仮想通貨が稼げるおすすめのNFTゲームランキング!

この記事を読んでいるあなたは、

  • NFTゲームの特徴や仕組みについて知りたい
  • 仮想通貨が稼げるおすすめのNFTゲームは?
  • NFTゲームのはじめ方や稼ぎ方について知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨が稼げるおすすめのNFTゲームや稼ぎ方、将来性」についてお伝えしていきます。

NFTゲームとは

NFTゲームとは

そもそも「NFTゲーム」とは、仮想通貨などに利用されている、ブロックチェーン上に構築されたゲームのことを指します

そのため、ブロックチェーンゲームとも呼ばれており、データの改竄やコピーができないことが最大の特徴です。

また、ユーザー間のアイテムの移動も簡単で、自分だけのレアアイテムを交換したり、高値で販売できることが、一般的なゲームとの大きな違いでしょう

ゲームの遊び方としては、ほとんど違いはなく、他のゲームと同様にスマホアプリやウェブブラウザで楽しむことができます。

従来のゲームはサービスが終了してしまうと、今まで所有していたキャラクターやアイテムはすべて消えてしまうでしょう。

しかし、NFTゲームはブロックチェーン上にデータが保存されているので、サービスが終了してしまってもデータはユーザーの手元に残ります。

ゲーム内のアイテムなどが、現実世界でも大きな価値も持つようになったことで、新たなゲームの楽しみ方として世界中の人から注目されています。

NFTゲームの特徴

NFTゲーム特徴

ここからは、NFTゲームの特徴について紹介していきます。

NFTゲームの特徴は、以下の4つです。

  • 利益を得られる
  • 不正行為ができない
  • 自分だけのキャラクターを作れる
  • サービスが終了してもデータが残る

それぞれ詳しく紹介していきます。

利益を得られる

1つ目のNFTゲームの特徴は「利益を得られる」です。

NFTゲームの醍醐味は、プレイして利益を得られることでしょう。

もちろん、収益が発生しないNFTゲームもありますが、ほとんどが仮想通貨に変換して利益を得られる仕組みになっています。

従来のゲームでは、ユーザー間のアイテムの交換や、キャラクターの販売などは禁止されていました

しかし、NFTゲームではプレイ中にゲットしたアイテムや、キャラクターをNFTマーケットに出品することで、仮想通貨を交換することが可能です

また、直接的に仮想通貨をもらえるNFTゲームまで存在します。

合法的にゲームで稼げることで、興味を持った人も少なくないでしょう。

不正行為ができない

2つ目のNFTゲームの特徴は「不正行為ができない」です。

ゲーム業界を悩ませている要因の1つに「チート行為」というものがあります。

チート行為とは、データを改竄してアイテムをコピーしたり、異常に強いキャラクターを作ったりと、ゲームバランスの崩壊を起こすことです。

特に対戦系のゲームでは、チート行為をしているプレイヤーには絶対に勝てなくなるので、大きな問題となっています。

しかし、NFTゲームはブロックチェーン上にデータが保管されているので、ハッキングやデータを改竄される心配がありません

また、万が一、不正があった場合でも、すぐに処理できる環境になっています。

人気のあるゲームほどチート行為をする人が増えてくるので、安心して楽しめることは大きな魅力でしょう。

自分だけのキャラクターを作れる

3つ目のNFTゲームの特徴は「自分だけのキャラクターを作れる」です。

NFTゲームのアイテムやキャラクターは、トークンとして扱われています。

トークンとは、コピーすることのできないデジタルデータのことです。

そのため、誰でも簡単にオリジナルキャラクターを作ることができるので、デジタルデータでありながら希少性を付与することが可能になりました

特に、運営サイドが発行上限を少なく設定しているアイテムやキャラクターを、NFTマーケットに出品すれば非常に大きな収益につながります。

サービスが終了してもデータが残る

4つ目のNFTゲームの特徴は「サービスが終了してもデータが残る」です。

