トークンとは?仮想通貨との違いは?種類や買い方を解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • トークンとは?トークンの種類や特徴を知りたい
  • トークンと仮想通貨の違いを知りたい
  • トークンの買い方を知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「トークンの概要や、仮想通貨との違いや特徴、種類や買い方」をお伝えしていきます。

仮想通貨の「トークン」とは?

ビットコインとお札

「トークン」という言葉には、さまざまな使い方があり明確に定義されていませんが、仮想通貨における「トークン」とは、既存のブロックチェーン技術を活用して開発された仮想通貨のことを指します

また「ブロックチェーン」とは、ビットコインの基幹技術として開発された概念の1つです

高い信用性を誇る仮想通貨の中心技術となるのが、ブロックチェーンです。本来、仮想通貨はそれぞれ異なるブロックチェーンを利用して開発されています。

ブロックチェーンのデータベースは、対応している仮想通貨の取引履歴になるため、1対1の関係性が前提とされています。

仮想通貨におけるトークンにも明確な定義はなく、人によって解釈が曖昧です。

しかし、そこまで違いを意識しておく必要もないので、トークンは「既存のブロックチェーンを利用して開発された仮想通貨」という認識で問題ありません

トークンと仮想通貨の違いは?

仮想通貨技術

そもそも「仮想通貨」とは、独自のブロックチェーン上で開発・利用されているデジタル通貨のことを指します

ビットコインやイーサリアム・ネムなどが代表的な仮想通貨です。

トークンと仮想通貨の違いは「独自のブロックチェーンを持っているかどうか」が、重要なポイントになります。

トークンを簡単に説明すると「ブロックチェーンを借りている仮想通貨」です。

先ほど紹介したビットコインやイーサリアム、ネムなどは、すべてオリジナルのブロックチェーンを利用している仮想通貨です。

ブロックチェーンを貸しているのが「仮想通貨」、借りているのが「トークン」という関係性になります

仮想通貨トークンの目的は?

スマホでチャート画面を表示

もともとトークンは、お金を集めることを目的に開発されました

「お金を集めること」とは、つまり資金調達のことです。株式会社が発行してる「株」と、発想はほとんど同じでしょう。

トークンは株よりも簡単に発行できるため、多くの企業が注目しています。

ICOとは?

