リーフ/REEFの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨リーフ/REEFの買い方を知りたい
  • 仮想通貨リーフ/REEFを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨リーフ/REEFの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨リーフ/REEFの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

リーフ/REEFとは

REEF 買い方

リーフとは、さまざまな分散型金融(DeFi)アプリケーションを集約して、ユーザーアクセスを容易にするために開発されたプラットフォームです。

リーフでは「分散型金融(DiFi)エコシステムの簡素化」を目標にしています。

リーフのプラットフォーム内に、資産の

  • 購入
  • トレード
  • ローン
  • ステーキング
  • 借り入れ

ができます。

プラットフォームの開発経緯は、2021年の分散型金融(DeFi)ブームです。

質の高いアプリケーションが多く発表されましたが、

  • 専用ソフトウェアをインストールしなければ利用できない
  • 複数アプリケーションを利用する際は、多くの専用ソフトが必要になる

という問題が発生しました。

これらの問題を解決するべく、リーフは複数の分散型金融(DiFi)アプリケーションにアクセスできる1つのインターフェイスの開発・運用を行っています。

通貨名

リーフ

通貨シンボルREEF
特徴
  • 流動性が高い
  • ポルカドット上に構築されている
  • DeFiのエコシステムになるのが目的
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://reef.io/

リーフ/REEFの特徴

REEF 買い方

ここからは、リーフの特徴を紹介していきます。

リーフは、多くの分散型金融(DiFi)アプリケーションが誕生したことで発生した問題を解決するために、活動しているプロジェクトです。

分散型金融(DiFi)アプリケーションを集約して、ストレスない体験の実現を目指しているリーフですが、どういった特徴があるのでしょうか。

リーフの特徴は、以下の3つです。

  • 流動性が高い
  • ポルカドット上に構築されている
  • DeFiのエコシステムになるのが目的

ひとつずつ詳しく解説していきます。

流動性が高い

リーフは、取引所であるCEXとDEXを活用しており、流動性が高いです。

  • CEC(Centralized Exchange)は中央集権型の取引所
  • DEX(Decentralized Exchange)は分散型の取引所

を指します。

中央集権的な取引所の流動性は、ブローカーサービスを通じてアクセスされています。

分散型取引所の流動性は、オーダーブックやオンラインのAMMから得られる仕組みです。

流動性を集約することで、市場操作やフロントランニングといった問題から、ユーザーを守る役割を果たしています。

また、リーフエコシステム内の流動性を集約するために、ポルカドットアトミックブリッジを使用しています。

ポルカドットアトミックブリッジを活用することで

  • 中央集権的な取引所と非中央集権的な取引所を含められる
  • 快適な流動的なアクセスをユーザーに提供できる
  • スプレッドやスリッページを低く抑えられる

といった点がメリットです。

リーフは、2つの性質を持った取引所を活用して、高い流動性を実現しました。

ポルカドット上に構築されている

リーフのプラットフォームは、ポルカドット上に構築されています。

理由は、過剰な取引時間と高騰する手数料をもたらすスケーラビリティ問題を避けるためです。

多くの分散型金融(DiFi)プロジェクトが、イーサリアムネットワーク上に構築されています。

イーサリアムネットワークを使用した場合

  • 取引スピード
  • 取引コスト

が問題に挙げられます。

リーフでは、ユーザーベースの利益を考えた結果、ポルカドットを選択しました。

ポルカドットを選択したことで、相互運用性の向上につながっています。

結果として、さまざまなネットワークから製品やサービスを取り込む機能が実現されました。

DeFiのエコシステムになるのが目的

リーフは、分散型金融(DeFi)のエコシステムになるのが目的です。

ユーザー全員が、快適にアクセスできるプラットフォームを目指しており、分散型金融(DiFi)エコシステムの簡素化に向けて、運用・開発を行っています。

初心者の方にも仮想通貨を管理できるように、プラットフォーム内に

  • AI駆動のシステムを搭載
  • 色々なリスクレベルに対応できるように、カスタマイズを柔軟にできる

といった設計になっているので、ポートフォリオに合わせた設定が可能です。

エコシステム内の手数料を支払う際は、独自トークン「リーフ」を使用します。

支払い以外に、ガバナンストークンや利益の支払いとしての利用も可能です。

また、ポルカドットを使用しているので、プラットフォーム全体がハッキングや盗難といった悪意ある攻撃から守られています。

リーフ/REEFが購入できるおすすめの取引所はバイビット

REEF 買い方

リーフを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

リーフ/REEFの買い方/購入方法

REEF 買い方

ここからはリーフの買い方について紹介していきます。

今回はリーフを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

リーフを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでリーフを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

 

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

 

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでリーフを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からリーフをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からリーフをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「リーフを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、リーフの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

リーフ/REEFの将来性

REEF 買い方

リーフの将来性は、長期的に見た際に十分あります。

分散型金融(DiFi)はさまざまなメリットがあり、今後の発展スピードがリーフの通貨価格に影響するでしょう。

2021年以降も、さまざまな分散型金融(DiFi)アプリケーションが多数開発されており、市場の拡大は続いています。

  • 分散型金融(DeFi)アプリケーションをまとめる機能
  • ユーザーアクセスが簡単なプラットフォーム

であるリーフの需要も増えていく可能性があります。

2021年4月には、ゲーム通信販売大手会社Steamとのプロジェクトを発表しました。

Steamとの提携が完了した場合、

  • Steam内で使用できるNFTをリーフが担当する
  • リーフの通貨価格が上昇する

といった点がメリットです。

今後の価格高騰する可能性が十分あるプロジェクトとされています。

リーフ/REEFの買い方、特徴、将来性、まとめ

REEF 買い方

今回は、仮想通貨リーフ/REEFの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

リーフは、さまざまな分散型金融(DeFi)アプリケーションを集約して、ユーザーアクセスを容易にするために開発されたプラットフォームです。

  • 流動性が高い
  • ポルカドット上に構築されている
  • DeFiのエコシステムになるのが目的

といった特徴があり、長期的に見て価格が高騰するのではと言われています。

リーフのプロジェクトは、初心者の方でも簡単に管理できる分散型金融(DiFi)エコシステムです。

アプリケーションが出続ければ、リーフの需要増加につながるかもしれません。

今後のプロジェクトや価格変動に注目しつつ、購入することをおすすめします。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】