仮想通貨のレバレッジ取引ができるおすすめの国内・海外取引所!【10倍100倍】

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨のレバレッジ取引のやり方を知りたい
  • 仮想通貨のレバレッジ取引ができるおすすめの取引所が知りたい
  • 仮想通貨のレバレッジ取引のリスクや注意点が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨のレバレッジ取引ができるおすすめの取引所とやり方、危険と言われる理由」についてお伝えしていきます。

なお、おすすめレバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所のランキングのみ知りたい方は、以下の表を参照ください。

取引所名特徴・レバレッジ公式ページ
Bybit(バイビット)

バイビット(BYBIT)

  • 国内最高峰のレバレッジ100倍
  • YouTuber激推しの大人気取引所
バイビット公式
Binance(バイナンス)

  • Bybitに次ぐレバレッジ20倍
  • 取引高世界一の取引所
バイナンス公式
GMOコイン

GMOコイン

  • レバレッジ2倍
  • 仮想通貨をまず買うならGMO
GMOコイン公式
bitFlyer(ビットフライヤー)

  • レバレッジ2倍
  • 5年連続で国内取引量1位(BTC)
ビットフライヤー公式
DMM Bitcoin

  • レバレッジ2倍
  • DMMグループにより強固なセキュリティ
DMM Bitcoin公式
目次

仮想通貨の「レバレッジ取引」とは?

レバレッジとは

仮想通貨取引にある程度慣れてくると「もっと大きな金額で効率よく稼ぎたい」このように考える人も少なくありません。

そんなときに利用したのが「レバレッジ取引」です。

仮想通貨における「レバレッジ取引」とは、口座に預けてある資金を担保として、自分が保有している資金の数倍の金額で取引する方法のことを指します

レバレッジを直訳すると「てこ」と言う意味になり、リスクは高くなりますが、少額でも大きな仮想通貨取引をすることが可能になります。

仕組みが理解できず、不思議に感じる人もいるかもしれませんが、簡単に説明すると「自分の仮想通貨を証拠金として、取引所から資金を借りて取引する」ということです。

初心者がいきなり利用するのはおすすめできませんが、少ない金額でも大きな利益を獲得できるハイリスクハイリターンな取引方法でしょう

レバレッジ取引と現物取引の違い

仮想通貨の代表的な取引といえば「現物取引」でしょう。

レバレッジ取引は、取引所が設定している倍率まで取引ができるだけでなく、取引方法の仕組みから現物取引とは大きく異なります

現物取引では実際に保有、もしくは購入している仮想通貨の金額分しか取引することができません。

しかし、レバレッジ取引では実際に仮想通貨を購入するわけではなく、自分の資産を担保として資金を借りて、将来の値動きを予測して取引をおこないます

そのため、実際には仮想通貨を保有していないため、レバレッジ取引では送金や決済といった選択肢はありません。

仮想通貨レバレッジ取引の特徴

レバレッジ特徴

それでは次に、レバレッジ取引の特徴について紹介していきます。

仮想通貨におけるレバレッジ取引の主な特徴は、以下の2つです。

  • レバレッジを効かせて大きく取引できる
  • 24時間365日いつでも取引できる

それぞれ詳しく紹介していきます。

レバレッジを効かせて大きく取引できる

1つ目のレバレッジ取引の特徴は「レバレッジを効かせて大きく取引できる」です。

レバレッジ取引では、仮想通貨取引所が設定している倍率までレバレッジをかけて取引をおこなえるため、少額でも大きなリターンに期待できます。

実際に、株や仮想通貨の世界で億単位の収益を獲得している人は、レバレッジ取引を積極的に利用しています。

自分の保有している資産だけだと、高額すぎて購入できないメジャーな仮想通貨を購入できることは、レバレッジ取引ならではの特徴でしょう

24時間365日いつでも取引できる

2つ目のレバレッジ取引の特徴は「24時間365日いつでも取引できる」です。

株式投資でもレバレッジ取引をおこなうことはできますが、証券会社がしまっている間は取引することができません。

しかし、仮想通貨ならレバレッジ取引でも、24時間365日いつでも取引することが可能です

平日は忙しくて取引できなくて、週末に少ない資産で大きなリターンを狙いたい人には、ぴったりの取引方法でしょう。

また、レバレッジ取引では「BTC/JPY」のような、仮想通貨と法定通貨の組み合わせもあるため、銘柄の種類も豊富にあります。

仮想通貨のレバレッジ取引ができるおすすめの取引所5選

レバレッジ取引所

ここからは、仮想通貨のレバレッジ取引ができるおすすめの取引所を厳選して紹介していきます。

今回紹介する取引所は、以下の5つです。

  • Bybit(バイビット)
  • Binance(バイナンス)
  • GMOコイン
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • DMM Bitcoin