今までのゲーム上のデータは、すべて運営側が管理していました。

しかし、NFTゲームではブロックチェーン上で管理しているので、アイテムやキャラクターなどのデータは半永久的にユーザーが所有できます

サービスが終了してしまっても、仮想通貨のように自分の資産として管理できることもNFTゲームならではの特徴でしょう。

仮想通貨が稼げるおすすめのNFTゲーム

NFTゲームおすすめ

それでは次に、仮想通貨が稼げるおすすめのNFTゲームを紹介していきます。

最近では、さまざまなジャンルのNFTゲームがリリースされていますが、特におすすめなタイトルを5つピックアップしました。

  • Sorare(ソラレ)
  • AxieInfinity(アクシーインフィニティ)
  • MyCryptoHeroes(マイクリプトヒーローズ)
  • Crypto Spells(クリプト・スペルズ)

それぞれ詳しく紹介していきます。

Sorare(ソラレ)

1つ目の仮想通貨が稼げるおすすめのNFTゲームは「Sorare(ソラレ)」です。

Sorare(ソラレ)は、現役のサッカー選手たちの成績が、ゲーム内に反映されるトレーディングカードゲームです

実際におこなわれた試合の成績を元にスコアが決まるので、人気選手のカードは高額で取引されています。

さまざまなクラブチームに所属している選手の中から5人だけ選択して、ユーザー同士でスコアの高さを競い合うのが基本的な遊び方です。

また、ランキングに入賞すると、レアカードやイーサリアムなどの仮想通貨がプレゼントされます。

超人気選手「クリスティアーノ・ロナウド氏」のカードがNFTマーケットに出品されたときには、約3,200万円で売却されました

AxieInfinity(アクシーインフィニティ)

2つ目の仮想通貨が稼げるおすすめのNFTゲームは「AxieInfinity(アクシーインフィニティ)」です。

AxieInfinity(アクシーインフィニティ)は、2018年にベトナムで誕生したNFTゲームで、2021年11月現在では、もっともユーザー数の多いNFTゲームとして人気を集めています。

ゲーム内で取り扱われている独自トークン「AXS」は、時価総額8億円を誇っており、現在も価格が上昇中です。

「Axie(アクシー)」と呼ばれるキャラクターを使って戦うバトルゲームで、シンプルがゆえに普段からゲームをしていない人でも楽しみやすい特徴があります

ゲームを始めるには、最低でもAxie(アクシー)が3体必要になり、10万円程度の初期費用が発生します。

MyCryptoHeroes(マイクリプトヒーローズ)

3つ目の仮想通貨が稼げるおすすめのNFTゲームは「MyCryptoHeroes(マイクリプトヒーローズ)」です。

MyCryptoHeroes(マイクリプトヒーローズは「ライト兄弟」や「北条政子」など、歴史上の偉人を集めてユーザー同士で対戦するNFTゲームです。

また、レアアイテムを偉人に装備させて、オリジナルのキャラクターを対戦・育成することがメインコンテンツになります。

無料でプレイすることもできますし、無課金でも十分に楽しむことができますが、稼ぐことを目的とするなら、ある程度の課金は必要になるでしょう

希少性の高いアイテムやキャラクターは、基本的に無課金では入手できないので、投資として購入しなければいけません。

しかし、無課金でもプレイ自体は問題なく楽しめるので、はじめてのNFTゲームとして人気があります

Crypto Spells(クリプト・スペルズ)

4つ目の仮想通貨が稼げるおすすめのNFTゲームは「Crypto Spells(クリプト・スペルズ)」です。

Crypto Spells(クリプト・スペルズ)は、Crypto Games株式会社という日本の企業が運営している、対戦型のトレーディングカードゲームです

ゲーム内で入手できるカードは、すべてNFTとして、ユーザーが自由にNFTマーケットに出品することができます。

また、Crypto Spells(クリプト・スペルズ)は、非中央集権型のNFTゲームを目指しており、カードバランスの調整を投票によって決めるなど、ユーザーの意見がダイレクトに反映される特徴があります。

