ステラルーメン(XLM)の特徴や将来性を解説!買い方や購入できる取引所も紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • ステラルーメン(XLM)の買い方を知りたい
  • ステラルーメン(XLM)を購入するのにおすすめの取引所は?
  • ステラルーメン(XLM)の特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨ステラルーメンについて通貨の特徴や買い方、将来性」をお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

ステラルーメン(XLM)とは

 Stellar rumen overview

ステラルーメン(XLM)は、リップルの開設にも関係しているジェド・マケーレブ氏達によって2014年に開発されました。

ステラルーメン(XLM)は、独自のコンセンスアルゴリズがベースになっているので、送金速度が速いのが特徴です。

また通貨同士の橋渡しをする役割があるので、安価で手軽に外貨交換できる点においても注目されています。

ステラルーメン(XLM)の概要は、下記の通りです。

通貨名ステラルーメン
通貨シンボルXLM
特徴
  • 中央管理者が存在する
  • コンセンスアルゴリズムSCPにより送金速度が速い
  • ブリッジ通貨の役割がある
主な取扱取引所国内取引所

  • Coincheck
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン

海外取引所

  • BINANCE
  • Bittrex
  • Coinbase
公式サイトhttps://www.stellar.org/

ステラルーメン(XLM)は、個人間の送金をスムーズに行うことを目的に作られました。

ほかの仮想通貨には見られないような特徴が、いくつかあります。

ステラルーメン(XLM)の特徴3選

Stellar rumen feature

ステラルーメン(XLM)は中央管理者が存在するのが特徴です。

また、コンセンスアルゴリズム「SCP」を採用しており、スピーディーな送金が可能です。

さらに、ブリッジ通貨として通貨同士の橋渡しをする機能があるので、外貨への交換の際も費用が安く取引できます。

それぞれの特徴を、詳しく見ていきましょう。

中央管理者が存在する仮想通貨

仮想通貨の多くは中央で管理する組織が存在せず、個人間の取引がメインですが、ステラルーメン(XLM)は、ステラ財団が中心となって運営をおこなっています

多くの仮想通貨の価格は、情報や所有者の都合に左右されやすく、値動きが激しい傾向がありますが、ステラルーメン(XLM)のように中央管理者が存在することで、ほかの仮想通貨よりも価格が安定しやすくなります

「大きな値動きがある仮想通貨を所有するのが怖い」と思っている方や、「安定した価格の仮想通貨に投資したい」という方に、ステラルーメン(XLM)は向いているといえるでしょう。

コンセンスアルゴリズムSCPによって送金処理が速くて安い

ビットコインなどの多くの仮想通貨は、利用者間のコンセンスアルゴリズムによって取引されるため、決済速度が遅くなるのが欠点でした。

しかし、ステラルーメン(XLM)では独自のコンセンスアルゴリズム「SCP」を採用しているので、スピーディーな送金が可能です。

コンセンスアルゴリズムとは、ブロックチェーンを追加する際のルールに関して、合意(コンセンス)を形成するための仕組みをいいます。

特定の管理者がいない場合でも、不正がなくスムーズに取引をおこなうことを可能にしています。

コンセンスアルゴリズについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。

関連記事

コンセンサスアルゴリズムとは? PoWやPoSって何? ブロックチェーンとどういった関係があるの?上記のような疑問をお持ちの方に向けて、この記事ではコンセンサスアルゴリズム、PoWやPoSとは何かについて解説しま[…]

