スタックス/STXの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨スタックス/STXの買い方を知りたい
  • 仮想通貨スタックス/STXを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨スタックス/STXの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨スタックス/STXの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

スタックス/STXとは

Stacks 買い方

スタックス/STXは「Block stacks」という名前でローンチされたプロジェクトです。

2022年2月時点で時価総額は28億5936万ドル、世界ランキングは53位となっています。

通貨名スタックス
通貨シンボルSTX
特徴

 

  • ビットコインにスマートコントラクト「Clarify」を導入
  • StacksとDApps(分散型アプリ)
  • コンセンサスアルゴリズムにPoXを採用
  • ユニバーサルIDによるログインの簡素化
  • スタッキング報酬でビットコインが稼げる
  • マイニング報酬でSTXトークンが稼げる
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://www.stacks.co/

スタックス/STXの特徴

Stacks 買い方

ここからは、スタックスの特徴を紹介していきます。

スタックスの主な特徴は、以下の6つです。

  • ビットコインにスマートコントラクト「Clarify」を導入
  • StacksとDApps(分散型アプリ)
  • コンセンサスアルゴリズムにPoXを採用
  • ユニバーサルIDによるログインの簡素化
  • スタッキング報酬でビットコインが稼げる
  • マイニング報酬でSTXトークンが稼げる

それぞれ詳しく紹介していきます。

ビットコインにスマートコントラクト「Clarify」を導入

スタックスの特徴、1つ目は「ビットコインにスマートコントラクト”Clarify”を導入」です。

スマートコントラクトとは?
スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で契約を自動的に実行する仕組みのことです。
これは自動販売機でボタンを押した瞬間に、飲み物の売買契約が成立するイメージと似ています。

ビットコインにスマートコントラクトを導入するために開発された仮想通貨が、スタックスです。

誰も介さずに、ユーザー間でやりとりが完結するためのシステムである「Clarify」を導入しています。

StacksにDApps(分散型アプリ)を導入予定

スタックスの特徴、2つ目は「StacksにDApps(分散型アプリ)を導入予定」です。

dAppsはdecentralized applicationsの略で、ブロックチェーンを利用したサービスを提供するアプリケーションことを指します。

これはスマートコントラクトを利用した仕組みで、以下のような特徴があります。

  • ネットワーク上の参加者の合意によってすべてが決定する自立型のアプリケーション
  • 管理者は存在せず参加者に分散管理されている
  • 誰でも開発に参加できる
  • 自由に交換することのできるトークンの発行
  • トークンのやり取りを自動で行う仕組みが構築

分散型ということから、金融型アプリケーションなどでも利用されています。

コンセンサスアルゴリズムにPoXを採用

スタックスの特徴、3つ目は「コンセンサスアルゴリズムにPoXを採用」です。

市場的にも大きいビットコインと接続しているコンセンサスアルゴリズムのため、セキュリティも高いといえます。

ユニバーサルIDによるログインの簡素化

スタックスの特徴、4つ目は「ユニバーサルIDによるログインの簡素化」です。

ユニバーサルIDとはスタックス上で統一されている、IDやパスワードを入力するシステムを指します。

従来のように異なるアプリケーションで同じIDやパスワードを設定すると、セキュリティが脆弱になりますよね。

しかしスタックスなら、同一の場所から提供されたアプリケーションなので簡単で安全にIDやパスワードを入力できます。

スタッキング報酬でビットコインが稼げる

スタックスの特徴、5つ目は「スタッキング報酬でビットコインが稼げる」です。

スタッキングという名前ではありますが、これはステーキングと同じことを指します。

ステーキングとは?
現実世界の通貨でいうところの「銀行」で、仮想通貨を預けて利率を報酬として受け取る仕組みのこと。
ただ年利0.001%の銀行と比較すると、国内取引所なら5%、海外取引所なら倍近くの金利となります。

つまり元手として多額のスタックスを保有していると、預けているだけで利益(ビットコイン)が多く受け取れるでしょう。

マイニング報酬でSTXトークンが稼げる

スタックスの特徴、6つ目は「マイニング報酬でSTXトークンが稼げる」です。

先述したPoXは、マイニング時にビットコインが必要になります。

必要なビットコインをスタックスに送金することでマイニングされ、報酬が得られるという仕組みです。

スタックス/STXが購入できるおすすめの取引所はバイビット

Stacks 買い方

スタックス/STXを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

スタックス/STXの買い方/購入方法

Stacks 買い方

ここからはスタックス/STXの買い方について紹介していきます。

今回はスタックス/STXを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

スタックス/STXを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでスタックス/STXを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

 

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

 

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

 

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでスタックス/STXを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からスタックス/STXをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からスタックス/STXをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「STXを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、スタックス/STXの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

スタックス/STXの将来性

Stacks 買い方

結論からいうと、スタックスは将来性が高いといえます。

なぜなら従来ではできないといわれていた、ビットコインへのスマートコントラクト実装を可能にしたからです。

現在はそこまで価格高騰していないものの、希少性の高さを考えれば10倍以上跳ね上がると考えるのが妥当でしょう。

スタックスが人気になればマイナーへのインセンティブも高まり、さらに新規ユーザーが参入してくるといった好循環になるかもしれません。

スタックス/STXの買い方、特徴、将来性まとめ

Stacks 買い方

今回は、仮想通貨スタックス/STXの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

スタックス/STXは「Block stacks」という名前でローンチされたプロジェクトです。

  • ビットコインにスマートコントラクト「Clarify」を導入
  • StacksとDApps(分散型アプリ)
  • コンセンサスアルゴリズムにPoXを採用
  • ユニバーサルIDによるログインの簡素化
  • スタッキング報酬でビットコインが稼げる
  • マイニング報酬でSTXトークンが稼げ

といったように、今後にも期待できる特徴が多いといえます。

さらに伸びていく可能性を秘めているので、購入しやすい価格のうちに投資することをおすすめします。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】