5〜10種類程度がほとんどで、多くても20種類前後でしょう。

安全に取り引きできることが国内の仮想通貨取引所の大きなメリットですが、勢いのある通貨や世界中で話題になっている通貨を購入できないのは大きなデメリットでしょう。

短期間で大きな収益に期待できる銘柄を購入したいなら、Binance(バイナンス)のような取り扱い通貨数の多い仮想通貨取引所がおすすめです。

豊富な取引方法

Binance(バイナンス)が「世界最大の仮想通貨取引所」と呼ばれている理由は、取引高だけではありません。

その理由は、豊富な取引方法にあります。

Binance(バイナンス)では、

  • デリバティブ取引
  • レンディング
  • ステーキング
  • リキッドスワップ
  • レバレッジ取引

など、さまざまな取引方法に対応しています。

取り扱い通貨数が多い上に、デリバティブ取引やレバレッジ取引にも対応しているため、非常に利便性の高い仮想通貨取引所と言えるでしょう

>>草コインを探すならBinance一択!
いますぐ話題の仮想通貨をホールドしましょう。<<<

※今ならお得なミステリーボックスキャンペーン実施中。

取り扱い通貨数386
最大レバレッジ125倍
取引所手数料0.015~0.1%
通貨の送金手数料0.0005BTC
入金手数料無料
出金手数料0.0005BTC
アプリあり
運営会社バイナンス

gate.io(ゲートアイオー)

ゲートアイオー公式サイト

3つ目のFTXの代わりになる仮想通貨取引所は「gate.io(ゲートアイオー)」です。

gate.io(ゲートアイオー)とは、2013年に中国で誕生した仮想通貨取引所です

まだまだ日本での知名度は低いですが、海外では高い評価を受けており、すでに1,000万人以上のユーザーが利用しています。

gate.io(ゲートアイオー)のおすすめポイントは、以下の3つです。

  • 900種類以上の通貨を取り扱っている
  • 登録や口座開設が簡単
  • 公式アプリが使いやすい

>>マイナーな草コインを探すならgate.ioがおすすめ!
取扱通貨数は900超え!!<<<

gate.ioに
今すぐ無料登録する

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!

900種類以上の通貨を取り扱っている

gate.io(ゲートアイオー)では、900種類以上の仮想通貨を取り扱っています

900種類以上の仮想通貨を取り扱っている取引所は世界的にも珍しく、一攫千金を狙える草コインも豊富に取り扱っています

また、他の仮想通貨取引所よりも上場するタイミングが早いので、将来有望な仮想通貨を他よりも早く購入することが可能です。

本拠地ということもあり、特に中国系の仮想通貨を積極的に上場している特徴があります。

登録や口座開設が簡単

gate.io(ゲートアイオー)では、登録や口座開設するときに、本人確認書類を提出する必要がありません

最近では、仮想通貨をマネーロンダリングに悪用する人が増えてきているため、多くの仮想通貨取引所が登録時の本人確認を厳重化しています。

しかし、gate.io(ゲートアイオー)で本人確認は必須ではなく、誰でも簡単に取引をはじめることができます。

もちろん、犯罪行為を野放しにしているわけではありません。

本人確認をしていない人は、大きな金額での送金や取引きができなくなるなど、独自の制限を設けて犯罪行為を防いでいます

また、gate.io(ゲートアイオー)では、以下4つのセキュリティ対策を実施しています。

  • 2段階認証
  • コールドウォレット
  • マルチシング
  • SSLリンク

登録や口座開設は簡単ですが、セキュリティ対策にも力を入れています。

公式アプリが使いやすい

gate.io(ゲートアイオー)は、公式アプリが使いやすいこともでも有名です。

iOSとAndroid、どちらとも対応しており、誰でも無料でダウンロードできます

残念ながら日本語には対応していませんが、どこに何があるのか直感的にわかるようになっているため、チャートの確認程度であれば問題ないでしょう。

取引もアプリから操作できるため、いちいちブラウザを開く手間がなくなります。

スキマ時間を有効活用できるため、gate.io(ゲートアイオー)のアプリだけ利用している人もいるほどです。

>>マイナーな草コインを探すならgate.ioがおすすめ!
取扱通貨数は900超え!!<<<

gate.ioに
今すぐ無料登録する

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!

取り扱い通貨数900種類以上
最大レバレッジ非対応
取引所手数料0.2%
通貨の送金手数料通貨により異なる
入金手数料無料
出金手数料通貨により異なる
アプリあり
運営会社Gate Technology Corp.

FTXの新規登録停止まとめ

FTXまとめ

今回は、FTXが日本人の新規登録を停止した理由と今後の動き、代わりに使える仮想通貨取引所についてお伝えしました。

FTXが日本人の新規登録を停止した件は、非常に大きな話題となっています。

また、現在FTXを利用している人は、これからどの仮想通貨取引所を利用しようか迷っている人もいるでしょう。

最後に、FTXの代わりになる仮想通貨取引所をおさらいしておきましょう。

  • Bybit(バイビット)
  • Binance(バイナンス)
  • gate.io(ゲートアイオー)

上記3つの仮想通貨取引所であれば、日本人ユーザーも多く、安心して利用することができます。

海外の仮想通貨取引所を1度も利用したことがないのであれば、Bybit(バイビット)がおすすめです

Bybit(バイビット)は、公式サイトはもちろん、チャート画面からカスタマーセンターまで日本語に対応してます。

これから仮想通貨取引をはじめようとしている人にもおすすめなので、ぜひ登録してみてください。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

※また、今ならNFT購入手数料が無料になるキャンペーンも実施中!