consensus algorithm

コンセンスアルゴリズムSCPの特徴は、マイニングを必要としないことです。

SCPは、リップルで使用されているコンセンサスアルゴリズムPoCがベースになっています。

PoCでは限られたバリデーダーによって承認作業がおこなわれ、80%以上のトランザクションが承認されれば取引できる仕組みです。

一方SCPは、トランザクションの承認割合が少なくても取引できるので、リップルよりも早い送金が可能になります。

ステラルーメン(XLM)の送金速度の速さの目安は、2~5秒です。

ほかの仮想通貨の送金速度は早くても数分程度、遅い場合は1日以上かかることもあるので、圧倒的に速いことがわかります。

今後さらに研究や開発が進み、実用化が期待されています。

外貨送金を可能にするブリッジ通貨の役割を果たす

ステラルーメン(XLM)は、異なる通貨同士をつなぐ、橋渡しをする役割があるのが特徴です。

ブリッジ通貨とは、「異なる通貨の橋渡しになる通貨」という意味があり、外国の通貨に交換する際に役立ちます。

通常は円をドルなどの外国の通貨に交換する際に、1ドル1円程度の為替手数料がかかります。

また、金融機関に両替を依頼する必要があるので、時間や手間もかかります。

ステラルーメン(XLM)をブリッジ通貨として機能させれば、安価で早く、外貨に交換できます

今後さらに実用化が進めば、外貨への交換がスムーズにおこなえるでしょう。

ステラルーメン(XLM)を扱っている取引所

Stellar rumen exchange

ステラルーメン(XLM)を扱っている取引所を、国内取引所と海外取引所にわけて紹介します。

国内取引所

国内取引所では、主に次の取引所で取引可能です。

  • Coincheck
  • DMM Bitcoin
  • GMOコイン

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

海外取引所

海外取引所では、主に次の取引所で取引可能です。

  • BINANCE
  • Bittrex
  • Coinbase

>>草コインを探すならBinance一択!
いますぐ話題の仮想通貨をホールドしましょう。<<<

※Binanceは世界最大級の仮想通貨取引所です。

ステラルーメン(XLM)の買い方

Stellar rumen how to buy

ステラルーメン(XLM)の買い方を、国内取引所と海外取引所にわけて解説します。

国内取引所

国内取引所でステラルーメン(XLM)を買う方法は、次の通りです。

  1. 国内取引所の口座を開設する
  2. 日本円を入金する
  3. ステラルーメンを購入する

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

海外取引所

海外取引所でステラルーメン(XLM)を買う方法は、次の通りです。

  1. 国内取引所でメジャー通貨を買う
  2. 海外取引所に送金する
  3. ステラルーメン(XLM)に交換する

海外取引所でステラルーメン(XLM)を利用したい場合は、一度国内の仮想通貨取引所でビットコインなどのメジャー通貨を購入してから海外取引所に送金する必要があります。

>>草コインを探すならBinance一択!
いますぐ話題の仮想通貨をホールドしましょう。<<<

※Binanceは世界最大級の仮想通貨取引所です。

草コイン購入におすすめの取引所は、こちらの記事で詳しく解説しています。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

ステラルーメン(XLM)の将来性は?

Stellar rumen future

ステラルーメン(XLM)は新興国で広がりが見られ、政府や大企業への介入が進んでいるので、将来性がある仮想通貨といえます。

ステラルーメン(XLM)の将来性について、解説します。

新興国での広がりが見られている

ステラルーメン(XLM)は、元々新興国での送金をスムーズにおこなうことが目的で開発された通貨です。

2014年の初上場は、ブラジルの仮想通貨取引所でした。

貧困層では、「費用がかかる」「銀行までのアクセス面に問題がある」などの理由から、多くの人が銀行口座を持てないという現状があります。

送金がスムーズになるサービスが提供されれば、世界中の多くの人々に役立ちます

アフリカや東南アジアなどの新興国での利用拡大を進めるために、現在も取り組みは進んでいます。

一部の東南アジアでは、実用化が実現している地域もあり、さらに実用化が進めば、価格上昇につながるでしょう。

政府や大企業への介入

ステラルーメン(XLM)は、政府や大企業への介入が注目されています。

ウクライナ政府は、デジタル通貨の開発でステラルーメン(XLM)のブロックチェーンを採用しました

ウクライナは暗号資産に関する法律の整備をおこなっており、今後は暗号資産が発展していくでしょう。

また、ステラルーメン(XLM)は、IBM社はニューヨークにあるコンピュータや情報機器の関連会社IBM社とも連携しています。

IBM社は世界最大規模の大企業で、世界中と取引している大企業です。

IBM社は国際的な銀行6社とステラルーメン(XLM)のシステムを利用した「World Wire」という決済ネットワークを作っていくことを示しています。

このネットワークは、安価で速い、国境を越えたスムーズな決済を可能にします。

取り組みが進み実用化が進めば、ステラルーメン(XLM)の価格高騰が期待できるでしょう。

これまでの価格推移から今後の価格を予想

ステラルーメン(XLM)は2014年の初上場から数年の間は大きな値動きがありませんでした。

しかし、2019年に発行通貨の半分以下の量に減らす「バーン」をおこなった時期は、25%も値上がりしました

2020年11月から2021年5月にかけては、ステラルーメン(XLM)の価格が上昇している傾向が見られています。

この上昇トレンドの原因の一つに、ステラルーメン(XLM)とウクライナ政府による取り組みが発表されたことがあげられます。

ウクライナ政府は、デジタル通貨の開発が進んでおり、暗号資産の利用のための法的な整備をおこなっています。

ステラルーメン(XLM)はウクライナのデジタル通貨の基盤としての役割を果たすことが発表され、多くの人々の注目を集めました。

上昇傾向のほかの原因として、国際通貨基金のIMFが、デジタル通貨の可能性を示したことと、バイデン氏が大統領に就任したことが考えられます。

IMFは世界中の経済を安定させるための国際的な期間で、IMFの動向は仮想通貨の値動きに大きく関係しています。

また、バイデン氏はデジタル通貨に理解があるため、「仮想通貨の普及が見込めると」判断されることで価格が高騰した推測できます。

今後開発が進み、実用化が進めば、さらなる値上がりが期待できるでしょう。

ステラルーメン(XLM)まとめ

 Stellar rumen sum up

ステラルーメン(XLM)は、仮想通貨ではあまり見られない中央管理者が存在しているので、比較的価格が安定する傾向があります。

またコンセンスアルゴリズムSCPによって、スピード感がある送金が可能です。

ブリッジ通貨として実用化が進めば、多くの人々に役立つでしょう。

今後、さらにステラルーメン(XLM)の開発や実用化が期待されています

ステラルーメン(XLM)の将来性を見込んで、購入してみてはいかがでしょうか。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】