ポリゴン/MATICの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨ポリゴン/MATICの買い方を知りたい
  • 仮想通貨ポリゴン/MATICを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨ポリゴン/MATICの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨ポリゴン/MATICの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

ポリゴン/MATICとは

ポリゴンとは

ポリゴンとは、イーサリアムの抱えているスケーラビリティ問題(ユーザー増加による処置速度の遅延やガス代の高騰)を解決することを目的としたプロジェクトです

イーサリアムはブロックチェーン開発の王様とも呼ばれていますが、ユーザーが増え続けているため、スケーラビリティ問題が重大化しています。

その解決策の1つとして、多くの人から期待されているのが「ポリゴン」です。

2017年から始動したプロジェクトですが、2021年に「マティック」から「ポリゴン」に名称を変更しています。

しかし、通貨シンボルは「MATIC(マティック)」のままなので、取引所などで選択するときは注意が必要です。

また、ポリゴンを取り扱っている、国内の仮想通貨取引所はありません。

そのため、ポリゴンを購入するには「バイナンス」や「バイビット」など、海外の仮想通貨取引所の口座が必要になります

「バイナンス」は日本語にも対応しており、操作性が高いので、初心者にもおすすめできる仮想通貨取引所です。

気になっている人は、先に登録しておきましょう。

>>草コインを探すならBinance一択!
いますぐ話題の仮想通貨をホールドしましょう。<<<

※Binanceは世界最大級の仮想通貨取引所です。

>>今なら無料登録で20ドルGET(2,000円相当)
仮想通貨FXやるなら一番おすすめ。<<<

※Bybitは世界最大級の仮想通貨取引所です。

通貨名ポリゴン
通貨シンボルMATIC
特徴
  • イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決
  • ガス代が安く処理速度も早い
  • イーサリアムのブロックチェーン上に構築されている
主な取扱取引所バイナンス
公式サイトhttps://polygon.technology/

ポリゴン/MATICの特徴

ポリゴン特徴

ここからは、ポリゴンの特徴を紹介していきます。

ポリゴンの主な特徴は、以下の3つです。

  • イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決
  • ガス代が安く処理速度も早い
  • イーサリアムのブロックチェーン上に構築されている

それぞれ詳しく紹介していきます。

イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決

1つ目のポリゴンの特徴は「イーサリアムのスケーラビリティ問題を解決」です。

ポリゴンは、イーサリアムの抱えているスケーラビリティ問題を解決するために誕生しました。

スケーラビリティ問題とは、想定していたユーザー数を大幅に超えてしまい「処理速の遅延」や「ガス代の高騰」などのデメリットが発生していることを指します

完全に問題を解決できているわけではありませんが、ポリゴンのおかげでイーサリアムのブロックチェーンへの負担が減っているのも事実です。

ガス代が安く処理速度も早い

2つ目のポリゴンの特徴は「ガス代が安く処理速度も早い」です。

先ほども紹介しましたが、ポリゴンの処理速度やガス代の安さは、イーサリアムと比べると圧倒的な数値を誇ります。

ガス代とは、イーサリアムのブロックチェーンを使用するときに発生する手数料のことです。

たとえば、イーサリアムで2,000円のガス代が発生する場合、ポリゴンなら0.01円しかかかりません

また、処理速度もイーサリアムのトランザクション数の、約600倍程度の速さで処理することが可能です。

イーサリアムのブロックチェーン上に構築されている

3つ目のポリゴンの特徴は「イーサリアムのブロックチェーン上に構築されている」です。

ポリゴンは、イーサリアムネットワークのセカンドレイヤー上に構築されています。

セカンドレイヤーとは、メインブロックチェーンから分岐している、負担を減らすために構築されたブロックチェーンのことです。

イーサリアムのセカンドレイヤー上にポリゴンを構築することで、大幅に負担を減らすことに成功しています

また、基本的には同じブロックチェーンの構造になっているので、イーサリアムとの互換性が非常に高いことも大きな特徴でしょう。

ポリゴン/MATICが購入できるおすすめの取引所

ポリゴン取引所

ポリゴンが購入できるおすすめの取引所は、バイナンスです。

バイナンスは、世界中の人が利用している世界最大級の仮想通貨取引所で、ユーザー数は1,000万人を超えています。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • 世界No1の取引高
  • 独自のブロックチェーンを開発
  • 豊富な取扱銘柄
  • セキュリティ対策が万全

ポリゴン以外にも多くのアルトコインを取り扱っており、現物取引やレバレッジ取引も提供しています

国内の仮想通貨取引所の取り扱い通貨数は多くても20種類程度ですが、バイナンスは380種類以上です。

本格的に仮想通貨をはじめるなら、海外の仮想通貨取引所の口座は必要不可欠でしょう。

海外の仮想通貨取引所ですが、日本語にも対応しているので、英語ができなくても問題ありません

これを機に、バイナンスの口座を開設しておくことをおすすめします。

>>草コインを探すならBinance一択!
いますぐ話題の仮想通貨をホールドしましょう。<<<

※Binanceは世界最大級の仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨数386
最大レバレッジ125倍
取引所手数料0.015~0.1%
通貨の送金手数料0.0005BTC
入金手数料無料
出金手数料0.0005BTC
アプリあり
運営会社バイナンス

