ホライズン/ZENの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨ホライズン/ZENの買い方を知りたい
  • 仮想通貨ホライズン/ZENを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨ホライズン/ZENの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨ホライズン/ZENの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

ホライズン/ZENとは

ZEN 買い方

ホライズンとは、プライバシー情報が外部から追跡されず、匿名性の高い仮想通貨です。

ホライズンが定義する匿名性とは「誰がどこにいくらの仮想通貨を送金したのか」といった、外部が追跡できない仕組みを指します。

元の通貨Zcashの強みである匿名性に加えて、他のブロックチェーンとの相互的な運用ができます。

ホライズンは、仮想通貨だけでなくシステム構築にも力を入れており「民主主義の再構築」が目標です。

世界的経済雑誌である

  • Investpedia
  • Forbes

は、ホライズンの革新的なシステムやプロジェクトを絶賛しています。

リリース当初は、Zcashという名前からハードフォークでZclassicとなり、2017年にホライズンが誕生しました。

通貨名

ホライズン

通貨シンボルZEN
特徴
  • 匿名性が高い
  • 非中央集権的な「サイドチェーン」
  • IOTA Oracleを導入
  • Genesis Custodyと提携
  • 新規発行による「インフレ」には注意
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://www.horizen.io/

ホライズン/ZENの特徴

ZEN 買い方

ここからは、ホライズンの特徴を紹介していきます。

ホライズンは、データの整合性とプライバシー確保を、実世界でのユースケースにするため活動しているプロジェクトです。

2017年のローンチ以降、ハードフォークやリブランディングを繰り返していますが、どういった特徴があるのでしょうか。

ホライズンの特徴は、以下の5つです。

  • 匿名性が高い
  • 非中央集権的な「サイドチェーン」
  • IOTA Oracleを導入
  • Genesis Custodyと提携
  • 新規発行による「インフレ」には注意

ひとつずつ詳しく解説していきます。

匿名性が高い

ホライズンは、外部から取引の追跡ができず匿名性が高いです。

通常の仮想通貨であれば、資金のやりとりがすべて

  • ブロックチェーン上に記録・保存される
  • 必要アドレスが分かれば、誰でも自由に参照できる

といった特徴がありました。

ホライズンは、ユーザーが匿名性を取引に持たせるかどうか選択が可能です。

  • 取引を公開する場合は「tアドレス」
  • 匿名性を持たせたい場合は「zアドレス」

を選べます。

また、zk-SHARKS機能を利用して、プライバシーが保たれた状態でメッセージのやりとりができます。

非中央集権的な「サイドチェーン」

ホライズンには、Zendooという非中央集権的なサイドチェーンが実装されています。

サイドチェーンを取り入れることで、仮想通貨の機能拡張が簡単に行えるようになります。

Zendooでは、メインチェーンだけでなく、他のブロックチェーンとの相互運用が可能です。

ホライズンは他の仮想通貨の中でも、特にノード数が多く、より分散的な形態をしています。

しかしZendooのデメリットは

  • 特定の管理者が運営している
  • セキュリティー面が管理者に依存される

です。

ホライズンでは、サイドチェーン管理方法を非中央集権的な分散型にしたことで、Zendooのデメリットを最小限にしました。

IOTA Oracleを導入

ホライズンは、2021年3月にサイドチェーンZendooにIOTA Oracleを導入しました。

IOTA Oracleの導入によって、オフチェーンデータを活用できるので、ホライズンのロードマップ上に、独自の価値が提供されています。

また、仮想通貨IOTAは有効非巡回グラフ(DAG)という技術を採用している、仮想通貨です。

ホライズンがDAGを取り入れたことで

  • セキュリティ
  • スケーリング
  • 非中央集権

が実現されています。

ホライズンは、IOTA Oracleを実用的なユースケース拡大を目的として、導入した最初のプロジェクトです。

Genesis Custodyと提携

ホライズンは、2020年12月に仮想通貨プラットフォームであるGenesis Custodyと提携を結びました。

仮想通貨カストディは、投資家に代わって投資した仮想通貨の保管・管理するサービスです。

機関投資家や企業など、多額の資金運用をしたいユーザーに利用されています。

ホライズンがGenesis Custodyと提携したことで

  • 多くの機関投資家や企業の目に留まる
  • 多額の資金流入が増える

といった点に期待されるでしょう。

ホライズンの導入を検討している企業にとっても、ひとつの判断材料になります。

ユースケースや取引額が増えることで、ホライズンの価格上昇につながります。

新規発行による「インフレ」には注意

ホライズンの、発行数過多になった場合のインフレに注意しましょう。

ホライズンは、最大発行枚数を21,000,000ZENに設けています。

CoinMarketCapによると、現在は約半分の10,513,088ZENしか発行されていません。

今後は発行数が2倍近く増えるため、1枚あたりの価値が薄まりやすくなるでしょう。

ホライズン/ZENが購入できるおすすめの取引所はバイビット

ZEN 買い方

ホライズンを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

ホライズン/ZENの買い方/購入方法

ZEN 買い方

ここからはホライズンの買い方について紹介していきます。

今回はホライズンを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

ホライズンを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでホライズンを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

 

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

 

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでホライズンを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からホライズンをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からホライズンをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「ホライズンを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、ホライズンの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

ホライズン/ZENの将来性

ZEN 買い方

ホライズンは、将来的に価値が上昇していくのではと期待されています。

マイナーとノードの両方の視点から

  • ブロックチェーンを監視する構造
  • 強固で実用的な通貨システムの構築

が期待できるポイントです。

ホライゾンの特徴である非中央集権と、サイドチェーンによって分散化される仕組み作りも、これから需要が増えてくるのではないかと注目されています。

  • プライバシー保護を求めている企業
  • 企業への利用を進めたい仮想通貨プロジェクト

の橋渡しになることで、ホライズンの通貨価格が高騰するだけでなく、エコシステムの拡大につながります。

匿名性の高いホライズンの需要が、今後は増えていくのではないでしょうか。

ホライズン/ZENの買い方、特徴、将来性、まとめ

ZEN 買い方

今回は、仮想通貨ホライズン/ZENの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

ホライズンは、プライバシー情報が外部から追跡されず、匿名性の高い仮想通貨です。

  • 匿名性が高い
  • 非中央集権的な「サイドチェーン」
  • IOTA Oracleを導入
  • Genesis Custodyと提携
  • 新規発行による「インフレ」には注意

といった特徴から、プライバシー保護に努める企業と仮想通貨プロジェクトの橋渡しになるのではと注目されています。

サイドチェーンの実装だけでなく、多くの仮想通貨プロジェクトと提携を結んでおり、順調に活動できる市場を広げている印象です。

多くの企業がサイドチェーンに実用性を求めた際に、ホライズンの価値はさらに上昇するでしょう。

発行枚数に上限があるので、気になる方は今後のプロジェクトに注目しつつ、投資目的として購入するのがおすすめです。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】