クアンタム/QTUMの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨クアンタム/QTUMの買い方を知りたい
  • 仮想通貨クアンタム/QTUMを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨クアンタム/QTUMの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨クアンタム/QTUMの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

クアンタム/QTUMとは

QTUM 買い方

クアンタムとは、匿名性の高いオープンソースブロックチェーンを利用した仮想通貨です。

仮想通貨時価総額ランキング上位である

  • 1位ビットコイン
  • 2位イーサリアム

それぞれの良いとされる特徴を、複合して作られたユニークな通貨と言われています。

ブロックチェーンが抱えるスケーラビリティ問題の解決だけでなく、

  • ブロックチェーン経済圏の構築
  • 産業効率の改善

などの促進を目標に、活動しているプロジェクトです。

クアンタムは、ビジネス向けを想定して開発されており、ICOによる資金調達方法でリリースされました。

創設者は、中国大手企業アリババでチーフ経験のあるPatrick Daiです。

プロジェクトの開発には、AWS技術メンバーとクアンタム技術メンバーの提携で開発が進められており、信頼が厚い開発環境が整っています。

通貨名

クアンタム

通貨シンボルQTUM
特徴
  • 匿名性やプライバシーが高い
  • イーサリアムに次いでのノード数
  • ビットコインとイーサリアム両方の特徴を持っている
  • プルーフオブステーク(PoS)を採用
  • 分散型アプリケーション(dApps)を作成できる
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://qtum.org/en

クアンタム/QTUMの特徴

QTUM 買い方

ここからは、クアンタムの特徴を紹介していきます。

クアンタムは、ビットコインとイーサリアムのいいところを併せ持った仮想通貨です。

2016年にプログラムが公開されており、改変や再配布可能な仮想通貨ですが、具体的にどのような特徴があるのでしょうか。

クアンタムの特徴は、以下の5つです。

  • 匿名性やプライバシーが高い
  • イーサリアムに次いでのノード数
  • ビットコインとイーサリアム両方の特徴を持っている
  • プルーフオブステーク(PoS)を採用
  • 分散型アプリケーション(dApps)を作成できる

ひとつずつ詳しく解説していきます。

匿名性やプライバシーが高い

クアンタムの残高管理方法は、匿名性やプライバシーが高い「UTXO」を取り入れています。

UTXO(Unspent Transaction Output)とは、ブロックチェーン上に存在する取引データのみを紐付けて計算する、ウォレット残高管理方法です。

ビットコインでも、UTXOの仕組みが採用されています。

個人通帳に残高が記載されている仕組みと違い

  • 誰がお金をどれくらい持っているのか、外部からだと分からない
  • プライバシーが高く、ハッキングのリスクが低い

といった点がメリットです。

匿名で複雑な処理が行われながら、取引データは更新されるので、常に新しい情報を確認しながら取引できます。

イーサリアムに次いでのノード数

クアンタムは、2020年3月時点で2,818ノード存在しており、イーサリアムに次ぐノード数となっています。

ノードとは、仮想通貨ネットワークに接続しているコンピューターやサーバーなどの通信機器の総称です。

仮想通貨の場合、中央機関が存在していないので、通貨の価値や送金はノードによって保証されています。

クアンタムは、スマートフォンでも使用できるライトウォレットを採用しており、

  • ダウンロード時間が早い
  • 動作が軽い
  • ストレージ容量を節約

といったメリットがあります。

ノードの分散は、国の規制や災害による悪影響を回避できるので、クアンタムネットワークには、一定の安定性が認められていると言えるでしょう。

ビットコインとイーサリアム両方の特徴を持っている

クアンタムは、ビットコインとイーサリアムの長所となる機能が備わっています。

具体的には

  • UTXO(Unspent Transaction Output)
  • システムの安定性
  • スマートコントラクト機能

を併せ持っています。

一方で、それぞれの短所となる部分には対処している仮想通貨です。

プルーフオブステーク(PoS)を採用

クアンタムは、コンセンサスアルゴリズムにプルーフオブステーク(PoS)を採用しています。

プルーフオブステーク(PoS)とは、ビットコインが抱えている大量電力消費問題を解決して、安全性が高く効率的で環境に優しい承認アルゴリズムです。

仮想通貨取引や送金データを、ブロックチェーンに正しくつなぐ役割もあります。

現状、ビットコインやイーサリアムは、プルーフオブワーク(PoW)を採用しているのですが、今後プルーフオブステーク(PoS)に移行すると言われています。

分散型アプリケーション(dApps)を作成できる

クアンタムは、イーサリアムと同じように分散型アプリケーション(dApps)を作成できます。

分散型アプリケーション(dApps)とは、ソフトウェアをブロックチェーン上に動作させる仕組みです。

イーサリアムの良いとされる特徴や機能を、そのまま使えます。

具体的には

  • 開発者ツール
  • 開発言語

です。

そのため、クアンタムで分散型アプリケーション(dApps)を簡単に開発できるようになりました。

また、MPoS(Mutualized Proof of Stake)のコンセンサスアルゴリズムを採用することで、イーサリアムで発生していたスケーラビリティ問題が発生しにくい仕様になっています。

クアンタム/QTUMが購入できるおすすめの取引所はバイビット

QTUM 買い方

クアンタムを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

クアンタム/QTUMの買い方/購入方法

QTUM 買い方

ここからはクアンタムの買い方について紹介していきます。

今回はクアンタムを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

クアンタムを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでクアンタムを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

 

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

 

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでクアンタムを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からクアンタムをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からクアンタムをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「クアンタムを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、クアンタムの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

クアンタム/QTUMの将来性

QTUM 買い方

クアンタムは、ビジネスの分野で活躍するのでは世界的な企業から期待が集まっています。

AmazonやGoogleプラットフォーム内にも、クアンタムのスマートコントラクトを利用した分散型アプリケーション(dApps)の開発環境が構築されています。

クアンタム最高責任者であるMike Palenciaは「Amazonと連携して、今後もさまざまな企業と提携を結んでいきたい」と述べており、通貨価格に良い影響を与えるのではないでしょうか。

また、クアンタムは中国情勢の影響を受けやすく、将来性が大きく左右する点は注目しなければいけません。

現状の中国は、仮想通貨の取引所を閉鎖して、全面禁止規制をしています。

しかし将来的に、中国が仮想通貨市場に参入した際に、クアンタムは良い影響を受けるので、通貨の高騰や将来性に期待できます。

クアンタム/QTUMの買い方、特徴、将来性、まとめ

QTUM 買い方

今回は、仮想通貨クアンタム/QTUMの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

クアンタムは、匿名性の高いオープンソースブロックチェーンを利用した仮想通貨です。

  • 匿名性やプライバシーが高い
  • イーサリアムに次いでのノード数
  • ビットコインとイーサリアム両方の特徴を持っている
  • プルーフオブステーク(PoS)を採用
  • 分散型アプリケーション(dApps)を作成できる

といった特徴からも、今後はビジネスの分野や決済手段として、活用される日が来るかもしれません。

しかし、中国だけでなく、ビットコインやイーサリアムの影響を受けやすい特性を持っているので、価格の変動は大きいです。

投資する際は、ビットコインやイーサリアム、中国の動向に注目しつつ購入しましょう。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】