ポリゴン/MATICの買い方・購入方法

ポリゴン購入方法

それでは次に、ポリゴンの買い方について紹介していきます。

ポリゴンは、国内の仮想通貨取引で取り扱っていないので、少し特別なステップを踏む必要があります。

具体的には、以下のような流れになります。

  1. 国内取引所で口座を開設
  2. 海外取引所で口座を開設
  3. 国内取引所でビットコインを購入
  4. 海外取引所にビットコインを送金
  5. ビットコインでポリゴンを購入

海外の仮想通貨取引所に抵抗感がある人もいるかもしれませんが、慣れてしまえば国内の仮想通貨取引所よりも操作性がシンプルなので、使い勝手はいいでしょう。

今回は、国内を「コインチェック」海外を「バイナンス」で、ポリゴンを購入する方法を紹介していきます。

国内取引所で口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずはビットコインを購入するために、コインチェックで口座の開設をおこないましょう。

ビットコインを日本円で購入できる仮想通貨取引所であれば、どこでも問題ありません。

おすすめはセキュリティ対策に力を入れており、初心者でも直感的に操作できる「コインチェック」です。

迷っているなら「コインチェック」にしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

海外取引所で口座を開設

トロン/TRXの口座開設2

次に、ポリゴンを購入するバイナンスの口座を開設しましょう。

公式サイトにアクセスして、メールアドレスとパスワードを入力するだけで、登録は完了です。

>>草コインを探すならBinance一択!
いますぐ話題の仮想通貨をホールドしましょう。<<<

※Binanceは世界最大級の仮想通貨取引所です。

トロン/TRXの口座開設3

メールアドレスとパスワードを入力すると、バイナンスから確認のメールが送られてきます。

受信したメールのURLをクリックして、上のような画面が表示されていれば完了です。

国内取引所でビットコインを購入

次にコインチェックで、ビットコインを購入していきましょう。

ビットコインを購入するときの流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

仮想通貨の購入は、1度確定するとキャンセルできません

購入する通貨の種類や数量、金額など、しっかりと確認してから購入しましょう。

海外取引所にビットコインを送金

シータ/THETAの購入方法4

ビットコインを購入したら、バイナンスへ送金していきます。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」の発行が必要です。

まずはバイナンスにログインして、画面右上「ウォレット」から「フィアットと現物」を選択しましょう。

次のページで、ビットコインの「入金」をクリックすると、アドレスが発行されます。

アドレスが間違っていると、資産が消えてしまうので、注意しておこなってください

コインチェックにログインして「アドレス」と「送金額」を入力すれば、バイナンスへの送金が完了します。

ビットコインでポリゴンを購入

シータ/THETAの購入方法5

ビットコインの送金が完了すれば、購入の準備が整いました。

バイナンスにログインして、画面左上「トレード」から「コンバート」を選択しましょう。

ポリゴン購入画面

「コンバート」をクリックすると、上のような画面が表示されます。

「振替元」をBTC(ビットコイン)、「振替先」をMATIC(ポリゴン)に選択して、希望の金額だけポリゴンに交換しましょう

ポリゴンの購入方法の説明は、以上になります。

1度購入を確定すると、絶対にキャンセルはできません。

金額や通貨の種類は、間違えないように注意しておきましょう。

ポリゴン/MATICの将来性

ポリゴン将来性

最近の仮想通貨業界は、イーサリアムのスケーラビリティ問題が話題になることも多く、解決策はポリゴンだけではありません。

しかし、ポリゴンは処理速度の改善やガス代のコストダウンに大きく貢献しているので、将来的に価値が上がることは十分に考えられるでしょう

また、時価総額ランキンキングは17位にランクインするほどで、注目度の高さが伺えます。

イーサリアムに関連するプロジェクトが浸透すると、ポリゴンの評価も比例して上がっていくでしょう。

ポリゴン/MATICの買い方・特徴・将来性まとめ

ポリゴンまとめ

今回は、仮想通貨ポリゴン/MATICの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

ポリゴンとは、イーサリアムの抱えているスケーラビリティ問題(ユーザー増加による処置速度の遅延やガス代の高騰)を解決することを目的としたプロジェクトです

イーサリアムはブロックチェーン開発の王様とも呼ばれていますが、ユーザーが増え続けているため、スケーラビリティ問題が重大化しています。

そのため、スケーラビリティ問題を解決するためのプロジェクトも増えていますが、その中でもポリゴンは特に大きな成果を上げています

将来性にも期待できるので、気になる人は、早めに購入しておきましょう。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】