ライトコイン/LTCの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨ライトコイン/LTCの買い方を知りたい
  • 仮想通貨ライトコイン/LTCを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨ライトコイン/LTCの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨ライトコイン/LTCの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

ライトコイン/LTCとは

ライトコインとは

ライトコインとは、仮想通貨の代名詞「ビットコイン」の技術を応用して開発された仮想通貨です

ビットコインは「処理速度が遅い」というデメリットを抱えていましたが、この問題を解決するためにライトコインは誕生しました。

また、2011年からリリースされており、数多くあるアルトコインの中で、もっとも古い仮想通貨としても有名です。

ビットコインよりも気軽に購入できて、決済手段としても利用できるように、処理速度はビットコインの4倍まで改善されています

日常的に使われることを目的として開発されているため、決済手段として活用してくれる企業が増えていけば、価値は上がっていくでしょう。

通貨名ライトコイン
通貨シンボルLTC
特徴
  • 決済手段に特化した仮想通貨
  • 発行枚数の上限がビットコインの4倍
  • ブロック生成速度がビットコインよりも早い
  • ライトニングネットワークの導入
主な取扱取引所バイナンス
公式サイトhttps://litecoin.org/ja/

ライトコイン/LTCの特徴

ライトコイン特徴

ここからは、ライトコインの特徴について紹介していきます。

ライトコインの特徴は、以下の4つです。

  • 決済手段に特化した仮想通貨
  • 発行枚数の上限がビットコインの4倍
  • ブロック生成速度がビットコインよりも早い
  • ライトニングネットワークの導入

それぞれ詳しく紹介していきます。

決済手段に特化した仮想通貨

1つ目のライトコインの特徴は「決済手段に特化した仮想通貨」です。

日常的に利用できるように設計されているので、安全かつ気軽に購入できる仮想通貨となっています。

ライトコインは、決済手段としての利用を目的としており、処理速度の速さとセキュリティ対策は非常に優秀です

PayPalからも期待されており、将来的に決済手段の1つとして導入することが発表されています。

発行枚数の上限がビットコインの4倍

2つ目のライトコインの特徴は「発行枚数の上限がビットコインの4倍」です。

ビットコインの発行枚数の上限は2,100万枚ですが、ライトコインは8,400万枚となっています

そもそも仮想通貨の発行枚数の上限は、供給量を制限して価値や希少性を高める目的があります。

特に中央銀行などの、特定の組織や企業に管理されていない仮想通貨は、発行上限が決まっていないと、すぐに供給過多になってしまうでしょう。

しかし、ライトコインは長期間保有しておく仮想通貨ではなく、決済手段として利用してもらうために、ビットコインよりも多くの枚数が発行されています

ブロック生成速度がビットコインよりも早い

3つ目のライトコインの特徴は「ブロック生成速度がビットコインよりも早い」です。

ライトコインのブロック生成速度は、ビットコインと比べて4倍の速度を誇ります。

ビットコインは1ブロックあたり約10分必要ですが、ライトコインは約2.5分しかかかりません

この脅威的な処理速度を実現可能にしたのが「segwit」と呼ばれるシステムです。

segwitとは「Segregated Witness」の略語で、直訳すると「分離された署名領域」という意味になります。

簡単に説明すると、仮想通貨の取引時に必要だったデータ量を節約できる技術です

segwitはビットコインにも実装されておらず、ライトコインならではの強みと言えるでしょう。

ライトニングネットワークの導入

4つ目のライトコインの特徴は「ライトニングネットワークの導入」です。

先ほど紹介した「segwit」のおかげで、ライトニングネットワークの導入も可能になりました。

ライトニングネットワークは、処理速度の大幅な改善が期待されている技術で、現在も開発が進められています

また、取り引きごとに記録しておくデータ量が少ないため、手数料がほとんど発生しないメリットもあります

本格的に実装されることになれば、今まで以上に使いやすい仮想通貨になることは間違いありません。

ライトコイン/LTCが購入できるおすすめの取引所

ライトコイン取引所

ライトコインが購入できるおすすめの取引所は、バイナンスです

バイナンスとは、2017年に香港で設立された世界最大級の仮想通貨取引所です。

バイナンスの特徴は、主に以下の4つです。

  • 安心できるセキュリティ体制
  • 将来性の高い草コインを安く購入できる
  • 初心者でも使いやすい操作画面
  • 年利3〜60%のステーキング・レンディング

ユーザー数は1,000万人を超えており、1日の取引量も世界一位を誇っています。

取扱通貨数は300以上で、初心者から上級者まで、さまざまなユーザーが満足できる仮想通貨取引所でしょう。

また、セキュリティ体制や保証制度にも力を入れており、2019年には大規模なハッキング事件がありましたが、被害のあった人には全額返金しています

海外の仮想通貨取引所ですが、日本語にも対応しているので、英語に自信の無い人でも安心して利用できるでしょう。

>>草コインを探すならBinance一択!
いますぐ話題の仮想通貨をホールドしましょう。<<<

※Binanceは世界最大級の仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨数386
最大レバレッジ125倍
取引所手数料0.015~0.1%
通貨の送金手数料0.0005BTC
入金手数料無料
出金手数料0.0005BTC
アプリあり
運営会社バイナンス

