アイオタ/MIOTAの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨アイオタ/MIOTAの買い方を知りたい
  • 仮想通貨アイオタ/MIOTAを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨アイオタ/MIOTAの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨アイオタ/MIOTAの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

アイオタ/MIOTAとは

MIOTA 買い方

アイオタとは、ブロックチェーン技術を使用せず、独自のプラットフォームでIoT構築に適した仮想通貨です。

2014年9月にプロジェクトのクラウドセールが行なわれ、2016年に正式なネットワークがローンチされました。

IoTとは、Internet of Thingsの略で冷蔵庫や洗濯機など、あらゆる製品がインターネットに接続されて、ネット経由で操作が可能になるという意味です。

あらゆる製品が、スマホから操作できるようになれば、非常に便利ですよね。

しかし利便性が向上する反面、セキュリティ面で不正利用やハッキングなどのリスクもあります。

そこで、アイオタは独自の分散型台帳である「Tangle」を使用して、既存のブロックチェーンが抱えている問題を、解決するために誕生しました。

通貨名

アイオタ

通貨シンボルMIOTA
特徴
  • 複数の大企業と提携を結んでいる
  • 分散型台帳技術の「Tangle」を使用
  • 量子コンピュータに対する耐性がある
  • 予想できない事故や攻撃に遭うリスクがある
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://www.iota.org/

アイオタ/MIOTAの特徴

MIOTA 買い方

ここからは、アイオタの特徴を紹介していきます。

アイオタは、2014年に発行されたJinnというトークンがブロックチェーンプロジェクトの起源です。

ブロックチェーンに代わる独自の分散型台帳は、利便性や将来への期待から多くの企業や公的団体から採用されていますが、どういった特徴があるのでしょうか。

アイオタの特徴は、以下の4つです。

  • 複数の大企業と提携を結んでいる
  • 分散型台帳技術の「Tangle」を使用
  • 量子コンピュータに対する耐性がある
  • 予想できない事故や攻撃に遭うリスクがある

ひとつずつ詳しく解説していきます。

複数の大企業と提携を結んでいる

アイオタは、複数の大手企業と提携を結んでいます。

IoTの実用化に向けて、さまざまな企業が共同開発や投資を行なっており、有名な企業が名を連ねています。

具体的には

  • フォルクスワーゲン
  • 富士通
  • マイクロソフト
  • ボッシュ
  • サムスン電子
  • シスコシステムズ

など、世界中の20社以上の企業と提携し、マーケットプレイスをオープンしました。

提携を結んだことで、インターネットに接続されたデバイスやセンサーがマーケットプレイスからデータを取得して、アプリケーションを作動させられるようになります。

富士通を例に挙げると、アイオタを標準プロトコルに採用することで、工場での

  • 監査証跡
  • サプライチェーン

に利用しています。

アイオタ独自の分散型台帳技術が、世界中に認められ、実用化が進んでいると言えるでしょう。

分散型台帳技術の「Tangle」を使用

アイオタは、他の仮想通貨やブロックチェーンとは違う決済プロトコルである、分散型台帳技術「Tangle」を使用しています。

Tangleとは、ブロックチェーン技術に似ているようで違う、有向非巡回グラフです。

トランザクションが新しくなるたびに、2つ前の古いトランザクションを確認するノードシステムを導入しています。

ブロックチェーンのように、数珠繋ぎのような結合しないシステムになっており、負荷がかからないのでエネルギー効率がいいです。

また、Tangleには

  • 採掘(マイナー)という概念がない
  • 手数料がかからない
  • 処理スピードの高速化を実現

などのスケーラビリティやトランザクションスピードの問題を解決する技術が備わっています。

Tangleのプラットフォームは、低いリソースで改ざんを防ぎ、データのセキュリティも保証されています。

量子コンピュータに対する耐性がある

アイオタは、量子コンピュータに対して、耐性があると言われています。

量子コンピュータは、一般的なコンピュータの1億倍の計算力を持っていますが、今まで解き明かされなかった暗号を解読して、悪用される恐れがあります。

ほとんどの仮想通貨は、取引の内容を分散元帳に記録する際に、暗号化された数値を利用してパズルを解く作業です。

ちなみにビットコインを例にした場合、一般のコンピューターでは、2垓9,514京7,910兆回もパズルを解読するために、計算が必要とされています。

しかし量子コンピュータだと、効率性が170億倍に跳ね上がってしまいます。

つまり、それだけ暗号が簡単に解読されてしまうということですね。

アイオタは、悪用される危険性がある量子コンピュータに対して、耐性を持っています。

予想できない事故や攻撃に遭うリスクがある

アイオタは、ハッシュ関数で独自の技術を使用しています。

安全性の検証が不十分のため、予想できない事故や攻撃を受けることがあります。

2018年には、利便性の高さが評価されたことで、わずか5日間で通貨価格を240%に成長させました。

しかし2019年に、約12億円のハッキング被害に遭う重大な事件を、起こしてしまいます。

その後、盗難事件の犯人は捕まり、アイオタも回収できたのですが、市場に大きな不安を与えたことで、通貨価格が45%下落しました。

アイオタ/MIOTAが購入できるおすすめの取引所はバイビット

MIOTA 買い方

アイオタを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

アイオタ/MIOTAの買い方/購入方法

MIOTA 買い方

ここからはアイオタの買い方について紹介していきます。

今回はアイオタを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

アイオタを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでアイオタを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

 

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

 

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでアイオタを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からアイオタをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からアイオタをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「アイオタを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、アイオタの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

アイオタ/MIOTAの将来性

MIOTA 買い方

アイオタは、これからIoTが発展するに伴って、通貨の価格も上昇していくので、将来性に期待できます。

すでに多くの有名企業と提携を結んでおり、アイオタ独自の技術の実用化や信頼度がうかがえますね。

具体的な実用化の時期は、まだ未定ではありますが、発表される前後は価格が高騰する傾向が強いです。

しかし、現在はIoTが社会に普及しようとしている段階なので、アイオタの実用化は進んでいません。

まだ時間はかかりますが、多くの企業がアイオタのコミュニティに参加している点から、長期的な将来性に期待できます。

アイオタ/MIOTAの買い方、特徴、将来性、まとめ

MIOTA 買い方

今回は、仮想通貨アイオタ/MIOTAの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

  • 複数の大企業と提携を結んでいる
  • 分散型台帳技術の「Tangle」を使用
  • 量子コンピュータに対する耐性がある
  • 予想できない事故や攻撃に遭うリスクがある

といったポイントから、多くの投資家や企業から注目されています。

一方で、2019年のハッキング事件の件からも、短期的な投資には向いていません。

購入する場合は、IoTの展望を見ながら、長期的な保有がおすすめです。

しかし、アイオタが掲げているビジョンからも、色々な製品がインターネットに繋がらなければ、アイオタの実用化も進められません。

数十年後のIoT社会に向けて、多くの投資家や企業から期待されているので、リスクを理解して投資対象にするかどうかを判断しましょう。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】