トークンが気になっている人は「ICO」という言葉も聞いたことがあるのではないでしょうか。

「ICO」とは、Initial coin offering(イニシャル・コイン・オファリング)の略称で、直訳すると「新規通貨公開」という意味になります。

簡単に説明すると「ICO」は、トークンを発行して事業を立ち上げるための資金を調達する方法です

事業が成功すればするほど、トークンの価値も上がるので、一般的な「株式会社」と「投資家」の関係性と酷似しています。

「ICO」は、株を発行するよりも参入のハードルが低く、投資する側も少ない資産でもはじめれるので、その「気軽さ」から多くの人から注目を集めている仮想通貨です

仮想通貨トークンの特徴3つ

チャートを見る男性

それでは次に、トークンの特徴を紹介していきます。

トークンの主な特徴は、以下の3つです。

  • 発行者・管理者が必ずいる
  • 誰でも発行できる
  • 付加価値を与えれる

それぞれ詳しく紹介していきます。

発行者・管理者が必ずいる

1つ目のトークンの特徴は「発行者・管理者が必ずいる」です。

発行者や管理者が必ずいることは、トークンの大きな特徴であり、仮想通貨との違いでもあります。

ビットコインやイーサリアム、ネムなどの仮想通貨はシステムで発行が決まり、特定の発行者や管理者はいません。

トークンは企業や個人でも発行できるので、発行者や管理者が必ず存在しています

しかし、発行者や管理者でも、1度発行したトークンの発行枚数は変更できない制約もあります

誰でも発行できる

2つ目のトークンの特徴は「誰でも発行できる」です。

基本的にトークンは企業や団体、個人など、誰でも発行することができます

株式を発行するためには、証券取引所の厳しい審査をクリアしなければいけません。

しかし、トークンなら仲介者の支援がなくても発行することが可能です。

もちろん、発行すれば誰でも簡単に資金が集まるわけではありませんが、気軽に資金調達をはじめれることは大きな特徴でしょう。

付加価値を与えれる

3つ目のトークンの特徴は「付加価値を与えれる」です。

トークンは仮想通貨としての価値以外にも、特別な付加価値を与えて発行することも可能です。

たとえば、企業が発行しているトークンであればサービスの代金として支払いができるなど、発行者が自由に設定できます。

バイナンスコインをはじめとした「取引所」が発行しているトークンは、手数料の割引や特別なサービスを利用できるなど、お得に取り引きできる機能が付与されていることが多いので、積極的に利用しておいた方がいいでしょう

仮想通貨トークンの種類

チャートとビットコイン

トークンには、以下5つの種類があります。

  • 通貨型トークン
  • 会員権型トークン
  • プリペイド型トークン
  • ファンド持分型トークン
  • プラットフォーム型トークン

それぞれ詳しく紹介していきます。

通貨型トークン

「通貨型トークン」とは、その名の通り、通貨として利用することのできるトークンです。

ビットコインやネム、リップルなどが代表的な通貨型トークンでしょう。

通貨のように幅広い用途を目的として開発されたトークンが分類されます

会員権型トークン

保有数に応じて、さまざまな特典があるトークンが「会員権型トークン」です。

システムは、株主優待に似ているでしょう。

ICOで利用されることが多く、何らかのサービスの対価として発行されるトークンが分類されます

プリペイド型トークン

「プリペイド型トークン」は、発行している企業や団体、個人が提供している商品やサービスの購入に利用できます

交通系IC「Suica」のように、事前に入金しておいた金額だけサービスを利用できることが「プリペイド型」と呼ばれている理由です。

商品やサービスがリリース前だと適正な価値基準がなく、価値の変動が激しい特徴があります。

ファンド持分型トークン

実在する通貨の価値に連動するトークンを「ファンド持分型トークン」といいます

USドルと連動しているテザーやステーブルコインなどが、代表的なファンド持分型トークンです。

また、原油価格と連動した仮想通貨など、特殊なファンド持分型トークンも存在しています。

プラットフォーム型トークン

実在するプラットフォームのサービスを利用するために発行されたトークンを「プラットフォーム型トークン」といいます

イーサリアムが発行している「イーサ」が代表的なプラットフォーム型トークンです。

個人でトークンを購入するメリット

地面に置かれたビットコイン

仮想通貨取引の経験が浅い人は、トークンからはじめてみることをおすすめします。

個人がトークンを購入するメリットは、主に以下の3つです。

  • 売却時に利益を得られる可能性がある
  • さまざまな利用方法がある
  • 少額から購入が可能

それぞれ詳しく紹介していきます。

売却時に利益を得られる可能性がある

1つ目のトークンを購入するメリットは「売却時に利益を得られる可能性がある」です。

トークンといっても個人で購入するなら運用方法は仮想通貨と同じで「安く買って高く売る」が基本です。

トークンはビットコインなどのメジャーな仮想通貨と比べて、安い商品が多いので、初心者でも取り扱いやすいでしょう。

詐欺コインなどには注意が必要ですが、発行時の価格から数百倍以上に価値が膨れ上がったトークンもあるので、少ない資産で大きなリターンを求めている人におすすめです。

さまざまな利用方法がある

2つ目のトークンを購入するメリットは「さまざまな利用方法がある」です。

発行している企業や団体、個人によって異なりますが、トークンにはさまざまな利用方法が用意されています。

他の通貨との交換や手数料の割引、オンラインカジノでチップとして利用できるなど、通常の仮想通貨とは違った使い方ができることもトークンの魅力です

少額から購入が可能

3つ目のトークンを購入するメリットは「少額から購入が可能」です。

取り扱っている取引所の最低取引額によって金額は変動しますが、トークンは少額から購入できることがほとんどです。

メジャーな仮想通貨や株式などよりも、はるかに安い金額からはじめられるので、資産に余裕がない人やリスクを抑えて実践経験を積みたい人におすすめできます

仮想通貨トークンの買い方

本とビットコイン

トークンを取り扱っている国内の取引所は、まだまだ多くありません。

そのため、トークンを購入するためには、以下の手順をおこなう必要があります。

  1. 国内取引所で口座を開設
  2. 海外取引所の口座を開設
  3. 国内取引所でビットコインを購入
  4. 海外取引所にビットコインを送金
  5. ビットコインでトークンを購入

