ライブピア/LPTの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨ライブピア/LPTの買い方を知りたい
  • 仮想通貨ライブピア/LPTを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨ライブピア/LPTの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨ライブピア/LPTの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

ライブピア/LPTとは

LPT 買い方

ライブピアとは、イーサリアムブロックチェーン上に初めて構築された、生配信ビデオネットワークプロトコルです。

新規や既存に関わらず、すべての放送会社にとって非中央集権的で信頼性の高いビデオコーディングの提供を、目的にしています。

YouTubeやVimeoといった、これまでの動画サービスと異なっており、

  • 高度な処理能力
  • 放送局から消費者に対して、より効率的に動画コンテンツを共有

できるテクノロジーが構築されています。

現在は、インターネット全体のデータの約80%が、YouTubeなどの動画サービスで占められています。

データのほとんどが動画サービスである原因は、

  • 動画コンテンツのデータ容量が大きい
  • 動画コンテンツの需要が高くなり、数も増えた
  • インターネット配信するために、映像をデジタル化するにはコストが非常に高い

です。

ライプピアは、動画配信の際の「高コスト」問題を解決するために、低コストで動画配信できるインフラ環境が整っています。

また創設者は、LivePeer IncのDoug PetkanicsとEric Tangの共同で設立されました。

通貨名

ライブピア

通貨シンボルLPT
特徴
  • 低いコストで利用できる
  • 自由な配信ができる
  • 高速なビデオストリーミングを実現
  • ステーキング報酬が得られる
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://livepeer.org/

ライブピア/LPTの特徴

LPT 買い方

ここからは、ライブピアの特徴を紹介していきます。

ライブピアは、これまでと違う動画配信方法として、ビデオストリーミングアプリケーションを安価な価格で、より広いスケール感で扱えます。

2017年に、分散型ビデオストリーミングネットワークとして、リリースされたプロジェクトですが、どういった特徴があるのでしょうか。

ライブピアの特徴は、以下の4つです。

  • 低いコストで利用できる
  • 自由な配信ができる
  • 高速なビデオストリーミングを実現
  • ステーキング報酬が得られる

ひとつずつ詳しく解説していきます。

低いコストで利用できる

ライブピアは、ビデオストリーミングにおいて、配信コストを大幅に下げました。

本来は、動画を配信する際の作業工程であるトランスコーディングが原因で、莫大なコストがかかっていました。

そこでライブピアでは、ピア・トゥ・ピア(P2P)インフラストラクチャーを取り入れました。

ピア・トゥ・ピア(P2P)とは、

  • スマートフォンやパソコンなど不特定多数の端末
  • サーバーを介さず端末同士で直接データファイルを共有できる通信技術

といった特徴を持っています。

ピア(Peer)は、「対等な立場で情報共有を行う端末」という意味です。

また、端末のことを「ノード」と言い、多くのノードが集まり形成されるネットワークを、P2Pネットワークと言います。

ライブピアがリリースされたことで、制作コストがこれまでの50分の1に削減されました。

自由な配信ができる

ライブピアでは、中央集権的なプラットフォームが存在しないので、より自由な動画配信が可能です。

分散型のビデオストリーミングが構築しているので、中央サーバーが存在していません。

なので、これまではYouTubeやTwitter、Facebookのような、プラットフォームで配信されるライブビデオや動画が、運営側の都合で

  • 勝手に配信を止められる
  • 勝手にアップロードしていた動画が削除される

といったことが起こらなくなります。

管理者が介入していないので、今までよりも自由な配信を可能にしました。

高速なビデオストリーミングを実現

ライブピアは、分散型のブロックチェーン技術を応用することで、高速なビデオストリーミングを実現しています。

ブロックチェーン技術を使うことで、これまで使われていなかった

  • ストレージ
  • 帯域幅

などのリソースが活用されています。

ビデオストリーミングにかかる作業が分散化されたことにより、作業時間の短縮と作業効率の向上につながりました。

ステーキング報酬が得られる

ライブピアは、ステーキングを利用して報酬を受け取ることができます。

報酬を得るためのステップは

  • ネットワークにセキュリティとQAを提供する
  • 提供された作業に応じて、ライブピアトークンの一部を報酬として受け取る

といった流れです。

また、トークンはトレードする必要がなく、預けるだけで報酬が入ってくるので、初心者に優しい仕組みになっています。

ライブピア/LPTが購入できるおすすめの取引所はバイビット

LPT 買い方

ライブピアを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

ライブピア/LPTの買い方/購入方法

LPT 買い方

ここからはライブピアの買い方について紹介していきます。

今回はライブピアを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

ライブピアを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでライブピアを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

 

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

 

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでライブピアを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からライブピアをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からライブピアをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「ライブピアを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、ライブピアの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

ライブピア/LPTの将来性

LPT 買い方

ライブピアの将来性は、動画配信の需要が増えている点から将来性があります。

分散型のブロックチェーン技術を活用することで、これまでビデオストリーミング業界が抱えていた「高コスト」問題を解決するプロジェクトとして、成長していくでしょう。

既存の動画配信において、中央集権型サービスを展開している

  • YouTube
  • Vimeo
  • Twitch

とは対照的で、公開された動画の削除や変更、拒否されることがありません。

国や企業からの圧力がかかることもないです。

また、ネットワークが分散されることで、アプリ開発者にとっても

  • アプリ上で急増しているネットワーク使用量を効率的に処理
  • 多くのネットワークやデバイスに存在している動画のスケーリング
  • 負荷のかかるトランスコーディングサービスを減らす

といったメリットがあります。

近年の動画配信サービスの需要や、ライブピアの特徴から、将来性はあるでしょう。

ライブピア/LPTの買い方、特徴、将来性、まとめ

LPT 買い方

今回は、仮想通貨ライブピア/LPTの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

ライブピアとは、イーサリアムブロックチェーン上に初めて構築された、生配信ビデオネットワークプロトコルです。

  • 低いコストで利用できる
  • 自由な配信ができる
  • 高速なビデオストリーミングを実現
  • ステーキング報酬が得られる

といった特徴から、今後のストリーミングサービスの需要拡大に伴って、ライブピアのユーザー数増加が見込まれます。

ただし現状は、中央集権的なサービスが独占している状態です。

なので、今後のストリーミングサービスとライブピアの成長とチャートを見つつ、購入を検討するのがいいでしょう。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】