取引所ごとの特徴を詳しく紹介していきます。

Bybit(バイビット):レバレッジ最大100倍

bybit

1つ目の仮想通貨のレバレッジ取引ができるおすすめの取引所は「Bybit(バイビット)」です。

バイビット(Bybit)とは、2018年3月に設立された、シンガポールの仮想通貨取引所です

最大の特徴は「最大100倍」までかけられるレバレッジで、小さな金額でも大きな取引をおこなうことができます

また、YouTuberのヒカルさんや青汁王子さん、与沢さんのコラボ動画で一気に話題となった取引所でもあります。

>>【期間限定】最大4,100ドルGETのチャンス!
高額NFTアイテムが当たるキャンペーンも!<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!

※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

Binance(バイナンス):レバレッジ最大20倍

2つ目の仮想通貨のレバレッジ取引ができるおすすめの取引所は「Binance(バイナンス)」です。

BINANCE(バイナンス)とは、2017年に香港で設立された世界最大級の仮想通貨取引所です

BINANCE(バイナンス)の魅力はなんと言っても、300種類を超える取扱通貨数の多さでしょう。

レバレッジは20倍まで対応しており、国内の仮想通貨取引所よりも、高倍率の取引をおこなうことができます

海外の仮想通貨取引所ですが、日本語にも対応しているため、英語が苦手な人でも問題ありません。

>>草コインを探すならBinance一択!
いますぐ話題の仮想通貨をホールドしましょう。<<<

※今ならお得なミステリーボックスキャンペーン実施中。

GMOコイン:レバレッジ最大2倍

gmocoin_logo

3つ目の仮想通貨のレバレッジ取引ができるおすすめの取引所は「GMOコイン」です。

GMOコインは、GMOコイン株式会社が経営している仮想通貨取引所です

GMOインターネットグループの傘下に所属しているため、「あおぞら銀行」や「GMOクリック証券」などで培った技術が、GMOコインにも使われています。

また、最短10分で口座開設できることや、500円から積み立て投資ができるなど、国内の仮想通貨取引所ならではの魅力もあります。

>>毎日抽選で1,000円プレゼント中!
仮想通貨FXも対応の人気取引所。<<<

※GMOコインは販売手数料が無料。

bitFlyer(ビットフライヤー):レバレッジ最大2倍

ビットフライヤー(bitFlyer)4つ目の仮想通貨のレバレッジ取引ができるおすすめの取引所は「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。

