レン/RENの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨レン/RENの買い方を知りたい
  • 仮想通貨レン/RENを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨レン/RENの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨レン/RENの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

レン/RENとは

REN 買い方

レンとは、分散型金融(DeFi)上にあるトークンに相互互換性を持たせられるプロトコルです。

分散型金融(DeFi)エコシステムの実用性を、高めることを目的としています。

2017年に、Republic Protocolプラットフォームとして開発され、ダークプール上で非公開取引の実現を目標としていました。

しかし、2020年に現在のRen Prtocolに名称を変更して、プロジェクト内容や方針も変えています。

レンは複雑なプラットフォームと言われていますが、

  • 理解する上で、いくつかの要素を持っている
  • 分散型金融(DeFi)を利用する上で便利な点が多い

という点から、長年注目されているプロジェクトです。

通貨名

レン

通貨シンボルREN
特徴
  • 独自に開発したバーチャルマシーン上に構築した「RenVM」
  • チェーン間で送金を可能にする「Darknodes」
  • 取引のマッチングはノードが実行
  • プライバシー守る「zkSNARK」
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://renproject.io/

レン/RENの特徴

REN 買い方

ここからは、レンの特徴を紹介していきます。

レンは、DeFiエコシステムの中で発生する相互互換性問題を改善するために、立ち上がったプロジェクトです。

2017年のリリース後、名称やプロジェクト内容を変更したレンですが、どういった特徴があるのでしょうか。

レンの特徴は、以下の4つです。

  • 独自に開発したバーチャルマシーン上に構築した「RenVM」
  • チェーン間で送金を可能にする「Darknodes」
  • 取引のマッチングはノードが実行
  • プライバシー守る「zkSNARK」

ひとつずつ詳しく解説していきます。

独自に開発したバーチャルマシーン上に構築した「RenVM」

レンは、独自ネットワークである「RenVM」によって、構築されています。

RenVM(Ren Vurtual Machine)とは、分散型の相互運用性問題を解決する独自ネットワークです。

RenVMの導入によって、

  • 1つのトランザクションで異なるブロックチェーン間の送金ができる
  • 開発者が分散型アプリケーション(dApps)にクロスチェーン機能を導入できる

といったメリットがあります。

チェーン間で送金を可能にする「Darknodes」

レンでは、独自ネットワークであるRenVMが利用される際に、「Darknodes」という分散型ネットワークを利用しています。

ユーザーがDarknodesネットワークに参加することで、

  • 計算能力
  • ストレージ容量
  • ネットワーク帯域幅

が提供される仕組みです。

また、Darknodesネットワークに参加したユーザーは、報酬としてレントークンを受け取れます。

ネットワークに参加するには、100,000レンをステーキングしなければいけません。

取引のマッチングはノードが実行

レンのダークプールは、ネットワークを支えて、他者を接続しているノード(コンピューター)によって実行されます。

ダークプールとは、機関投資家が市場に気づかれずに、大規模な取引ができる場所という意味です。

これまで株式のダークプールは、投資家同士のマッチングは証券会社によって実行されていました。

レンの場合、投資家が注文を出す際は手数料をレンで支払い、ノード保有者が受け取ることでマッチングが成立します。

  • 手数料が多いほど、優先的にマッチングできる
  • ネットワークを使用する際は、デポジットとしてレンが必要
  • デポジットしたレンは、不正行為が発覚すると没収

といったメリットや防止策が施されています。

プライバシー守る「zkSNARK」

レンには、プライバシーを保護する「zkSNARK」が採用されています。

zkSNARK(Zero Knowledge – Succinct Non-interactive ARgument of Knowledge)とは、相手に情報は公開されないが、情報自体を知っていることを証明する技術です。

zkSNARKによって、利用者の支払い情報が第三者に知られる心配はありません。

ビットコインやイーサリアムのように、支払い情報が世界中に公開されない取引を可能にしました。

レン/RENが購入できるおすすめの取引所はバイビット

REN 買い方

レンを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

レン/RENの買い方/購入方法

REN 買い方

ここからはレンの買い方について紹介していきます。

今回はレンを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

レンを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでレンを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

 

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

 

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでレンを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からレンをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からレンをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「レンを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、レンの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

レン/RENの将来性

REN 買い方

レンは、RenVMによりさまざまなブロックチェーンを管理できる点から、将来性に期待できます。

仮想通貨を非公開で取引できる点も、第三者に知られる心配がないので、期間投資家にとってメリットです。

競合プロジェクトとして、ポルカドットとコスモスが挙げられますが、レンは相互互換性問題を解決するためのプロジェクトや開発に特化している点から、差別化できていると言えます。

ただ、ポルカドットやコスモスは分散型金融(DiFi)サービス構築に特化しているので、シェア率が高いです。

今後レンが、どういった戦略で競合の仮想通貨との優位性を示せるか、注目が集まっています。

レン/RENの買い方、特徴、将来性、まとめ

REN 買い方

今回は、仮想通貨レン/REMの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

レンは、分散型金融(DeFi)上にあるトークンに相互互換性を持たせられるプロトコルです。

  • 独自に開発したバーチャルマシーン上に構築した「RenVM」
  • チェーン間で送金を可能にする「Darknodes」
  • 取引のマッチングはノードが実行
  • プライバシー守る「zkSNARK」

といった特徴からも、相互互換性問題を解決しうるでしょう。

ポルカドットやコスモスが競合通貨ではありますが、今後のレンの戦略に期待がかかっています。

これからプロジェクトの戦略次第では、優位性が逆転する可能性も考えられます。

現在は、日本の仮想通貨取引所に上場していないので、気になる方は、上場している海外取引所から購入してみましょう。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】