レンダートークン/RNDRの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨レンダートークン/RNDRの買い方を知りたい
  • 仮想通貨レンダートークン/RNDRを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨レンダートークン/RNDRの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨レンダートークン/RNDRの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

レンダートークン/RNDRとは

RNDR 買い方

レンダートークンとは、イーサリアムブロックチェーン上に構築された、分散型GPUレンダリングネットワークサービスです。

レンダーは、仮想未来と現在のグラフィックスの間にあるギャップを埋めることを目的としています。

レンダーの親会社であるオトイは、2010年からレンダリング技術を開発しており、分散型クラウドレンダリングとして、レンダートークンを活用した報酬設計プロジェクトを開発しました。

レンダリングとは、コンピューターを使用して画像や音楽、映像などを描写することを言います。

レンダーは、

  • 親会社であるオトイが、レンダリング経験豊富
  • アドバイザーに、GoogleのCEOや有名映画監督が在籍

といった点で、今後に注目したい仮想通貨です。

2022年2月に、仮想通貨取引所であるコインベースに上場を果たしています。

通貨名

レンダートークン

通貨シンボルRNDR
特徴
  • ネットワークのスケーラビリティ化
  • 作品は著作権管理される
  • 貢献度に応じてレンダートークンが配布される
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://rendertoken.com/

レンダートークン/RNDRの特徴

RNDR 買い方

ここからは、レンダートークンの特徴を紹介していきます。

レンダートークンは、インターネットネイティブのアセットとして組み込まれているブロックチェーンです。

2020年にリリースされたばかりの、新しいプロジェクトですが、どういった特徴があるのでしょうか。

レンダートークンの特徴は、以下の3つです。

  • ネットワークのスケーラビリティ化
  • 作品は著作権管理される
  • 貢献度に応じてレンダートークンが配布される

ひとつずつ詳しく解説していきます。

ネットワークのスケーラビリティ化

レンダートークンは、システムやネットワークの規模が増大した際に発生する、スケーリングに対応できます。

これまでのレンダリングテクノロジーには

  • ローカル
  • ネットワーク
  • クラウド

のレンダリングに制限があるため、スケーリンが難しいとされていました。

分散型GPUレンダリングであるレンダートークンは、世界中のGPUを効率的に活用できます。

作品は著作権管理される

レンダートークンでは、アーティストが作成した作品や設計を保存、または自由にアクセスできます。

アーティストは、ブロックチェーン上に構築された分散型GPUネットワークを通じて、保存・アクセスが可能です。

また、レンダートークンは作品を制作するだけでなく、販売もできます。

貢献度に応じてレンダートークンが配布される

レンダートークンは、GPUを使用してレンダリング作業を行い、貢献したユーザーに対してレンダートークンが報酬として支払われます。

  • 提供ユーザーは、余っているGPUリソースをレンダートークンと引き換えに提供する
  • 享受したユーザーは、GPUパワーを使ってピア•ツー•ピアネットワーク上で分散してレンダリング処理する

といったエコシステムを生み出せます。

ピア•ツー•ピアは、サーバーを介さずパソコンやスマートフォンなどの端末同士で通信を行う、という意味です。

レンダートークンのエコシステムによって、

  • 使っていないGPUリソースの有効活用
  • 低コストで大量のGPUレンダリングパワーの利用

2つの問題を解決しました。

レンダートークン/RNDRが購入できるおすすめの取引所はバイビット

RNDR 買い方

レンダートークンを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

レンダートークン/RNDRの買い方/購入方法

RNDR 買い方

ここからはレンダートークンの買い方について紹介していきます。

今回はレンダートークンを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

レンダートークンを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでレンダートークンを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

 

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

 

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでレンダートークンを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からレンダートークンをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からレンダートークンをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「レンダートークンを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、レンダートークンの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

レンダートークン/RNDRの将来性

RNDR 買い方

レンダートークンは、

  • 親会社が、レンダリング経験豊富なオトイ
  • アドバイザーとして、GoogleのCEOや有名映画監督が在籍

といった点からも、将来性に期待が集まっています。

トレンドとなりつつあるNFT分野で、3Dアートとして積極的な事業展開されていくのではないか、と言われています。

デジタルの世界では、レンダリングは欠かせない機能です。

今後は、より一層レンダートークンのプロジェクトに注目が集まると予測されます。

レンダートークン/RNDRの買い方、特徴、将来性、まとめ

RNDR 買い方

今回は、仮想通貨レンダートークン/RNDRの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

レンダートークンは、イーサリアムブロックチェーン上に構築された、分散型GPUレンダリングネットワークサービスです。

  • ネットワークのスケーラビリティ化
  • 作品は著作権管理される
  • 貢献度に応じてレンダートークンが配布される

といった特徴から、開発者や企業のレンダリングプロセスを簡素化して、ユーザーを相互に接続できるプラットフォームと言えます。

画像や音楽、映像など芸術の世界で重要な存在になるのではないかと注目されています。

現状は、レンダートークンは知名度や時価総額は高くなく、個人投資家の参入も低いです。

投資する際は、市場やプロジェクトの動向に考慮した上で、通貨を購入しましょう。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】