bitFlyer(ビットフライヤー)は、株式会社 bitFlyerが経営している仮想通貨取引所です

アメリカやヨーロッパ圏にも積極的に進出しており、世界中でbitFlyer(ビットフライヤー)のユーザーが増え続けています。

ビットコインの取引量は5年連続で国内1位を獲得するほどで、今後もさらなる成長に期待されています

また、過去に1度もハッキング被害にあったことがないことでも有名です。

安心して資産を預けれるかどうかも、仮想通貨取引所においては重要な項目でしょう。

DMM Bitcoin:レバレッジ最大2倍

DMM Bitcoin

5つ目の仮想通貨のレバレッジ取引ができるおすすめの取引所は「DMM Bitcoin」です。

DMM Bitcoinは、株式会社DMM Bitcoinが経営している仮想通貨取引所です

日本人なら知らない人はいないであろう「DMMグループ」が運営しているため、セキュリティレベルは非常に高いでしょう

FX取り引きができる「DMM FX」も運営していることから、電子取引や金融に関するノウハウも熟知しています。

また、PCツールやアプリの性能が高く、初心者が仮想通貨を勉強するために利用している場合も少なくありません。

>>DMM bitcoinなら販売・取引手数料が無料!
新規口座開設で2,000円GET!<<<

※DMM bitcoinに登録で、2,000円もらえる。

仮想通貨レバレッジ取引のやり方

レバレッジやり方

それでは次に、先ほど紹介した取引所でレバレッジ取引する方法を解説していきます。

レバレッジ取引は、上級者向けの取引方法ですが、操作方法自体は難しくありません。

大まかな流れはどの取引所も同じですが、それぞれ確認しておきましょう。

Bybit(バイビット)でレバレッジ取引をする方法

バイビットレバレッジ

Bybit(バイビット)のレバレッジ取引は、注文画面から簡単に注文することができます。

ログインして注文画面にアクセスしたら、画面右上「クロス」をクリックしましょう。

「クロス」をクリックすると、上のような画面が表示されます。

ここからレバレッジの注文方法や、細かい倍率の設定をおこなって取引をおこないます。

Binance(バイナンス)でレバレッジ取引をする方法

バイナンスレバレッジ1

まずは公式サイトにログインしましょう。

次にメニュー欄の「トレード」から「マージントレード」をクリックします。

バイナンスレバレッジ2

「マージントレード」をクリックすると、上のような画面が表示されます。

このページから細かい倍率や取引方法を設定して取引をおこないます。

手数料はマージントレードでも現物取引と同様に、業界でも最低水準の「0.1%」で利用可能です

GMOコインでレバレッジ取引をする方法

GMOコインレバレッジ

公式サイトにログインしたら、画面左側のメニュー欄から「レバレッジ取引」をクリックしましょう。

「レバレッジ取引」をクリックすると、上のような画面が表示されます。

画面中央にある注文画面から、銘柄や取引方法、数量を設定して「確認画面へ」をクリックしましょう。

取引内容の再確認がおこなえるので、訂正箇所がなければ「確定」をクリックして完了です。

bitFlyer(ビットフライヤー)でレバレッジ取引をする方法

ビットフライヤーレバレッジ2

まずはレバレッジ取引の設定をおこないましょう。

公式サイトにアクセスして、注文画面に進みましょう。

左側になるメニューバーから「設定」をクリックします。

ビットフライヤーレバレッジ1

「設定」をクリックすると、上のような画面が表示されます。

bitFlyer(ビットフライヤー)でレバレッジ取引を利用するなら、あらかじめ「2倍」に設定しておく必要があります

設定が完了したら「Lightning FX/Futures」からレバレッジ取引の注文画面に進みましょう。

DMM Bitcoinでレバレッジ取引をする方法

DMMコインレバレッジ

DMM Bitcoinでのレバレッジ取引は、非常にシンプルです。

まずは公式サイトにアクセスして、注文画面に進みましょう。

DMM Bitcoinでは「現物取引」も「レバレッジ取引」も同じページで注文できるため、画面も見やすく初心者でも迷わないでしょう

画面中央にある注文画面から、銘柄や取引方法、数量を入力していきましょう。

注文内容を入力できたら「売建」もしくは「買建」を選択して完了です。

仮想通貨レバレッジ取引のメリット・デメリット

レバレッジメリットデメリット

それでは次に、仮想通貨のレバレッジ取引のメリットとデメリットを紹介していきます。

もちろん、レバレッジ取引にもデメリットがあります。

デメリットを理解した上で、本当に利用したいと思えるか確認しておきましょう。

仮想通貨レバレッジ取引のメリット

レバレッジ取引の最大のメリットは、通常よりも大きな利益に期待できることです

単純にレバレッジを2倍でかけていたら、通常の現物取引と比べて、利益は2倍になります。

もちろん、レバレッジが5倍なら利益も5倍、レバレッジが20倍なら利益も20倍と、リスクの分だけリターンも増えていきます。