スマホアプリ版もリリースされており、1ゲーム5分ほどなので、手軽にはじめられることも魅力でしょう。

NFTゲームの問題点

NFTゲーム問題点

ここからは、NFTゲームの問題点を紹介していきます。

NFTゲームの問題点は、以下の3つです。

  • ゲームとしてのクオリティは低い
  • はじめるまでのハードルが高い
  • 法整備が追いついていない

それぞれ詳しく紹介していきます。

ゲームとしてのクオリティは低い

1つ目のNFTゲームの問題点は「ゲームとしてのクオリティは低い」です。

プレイ画面を見ればすぐにわかるのですが、NFTゲームのクオリティは、一般的なゲームと比べるとかなり低いです

無料でダウンロードできるアプリゲームなどと比べても、グラフィックやサウンド、ストーリー性など、さまざまな点で劣っています。

ゲーム業界の大手企業がNFT業界に参入していないため、予算も少なく技術力も高くないので、ゲームとしてのクオリティは比べるまでもないでしょう。

また、NFTゲームはブロックチェーン上に構築されているので、データ量が多すぎると仮想通貨取引にも大きな影響を与えてしまいます

「資金面」と「技術面」には、まだまだ大きな問題を抱えていると言えるでしょう。

はじめるまでのハードルが高い

2つ目のNFTゲームの問題点は「はじめるまでのハードルが高い」です。

「ゲームを楽しみながらお金を稼げる」こう聞くとはじめたくなる人も多いと思いますが、NFTゲームは一般的なゲームよりも準備するものが多くあります。

トークンを管理する外部ウォレットやNFTマーケットのアカウント、仮想通貨を換金するための取引所など、はじめるまでの手間は少なくありません。

普段から仮想通貨を取り扱っている人なら問題ないかもしれませんが、初心者にはハードルが高く感じるでしょう

法整備が追いついていない

3つ目のNFTゲームの問題点は「法整備が追いついていない」です。

NFTゲームは換金できるデータを取り扱っていることから、

  • 景品表示法
  • 資金決済法
  • 金融商品取引法
  • 賭博法

など、さまざまな法律に触れる可能性があります。

しかし、現在は法整備が追いついていないのが現状で、急に利用できなくなることも考えられるでしょう

NFTゲーム自体が新しい分野なので、時間が解決してくるのを待つしかありません。

また、違法行為により手に入れたお金を、合法的なお金に変換する行為である「マネーロンダリング」に利用される可能性がある、として問題になっています。

近い将来、何らかの規制があることは間違いないでしょう。

NFTゲームの将来性

NFTゲーム将来性

NFTゲームはまだまだ多くの問題を抱えていますが、業界全体を見れば将来性は明るいと言えるでしょう

ゲーム業課の大手企業も、もちろん進出を考えており、超大手企業である「スクエアエニックス」は、The Sandbox(NFTゲーム)に2億円の出資をしています。

また、「アサシングリード」で有名な「Ubi soft」も独自にNFTゲームの開発を進めています。

ゲーム業界の大手企業が参入してくれば、ゲームとしてのクオリティやはじめやすさなどは、間違いなく大幅に改善されるでしょう

また、先ほど紹介した「法整備」についても同様に、解決するのは時間の問題です。

仮想通貨が稼げるおすすめのNFTゲームまとめ

NFTゲームまとめ

今回は、仮想通貨が稼げるおすすめのNFTゲームや稼ぎ方、将来性についてお伝えしました。

「NFTゲーム」とは、仮想通貨などに利用されている、ブロックチェーン上に構築されたゲームのことです

ゲームを楽しみながらお金を稼げる特徴から、気になっている人も少なくないでしょう。

実際には、はじめるまでのハードルが高いことやゲームとしてのクオリティが低いなど、無視できない問題も抱えています。

しかし、NFTゲーム業界は非常に盛り上がっており、今後の成長にも期待できるでしょう。

ゲーム業界の大手企業がNFTゲーム業界に進出してくる可能性も十分にあるので、興味のある人は、いつでもはじめれるように準備しておくことをおすすめします。