シアコイン/SCの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨シアコイン/SCの買い方を知りたい
  • 仮想通貨シアコイン/SCを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨シアコイン/SCの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨シアコイン/SCの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

シアコイン/SCとは

SC 買い方

シアコインとは、個人のパソコンの空き容量を、必要としている企業に貸し出して報酬が得られる、分散型ストレージサービスです。

個人が持っているパソコンの空き容量の有効活用を目指して、2015年に公開されました。

シアコインを利用している全てのユーザーが、ファイルの使用を考えている企業に対して、未使用ハードドライブスペースの貸し出しが可能です。

シアコインを利用することで

  • 貸し出した側=報酬としてシアコインを受け取れる
  • 借りる側=従来のクラウドサービスよりも、低コストで利用できる

といったメリットがあります。

これまでGoogleクラウドやDropboxなど、中央集権的なストレージサービスが主流でした。

今後はブロックチェーン技術を活用した、分散型ストレージサービスとして浸透していくのではないかと注目が集まっています。

また、シアコインは発行上限がない珍しい仮想通貨です。

通貨名

シアコイン

通貨シンボルSC
特徴
  • これまでのストレージサービスより安価かつ安心して使用できる
  • PoBを採用している
  • セキュリティ面が優秀
  • 企業にのみ貸し出ししている
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://sia.tech/

シアコイン/SCの特徴

SC 買い方

ここからは、シアコインの特徴を紹介していきます。

シアコインは、飽和状態となっているクラウドサービスの問題を解決するために開発された仮想通貨です。

リードエンジニアであるDavid VorickとLuke Champineが、共同で開発したシアコインですが、どういった特徴があるのでしょうか。

シアコインの特徴は、以下の4つです。

  • これまでのストレージサービスより安価かつ安心して使用できる
  • PoBを採用している
  • セキュリティ面が優秀
  • 企業にのみ貸し出ししている

ひとつずつ詳しく解説していきます。

これまでのストレージサービスより安価かつ安心して使用できる

シアコインは、個人のパソコンを企業へ貸し出すサービスに「Sia」があります。

Siaを活用して、空いているストレージを貸し出すことで、報酬としてシアコインを受け取れます。

これまでの

  • Googleドライブ
  • Dropbox

といった中央集権的な企業のサービスを利用する際は、管理者に利用料を支払わなければいけませんでした。

シアコインの公式サイトによると、料金はこれまでの10分の1で利用できるそうです。

企業側にとって、安くストレージを利用できる点は大きなメリットと言えます。

余っている容量を貸し出すだけで、シアコインを報酬として受け取れるサービスは、とてもお得です。

「自分のパソコンの中身を知られるのでは?」と不安になりがちですが、情報は暗号化されているので、ハッキング等のリスクも心配ありません。

PoBを採用している

シアコインは、発行上限を設けていないことから、PoB(Proof of Burn)を採用しています。

PoB(Proof of Burn)とは、通貨を消滅させる取引を記録して、新たな通貨を発行するという意味です。

シアコインが過剰に発行されて、通貨の価値が下がらないように、文字通り「焼却」してしまいます。

結果、通貨価格が安定的に保たれるというわけです。

PoB(Proof of Burn)は、発行上限がないシアコインのインフレを抑える役割を果たしています。

セキュリティ面が優秀

シアコインは、ブロックチェーン技術を活用しているため、セキュリティ面が優秀です。

これまでの中央集権型のストレージサービスでは、

  • 情報漏洩
  • ハッキング

といった、セキュリティ面でリスクが付きまとっていました。

シアコインのような

分散型のストレージサービスは、秘密鍵によって管理されています。

秘密鍵とは、自分が特定の通貨所有者であると証明するための暗号コードです。

Siaネットワークを介した保存されたファイルは

  • 小さく断片的にされる
  • ファイルの1部分のみが、1つのハードドライブに保存される
  • 保存されたデータは、暗号化されている

ため、データへ不正にアクセスされる心配はありません。

企業にのみ貸し出ししている

シアコインは、ストレージの貸し出しを個人ではなく、企業にのみ行っています。

貸し出す側からすれば、個人よりも企業の方が、大きな利益を安定的に得られるからでしょう。

個人向けのストレージサービスもありますが、企業のみで貸し出ししている点は、シアコインの特徴です。

シアコイン/SCが購入できるおすすめの取引所はバイビット

SC 買い方

シアコインを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

シアコイン/SCの買い方/購入方法

SC 買い方

ここからはシアコインの買い方について紹介していきます。

今回はシアコインを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

シアコインを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでシアコインを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

 

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

 

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでシアコインを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からシアコインをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からシアコインをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「シアコインを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、シアコインの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

シアコイン/SCの将来性

SC 買い方

シアコインの将来性は、競合通貨とどのようにして差別化を図っていけるかで、左右するでしょう。

類似コインにファイルコイン(Filecoin)がありますが、時価総額ランキングで常にシアコインより上位に位置しています。

  • 企業だけでなく、個人に対してもストレージを提供できるか
  • 仮想通貨取引所に上場できるか
  • 既存のクラウドサービスから顧客を奪えるか

といった点が、今後のシアコインの課題です。

しかし、既存の中央集権型ストレージサービスには、高額な利用料やハッキングなどの問題を抱えています。

シアコインは、分散型ストレージサービスであるため、従来の問題を解決できるのではと注目されています。

今後は競合通貨との差別化が、重要なポイントです。

シアコイン/SCの買い方、特徴、将来性、まとめ

SC 買い方

今回は、仮想通貨シアコイン/SCの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

シアコインは、個人のパソコンの空き容量を、必要としているユーザーに貸し出して報酬を得られる、分散型ストレージサービスです。

  • これまでのストレージサービスより安価かつ安心して使用できる
  • PoBを採用している
  • セキュリティ面が優秀
  • 企業にのみ貸し出ししている

といった特徴からも、既存の中央集権的なストレージサービスよりも、安心で安価なサービスを提供しています。

現状は、個人向けにストレージの貸し出しがされていない点も、今後のプロジェクトを左右するポイントです。

しかし、余っている容量を貸し出すだけで、シアコインを受け取れるので、ストレージが余っている人は、購入を検討してみてください。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】