チェーンリンク/LINKの買い方は?特徴や将来性について徹底解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • チェーンリンク(Chainlink/LINK)の仕組みや特徴について知りたい
  • チェーンリンク(Chainlink/LINK)の買い方について知りたい
  • チェーンリンク(Chainlink/LINK)の将来性について知りたい

上記のように考えているかもしれません。

そこで本記事では「チェーンリンク/LINKの特徴や買い方、将来性」を解説します。

仮想通貨のなかでもチェーンリンク/LINKが気になるあなたは、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

2022年おすすめの仮想通貨取引所はこれだ!

取引所名特徴公式サイト
Bybit(バイビット)
バイビット
  • 最大100倍のレバレッジで資金効率の良い取り引きが可能
  • YouTuberのヒカルさんや青汁王子さん、与沢さんのコラボ動画で話題
  • キャンペーンが随時開催!登録や入金・取引で仮想通貨をもらえるチャンスが豊富
バイビット公式
Binance(バイナンス)
バイナンス
  • 取引高世界一の仮想通貨取引所
  • 独自のトークンBNBで低い手数料の取引が魅力
  • 取り扱い通貨数も多く、草コインを探すなら◎
バイナンス公式
Coincheck(コインチェック)
コインチェック
  • 国内の暗号資産取引アプリDL数 3年連続No.1
  • ビットコインやイーサリアムをまず買うならここ
  • 東証一部マネックスグループ運営で安心
コインチェック公式

チェーンリンク/LINKとは

Chainlink 買い方

チェーンリンクとは、2017年9月に発行されたブロックチェーンの発展を後押しする仮想通貨です。

2022年1月現在、時価総額は1,358億円でランキングは17位となっています。

2021年12月にbitFlyer(ビットフライヤー)に上場したことで、長期的な視点で注目されているのがチェーンリンクです。

通貨名チェーンリンク(Chainlink)
通貨シンボルLINK
特徴
  • 「分散型オラクル」のミドルウェア(中間処理役)
  • 電子決済などの外部システムで利用可能
  • 異なるブロックチェーン同士をつなげられる
  • LINEが運営する「LINK」とは別物
主な取扱取引所
  • Binance
  • Huobi Global
  • Uniswap
  • 1inch
  • Coinbase
公式サイトhttps://chain.link/

チェーンリンク/LINKの特徴

Chainlink 買い方

ここからは、チェーンリンクの特徴を紹介していきます。

チェーンリンクの主な特徴は、以下の4つです。

  • 「分散型オラクル」のミドルウェア(中間処理役)
  • 電子決済などの外部システムで利用可能
  • 異なるブロックチェーン同士をつなげられる
  • LINEが運営する「LINK」とは別物

それぞれ詳しく紹介していきます。

「分散型オラクル」のミドルウェア(中間処理役)

チェーンリンクの特徴、1つ目は「分散型オラクルのミドルウェア(中間処理役)」です。

オラクルには分散型と中央集権型があり、チェーンリンクは前者にあたります。

オラクルとは?
オラクルとは、スマートコントラクトと外部のデータソースをつなぐサービスのこと。
外部データの情報源を検証し、ブロックチェーンにつなげる橋渡しの部分を担います。

中央集権型といえば、現在の一般的な貨幣で説明が可能です。

たとえば日本円を送金したいときに「銀行」を利用して、相手に送りますよね。

この「銀行」は営業時間やシステムの影響で送金が遅れたり、個人情報が流出したりすることもあります。

一方で、分散型であるネム(NEM/ZEM)などのような仮想通貨では上記のような第三者の管理がありません。

情報は個々のブロックに記載されており、送金時にも即着金が可能です。

分散型オラクルのミドルウェア(中間処理役)は、さらに取り込む外部データを複数のオラクルで検証します。

つまりチェーンリンクは複数のデータ検証で信頼性が増し、危険を排除することができるのが特徴といえます。

電子決済などの外部システムで利用可能

チェーンリンクの特徴、2つ目は「電子決済などの外部システムで利用可能」です。

外部データを取り込んで検証する分散型オラクルのチェーンリンクは、反対にブロックチェーンのデータをPayPalの電子決済や銀行決済などで利用できます。

現在はまだチェーンリンクを決済手段として扱っている主なサービスはないものの、仮想通貨がさらに普及すれば一気に話題となるでしょう。

このことからブロックチェーンを使った広い分野での活躍や、既存サービスの拡張などが期待されています。

異なるブロックチェーン同士をつなげられる

チェーンリンク/LINKの特徴、3つ目は「異なるブロックチェーン同士をつなげられる」です。

多くの仮想通貨では、異なるブロックチェーン同士をそのままつなげることはできません。

たとえば互換性がないビットコインとイーサリアムをつなげるときには、中間役が必要となります。

基本的には取引所が中央の管理者になることが多いのですが、チェーンリンクはその役を担うことが可能です。

チェーンリンクは外部データと異なるブロックチェーン同士をつなげられる仮想通貨と覚えておきましょう。

LINEが運営する「LINK」とは別物

チェーンリンク/LINKの特徴、4つ目は「LINEが運営する「LINK」とは別物」です。

実はLINEからも「LINK」という仮想通貨が発表されていますが、これはチェーンリンクとは異なります。

LINEが発行したLINKのティッカーシンボルが「LN」なのに対し、Chainlinkは「LINK」です。

チェーンリンク/LINKが購入できるおすすめの取引所はバイビット

チェーンリンク 取引所

チェーンリンクを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

チェーンリンク/LINKの買い方/購入方法

Chainlink 買い方

ここからはチェーンリンクの買い方について紹介していきます。

今回はチェーンリンクを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

チェーンリンクを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでチェーンリンク/LINKを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

 

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

 

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

 

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでチェーンリンク/LINKを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からチェーンリンク/LINKをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からチェーンリンク/LINKをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「LINKを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、チェーンリンク/LINKの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

チェーンリンク/LINKの将来性

Chainlink 買い方

結論からいうと、チェーンリンク/LINKの将来性は非常に高いです。

先述した通り、チェーンリンクは異なるブロックチェーン同士をつなげたり外部のデータを取り込む中央管理者の役割を担っています。

つまり活躍の場は今後広がると予測できるため、それに応じてチェーンリンクの価値も高騰していくと予想できるでしょう。

チェーンリンク/LINKの買い方、特徴、将来性まとめ

Chainlink 買い方

今回は、仮想通貨チェーンリンク/LINKの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

チェーンリンクとは、役割の多さから今後活躍を広げる仮想通貨です。

さらに決済手段としてビットコインキャッシュを利用する会社が多くなると予想されます。

これらにより今後も価格が上がる可能性は十分にあるので、購入してみる価値はあるでしょう。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】