海外の取引所では日本円での取り引きができないため、国内の取引所でビットコインを購入・送金しなくてはいけません。

しかし、最近では日本語に対応している海外の取引所も増えてきているので、英語が苦手な人でも問題ないでしょう

その中でも特におすすめな海外の取引所は「バイナンス」です。

>>草コインを探すならBinance一択!
いますぐ話題の仮想通貨をホールドしましょう。<<<

※Binanceは世界最大級の仮想通貨取引所です。

バイナンスは2017年に設立された海外の仮想通貨取引所で、サービス開始から半年で600万人以上の人が登録しています

世界一の仮想通貨取引所」とも呼ばれているほどで、取引所に強いこだわりがないなら「バイナンス」で口座開設しておきましょう。

バイナンスで取り扱っている代表的なトークン「バイナンスコイン」の詳しい買い方は以下の記事で解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 仮想通貨バイナンスコイン/BNBの買い方を知りたい 仮想通貨バイナンスコイン/BNBを購入するのにおすすめの取引所は? 仮想通貨バイナンスコイン/BNBの特徴や将来性が知りたい上[…]

2枚のビットコイン

仮想通貨トークンの注意点

財布とビットコイン

それでは最後に、トークンを購入するときの注意点について紹介していきます。

仮想通貨の中では比較的、リスクの少ないトークンですが、以下の2つには注意しておきましょう。

  • 法律の整備が追いついていない
  • 詐欺コインも存在している

それぞれ詳しく紹介していきます。

法律の整備が追いついていない

トークンの注意点その1は「法律の整備が追いついていない」です。

トークンに限った話ではありませんが、仮想通貨に関する法律は明確に定められていません。

「仮想通貨」という概念ができてから時間があまり経っていないので、悪意ある業者によって詐欺に遭っている人もいます。

この記事でも紹介している「ICO」に関する法律もないので、取り引きする際には入念なリサーチが欠かせません

最新技術が故に、悪用する人がいることを知っておきましょう。

詐欺コインも存在している

トークンの注意点その2は「詐欺コインも存在している」です。

仮想通貨はブロックチェーン技術のおかげで透明性が非常に高く、詐欺は不可能とされていました。

しかし、さまざまな手口によって被害に遭っている人がいるのも事実です。

そもそも詐欺コインの定義は明確にされていませんが、資金調達のためだけに発行した未公開の仮想通貨を購入してもらい、約束していた期間を過ぎても公開せずに資金を持ち逃げするのが一般的な手口です

このような詐欺コインの被害に遭っても、資産は返ってこないでしょう

基本中の基本ですが、仮想通貨は「自己責任」でおこなう必要があります。

少しでも怪しいと感じることがあれば、購入しないようにしておきましょう。

まとめ:トークン=既存のブロックチェーンを活用して発行された仮想通貨

たくさんのビットコイン

今回はトークンと仮想通貨の違いや特徴、種類や買い方についてお伝えしました。

最後にトークンのおさらいをしておきましょう。

仮想通貨における「トークン」とは、既存のブロックチェーン技術を活用して開発された仮想通貨のことを指します

ビットコインやイーサリアムなどの一般的な仮想通貨との違いは「独自のブロックチェーンを持っているかどうか」です。

企業や団体だけでなく、個人でも発行できることから、さまざまな業界から注目を集めています。

少額での購入も可能ですが、リスクもゼロではありません。

取り扱うときはしっかりとリサーチをおこない、十分に注意しておきましょう

>>草コインを探すならBinance一択!
いますぐ話題の仮想通貨をホールドしましょう。<<<

※Binanceは世界最大級の仮想通貨取引所です。