また、レバレッジは仮想通貨を購入するわけではなく、値動きを予想する取引方法なので、下落相場でも利益を得ることが可能です

仮想通貨取引の戦術が広がることも上級者にとっては、大きなメリットでしょう。

仮想通貨レバレッジ取引のデメリット

レバレッジ取引の最大のデメリットは、自分が保有している資産以上の損失が発生してしまうことでしょう

たとえば、保有していた仮想通貨の価格が10%下がったとすると、100万円分購入していたなら「損失は10万円」です。

しかし、レバレッジを20倍でかけていたとすると、100万円を取引所に預けていたらなら「損失は200万円」になります

このように、自分が保有している資産以上の損失が発生してしまう場合も、十分に考えられるでしょう。

先ほどの例だと、200万円の損失に対して、預けているのは100万円しかないため、差額の100万円は「追証」と呼ばれる借金として残ります

追証が発生してしまうと、取引所に全額返済しなくてはいけません。

そのため、現物取引よりもリスクが高く、資金管理能力が求められます。

仮想通貨レバレッジ取引の注意点

レバレッジ注意点

仮想通貨でレバレッジ取引をおこなうなら、以下の3つに注意しておきましょう。

  • 損切りラインを決めておく
  • 証拠金維持率を意識しておく
  • 余剰資金のみで取引する

それぞれ詳しく紹介していきます。

損切りラインを決めておく

1つ目のレバレッジ取引の注意点は「損切りラインを決めておく」です。

損切りラインとは、損切りを実行する金額のことを指します

この「損切りライン」が決まっていないと、負けを認められずにズルズルと損失が膨れ上がっていきます。

価格が復活するまで待ちたくなる気持ちは理解できますが、早期撤退を決断して大きなダメージを避けることも大切です

特にレバレッジ取引の場合は、預けている資産を動かせなくなるため、他の取引でチャンスを逃してしまうことも考えられます。

レバレッジ取引をおこなうなら、必ず損切りラインを決めておきましょう。

証拠金維持率を意識しておく

2つ目のレバレッジ取引の注意点は「証拠金維持率を意識しておく」です。

証拠金維持率とは、証拠金不足になる可能性がどれだけあるかを表す指標の1つです

レバレッジ取引では、ユーザーに過度な追証が発生しないように「ロスカット」という仕組みを設けています。

ロスカットとは、設定しておいた証拠金維持率を下回ると、強制的に損切りしてくれる設定のことです

適切に証拠金維持率を設定しておけば、仮想通貨で借金を背負うことはありません。

しかし、一時的な要因で瞬間的に価格が下がった場合でも損切りされてしまいます。

ロスカットされたくない人は、常に証拠金維持率を意識しながら取引をおこないましょう。

余剰資金のみで取引する

3つ目のレバレッジ取引の注意点は「余剰資金のみで取引する」です。

余剰資金とは、失っても生活に影響がでない範囲のお金のことを指します

自分の必要最低限の生活費を細かく確認して、絶対に下回ってはいけない金額を計算しておきましょう。

仮想通貨取引に「絶対」はありません。

無理のない範囲で取引をおこないましょう。

仮想通貨レバレッジ取引についてよくある質問

レバレッジ質問

それでは最後に、レバレッジ取引についてよくある質問を紹介していきます。

詳しく回答しているので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨レバレッジ取引は危険?リスクは?

レバレッジ取引では、大きな利益を獲得できる可能性がある代わりに、すべての資産を失ってしまうことも考えられます

仮想通貨取引には必ずリスクがありますが、特にリスクの高い取引方法と言えるでしょう。

しかし、これまでに紹介してきたように「損切りライン」や「ロスカット」など、リスクを最小限に抑える方法もあります

堅実な投資方法とはいえないため、無理のない範囲で取引をおこなうようにしましょう。

レバレッジ取引は何倍がおすすめ?

国内の仮想通貨取引所では、2倍しか選択できないことが多いですが、海外では数百倍以上のレバレッジをかけれる取引所も存在しています。

倍率で変化する内容は「利益とリスク」の大きさのみです

想像以上の被害を被ってしまう可能性もあるため、レバレッジ取引に慣れていない人は、2倍からはじめるようにしましょう

一攫千金を狙ってリスクのある取引をおこないたい人も、余剰資金を正確に計算して、いくらまでなら負けても大丈夫なのか把握しておきましょう。

仮想通貨のレバレッジ取引ができるおすすめの取引所まとめ

レバレッジまとめ

今回は仮想通貨のレバレッジ取引ができるおすすめの取引所とやり方、危険と言われる理由についてお伝えしました。

仮想通貨における「レバレッジ取引」とは、口座に預けてある資金を担保として、自分が保有している資金の数倍の金額で取引する方法のことです

少ない資金でも大きく稼げる特徴から、気になっている人も多いのではないでしょうか。

しかし、メリットばかりの取引方法ではなく、損失も大きくなるというデメリットがあります

現物取引なら気にしない程度のわずかな値動きでも、資産がすべてなくなってしまう可能性があることを十分に理解してから取引をおこないましょう。