ニアプロトコル/NEARの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨ニアプロトコル/NEARの買い方を知りたい
  • 仮想通貨ニアプロトコル/NEARを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨ニアプロトコル/NEARの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨ニアプロトコル/NEARの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

ニアプロトコル/NEARとは

NEAR 買い方

ニアプロトコルとは、分散型アプリケーション(dApps)を運用できるプラットフォームを提供しているプロジェクトです。

スマートコントラクトによる、自動履行機能や、分散型アプリケーション(dApps)の開発分野で使用されることを想定しています。

ニアプロトコルは、イーサリアムと性質が似ており、スマートコントラクトプラットフォームのシェアを占めています。

Rainbowと呼ばれるブリッジを利用することで、ニアプロトコルとイーサリアム間でトークンの移動が可能です。

イーサリアムと高い互換性を持っており

  • 高いトランザクション
  • 低コストの手数料

が実施されています。

通貨名

ニアプロトコル

通貨シンボルNEAR
特徴
  • プロトコル「シャーディング」を実装している
  • ブリッジ機能「Rainbow」を適用
  • 共同出資プロジェクトの立ち上
  • DeFi特化型ファンドの立ち上げ
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://near.org/

ニアプロトコル/NEARの特徴

NEAR 買い方

ここからは、ニアプロトコルの特徴を紹介していきます。

ニアプロトコルは、プロジェクトの成長とともにイーサリアムのライバルになる可能性を持ったプロジェクトです。

2020年4月に誕生した比較的新しい仮想通貨ですが、どのような特徴があるのでしょうか。

ニアプロトコルの特徴は、以下の4つです。

  • プロトコル「シャーディング」を実装している
  • ブリッジ機能「Rainbow」を適用
  • 共同出資プロジェクトの立ち上げ
  • DeFi特化型ファンドの立ち上げ

ひとつずつ詳しく解説していきます。

プロトコル「シャーディング」を実装している

ニアプロトコルは、これまでのブロックチェーンが抱えるスケーラビリティ問題を解決する、シャーディングを取り入れています。

これまでは、ブロックチェーンの容量が小さく、必要なデータ量を搭載できないので、サービスを拡張できないという点が、問題でした。

シャーディングとは、これまで一斉に処理されていたトランザクションを分散させることで、

  • 処理にかかる容量が少なくなる
  • 処理に必要な手数料が安くなる

といった点がメリットです。

ニアプロトコルでは「Nightshade」というシャーディング技術を採用しており、ビットコインの700倍の早さで処理できるとされています。

ブリッジ機能「Rainbow」を適用

ニアプロトコルは、ブリッジ機能である「Rainvow」を適用しています。

Rainbowとは、ニアプロトコルとイーサリアム間でトークンを自由に移動させられる機能です。

イーサリアムネットワークの手数料が高騰する中でも、ユーザーはRainbowを利用することで、

  • 1〜2秒という迅速な承認速度
  • 1円ほどの安価な手数料

といった低いコストで、ニアプロトコルへ資金を移動できます。

また、ニアプロトコルは分散化しているので、どちらかの通貨に変更や修正があった場合も、資金移動は可能です。

ニアプロトコルは「イーサリアムのdApps開発者が、ニアプロトコルに乗り換え」を促進しているようです。

共同出資プロジェクトの立ち上げ

ニアプロトコルは、自社が手がけるプラットフォーム以外にも、別のプロジェクトを立ち上げています。

インド企業Lumos Labsと共同出資プロジェクト「Near India Accelerator」を立ち上げました。

インド国内で、ニアプロトコルを活用したプロジェクトの開発企業に対して、最大10万ドルが支援されるといった内容です。

Near India Acceleratorは、ブロックチェーン分野において、将来有望な企業の発掘と支援を目的にしています。

共同出資プロジェクトには、日本のブロックチェーン企業Fracton Venturesが参加したことで、注目を集めました。

DeFi特化型ファンドの立ち上げ

2021年10月にニアプロトコルは、DeFiに特化したファンドを約910億円で立ち上げました。

ファンドで集まった資金は、エコシステム発展のための取り組みに配分されます。

ファンドは全てのコミュニティが申請できますが、DeFiプロジェクトを中心に資金を提供する方針です。

ファンドの立ち上げてによって、ニアプロトコルのエコシステム開発が活発化して、プロジェクトの発展が期待できます。

ニアプロトコル/NEARが購入できるおすすめの取引所はバイビット

NEAR 買い方

ニアプロトコルを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

ニアプロトコル/NEARの買い方/購入方法

NEAR 買い方

ここからはニアプロトコルの買い方について紹介していきます。

今回はニアプロトコルを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

ニアプロトコルを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでニアプロトコルを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

 

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

 

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでニアプロトコルを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からニアプロトコルをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からニアプロトコルをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「ニアプロトコルを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、ニアプロトコルの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

ニアプロトコル/NEARの将来性

NEAR 買い方

ニアプロトコルは、分散型アプリケーション(dApps)のためのプロットフォームなので、今後の分散型金融(DeFi)やNFTの注目が高まることで、価格上昇へも期待できます。

環境への活動実績としては、他のブロックチェーンでの同じ取引に比べて、約1,300倍の脱炭素の減少に貢献しました。

実績が世界中で評価されて、スイスのSouth Pole社からClimate Neutral Product Labelが授与されています。

また、ユーザーと分散型アプリケーション(dApps)開発者に、使いやすいプラットフォームを提供していると評価されて、ベンチャーキャピタルCVVCの「ブロックチェーン企業トップ50」に選ばれました。

ニアプロトコルの実績や、ベンチャーキャピタルから高い評価を受けている点からも、将来性に期待できます。

ニアプロトコル/NEARの買い方、特徴、将来性、まとめ

NEAR 買い方

今回は、仮想通貨ニアプロトコル/NEARの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

ニアプロトコルは、分散型アプリケーション(dApps)を運用できるプラットフォームを提供しているプロジェクトです。

特徴として

  • プロトコル「シャーディング」を実装している
  • ブリッジ機能「Rainbow」を適用
  • 共同出資プロジェクトの立ち上げ
  • DeFi特化型ファンドの立ち上げ

が挙げられます。

他の仮想通貨と比べて環境への負荷が小さく、イーサリアムの代替通過として注目が集まっている仮想通貨です。

今後はさらにDeFiが盛り上がることで、イーサリアムからニアプロトコルへ乗り換えが予想されます。

投資対象として期待が持てる仮想通貨なので、リスクを理解した上で購入を検討してみてもいいかもしれません。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】