ヤーンファイナンス/YFIの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨ヤーンファイナンス/YFIの買い方を知りたい
  • 仮想通貨ヤーンファイナンス/YFIを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨ヤーンファイナンス/YFIの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨ヤーンファイナンス/YFIの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

ヤーンファイナンス/YFIとは

yearn.finance 買い方

ヤーン・ファイナンス/YFIは、ローンチ1週間で1000倍の上昇を達成した分散型アグリゲーティングプラットフォームのことです。

2022年2月時点で時価総額は931億円、世界ランキングは112位となっています。

通貨名ヤーンファイナンス/yearn.finance
通貨シンボルYFI
特徴
  • yearn.financeの独自トークンでガバナンストークン
  • ディップを利用する
  • 発売以来の目覚ましい成長
  • 自由に取引可能なトークン
  • 透明性の維持
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://yearn.finance/#/home

ヤーンファイナンス/YFIの特徴

yearn.finance 買い方

ここからは、ヤーンファイナンスの特徴を紹介していきます。

ヤーンファイナンスの主な特徴は、以下の5つです。

  • yearn.financeの独自トークンでガバナンストークン
  • ディップを利用する
  • 発売以来の目覚ましい成長
  • 自由に取引可能なトークン
  • 透明性の維持

それぞれ詳しく紹介していきます。

yearn.financeの独自トークンでガバナンストークン

ヤーンファイナンスの特徴、1つ目は「yearn.financeの独自トークンでガバナンストークン」です。

ヤーンファイナンスは、独自トークンかつガバナンストークンとなっています。

つまり今後のヤーンファイナンスについて方針を決定する会議に出席可能で、保有している人には発言権があります。

より利用者に有利な仮想通貨にしていけるので、将来性を感じている人は多く保有しておきましょう。

ディップを利用する

ヤーンファイナンスの特徴、2つ目は「ディップを利用する」です。

ディップとは?
上昇トレンドのなかで、調整のために一時下落する押し目のことを指します。

ディップに陥る原因として、ネガティブなニュースや政府の介入、不利な市況などが考えられます。

そこを上手く利用し、安値で購入して高値で売るといったことが可能です。

発売以来の目覚ましい成長

ヤーンファイナンスの特徴、3つ目は「発売以来の目覚ましい成長」です。

なぜヤーンファイナンスの成長が著しく伸びたのかというと、分散型(DEX)アグリゲーターだからといえます。

DEXアグリゲーターとは?
ユーザーは1つのサイトにアクセスするだけで、複数の取引所のなかから最安値で取引できるレートを見つけてくれる。

たとえば、仮想通貨の取引をする人には「借りたい人」「貸して利益がほしい人」の2種類がいます。

後者の場合、少しでも高い利回りを得るために多くのレンディングプラットフォームを比較して、取引する場所を決める必要がありますよね。

しかし非常に多くのレンディングプラットフォームがあるため、この作業は膨大かつ難易度が高いです。

そのため投資家の手間を省く、分散型(DEX)アグリゲーターの発表で発売以来の目覚ましい成長が可能となりました。

自由に取引可能なトークン

ヤーンファイナンスの特徴、4つ目は「自由に取引可能なトークン」です。

分散型取引所(DEX)で、ヤーンファイナンスは自由に取引ができます。

広く利用可能な暗号通貨やステーブルコイン、法定通貨のペアが存在しています。

透明性の維持

ヤーンファイナンスの特徴、5つ目は「透明性の維持」です。

高レベルの透明性を維持するには、DeFi業界にある一般的なリスクがのしかかります。

しかしヤーンファイナンスでは、オープンガバナンス体制で透明化をはかりました。

オープンガバナンス体制とは?
ネットワークの手数料やアップデートの実行などを、通貨の保有者で決定できるという体制のこと。

これによって、ユーザーが今後の指標を決める投票へと参加できるようになります。

ヤーンファイナンス/YFIが購入できるおすすめの取引所はバイビット

yearn.finance 買い方

ヤーンファイナンス/YFIを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

ヤーンファイナンス/YFIの買い方/購入方法

yearn.finance 買い方

ここからはヤーンファイナンス/YFIの買い方について紹介していきます。

今回はヤーンファイナンス/YFIを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

ヤーンファイナンスを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでヤーンファイナンス/YFIを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

 

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

 

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

 

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでヤーンファイナンス/YFIを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からヤーン・ファイナンス/YFIをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からヤーンファイナンス/YFIをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「YFIを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、ヤーン・ファイナンス/YFIの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

ヤーンファイナンス/YFIの将来性

yearn.finance 買い方

結論からいうと、ヤーンファイナンスの将来性は高いといえるでしょう。

なぜなら将来的に、DeFi市場を盛り上げていくのがヤーンファイナンスになる可能性があるからです。

前提としてDeFi業界が衰退すれば、ヤーンファイナンス自体の価値も低迷するでしょう。

そのため、どれほどヤーンファイナンスがDeFi業界に貢献できるかが今後の分かれ道といえます。

ヤーンファイナンス/YFIの買い方、特徴、将来性まとめ

yearn.finance 買い方

今回は、仮想通貨ヤーンファイナンス/YFIの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

ヤーンファイナンス/YFIは、ローンチ1週間で1000倍の上昇を達成した分散型アグリゲーティングプラットフォームのことです。

  • yearn.financeの独自トークンでガバナンストークン
  • ディップを利用する
  • 発売以来の目覚ましい成長
  • 自由に取引可能なトークン
  • 透明性の維持

このように、今後にも期待できる特徴が多いといえます。

さらに伸びていく可能性を秘めているので、購入しやすい価格のうちに投資することをおすすめします。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】