ライトコイン/LTCの買い方・購入方法

ライトコイン購入方法

ここからは、ライトコインの買い方について紹介していきます。

ライトコインは「コインチェック」や「ビットフライヤー」など、国内の仮想通貨取引所でも購入できますが、手数料や取扱通貨数を考慮すると、あまりおすすめできません。

ライトコインを購入して、保有し続けるのが目的であれば問題ありませんが、基本的に仮想通貨は取り引きをしなければ、大きな利益を得ることはできないでしょう。

本格的に仮想通貨をはじめるなら、海外の仮想通貨取引所の使い方を覚えるべきです

そのため、今回は「バイナンス」でライトコインを購入する方法を紹介していきます。

簡単に購入までの流れを説明すると、

  1. 国内取引所で口座を開設
  2. 海外取引所で口座を開設
  3. 国内取引所でビットコインを購入
  4. 海外取引所にビットコインを送金
  5. ビットコインでライトコインを購入

上記のような手順になります。

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

>>草コインを探すならBinance一択!
いますぐ話題の仮想通貨をホールドしましょう。<<<

※Binanceは世界最大級の仮想通貨取引所です。

国内取引所で口座を開設

トロン/TRXの口座開設

ライトコインは日本円で通貨を購入することができないので、国内の仮想通貨取引所からビットコインを送金しなくてはいけません。

そのため、まずは国内の仮想通貨取引所で口座を開設しましょう。

国内の仮想通貨取引所であれば「コインチェック」がおすすめです

手数料も安く、何より非常に操作性が高いので、初心者で迷っているなら「コインチェック」一択でしょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

公式サイトにアクセスして、メールアドレスとパスワードを設定するだけで登録は完了します。

海外取引所で口座を開設

トロン/TRXの口座開設2

それでは次に、ライトコインを購入するバイナンスの口座を開設しましょう。

海外の取引所ですが、日本語にも対応しているので、英語ができなくても問題ありません。

基本的な流れはコインチェックと同じなので、迷うことなく登録できるでしょう。

>>草コインを探すならBinance一択!
いますぐ話題の仮想通貨をホールドしましょう。<<<

※Binanceは世界最大級の仮想通貨取引所です。

トロン/TRXの口座開設3

メールアドレスとパスワードを設定すると、バイナンスからメールが送られていきます。

送られてきたメールに添付されているURLをクリックして、上のような画面が表示されていたら登録完了です。

国内取引所でビットコインを購入

コインチェックでビットコインを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

コインチェックは初心者向けのサイトデザインになっているので、購入までの流れも簡単です。

基本的に仮想通貨は購入が確定すると、キャンセルできません

取り引きをおこなうときは「数量」と「金額」には注意しておきましょう。

海外取引所にビットコインを送金

トロン/TRXの送金

コインチェックからバイナンスにビットコインを送金するためには「アドレス」を発行する必要があります。

バイナンスにログインして、画面右上「ウォレット」から「フィアットと現物」を選択しましょう。

次にページでビットコインの入金を選択すると、アドレスが発行されます。

発行されたアドレスをコインチェックで入力すれば、バイナンスへの送金は完了です。

アドレスが間違っていると、資産が消えてしまうので、送金するときは必ず確認してから確定させましょう

ビットコインでライトコインを購入

トロン/TRXの購入

バイナンスへの送金が完了したら、ライトコインを購入する準備が整いました。

バイナンスにログインして画面左上「トレード」から「コンバート」を選択します。

ライトコイン購入画面

「コンバート」をクリックすると、上のような画面が表示されます。

「振替元」をBTC(ビットコイン)、「振替先」をLTC(ライトコイン)に選択して、希望の金額だけライトコインに交換しましょう

以上で、ライトコインの購入が完了しました。

仮想通貨の取り引きは、資産が消えるなどのリスクもあります。

操作方法を確かめながら、少額からはじめていきましょう

ライトコイン/LTCの将来性

ライトコイン将来性

ライトコインは非常に実用性に優れており、早く安全に安く購入できる仮想通貨として人気です。

今後もライトコインを決済手段として導入する企業が増えていけば、価値は上がり続けるでしょう。

日常的に利用してもらうことを目的として開発されているため、爆発的に普及していけば、ビットコインよりも浸透する可能性すらあります

基本的にアルトコインは、ビットコインの価格変動の影響を受けやすい特徴があります。

ライトコインはビットコインから派生して誕生した仮想通貨なので、より影響を受けることになるでしょう

ビットコインの価格高騰に伴って、ライトコインの価値が上がる可能性は十分にあります。

ライトコイン/LTCの買い方・特徴・将来性まとめ

ライトコインまとめ

今回は、仮想通貨ライトコイン/LTCの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

ライトコインは、仮想通貨の代名詞「ビットコイン」の技術を応用して開発された仮想通貨です。

決済手段としての利用に特化している特徴があり、PayPalからも導入予定が発表されています

この記事を読んで気になった人は、まずは少額からはじめてみてはどうでしょうか?

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】