クサマ/KSMの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨クサマ/KSMの買い方を知りたい
  • 仮想通貨クサマ/KSMを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨クサマ/KSMの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨クサマ/KSMの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

クサマ/KSMとは

KSM 買い方

クサマとは、クリエイターの相互運用性やスケーラビリティ問題を解決するために、別通貨のポルカドットで展開する前のテスト通貨として作られました。

ポルカドットとほとんど同じベースコードで構築されており、「もうひとつのポルカドット」と言われています。

通貨の名称は、水玉(ポルカドット)模様の作品で、世界中で有名なアーティスト草間彌生氏が由来です。

また、クサマは

  • 2019年に、ポルカドット共同設立者でもあるGavin Woodによって設立
  • 運営は、ポルカドット作成と同じチームのParity Technologies
  • ポルカドットに近い環境下で、かつ中央管理者がいない

といった理由から、ポルカドットの実装を目的として、新機能が実験できる環境というわけです。

そしてクサマトークンは、クサマの中でテストを行っている開発者に贈られる報酬となっています。

クサマの運営チームは、ブロックチェーン業界でも評価が高いエンジニアで構成されています。

通貨名

クサマ

通貨シンボルKSM
特徴
  • ポルカドットのソースコードに類似している
  • ポルカドットより参入障壁が低い
  • セキュリティー面はポルカドットに劣る
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://guide.kusama.network/

クサマ/KSMの特徴

KSM 買い方

ここからは、クサマの特徴を紹介していきます。

クサマは、公正で非中央集権的なインターネット構築を目標にしています。

2019年にリリースされた、比較的新しいプロジェクトですが、どういった特徴があるのでしょうか。

クサマの特徴は、以下の3つです。

  • ポルカドットのソースコードに類似している
  • ポルカドットより参入障壁が低い
  • セキュリティー面はポルカドットに劣る

ひとつずつ詳しく解説していきます。

ポルカドットのソースコードに類似している

クサマとポルカドットのソースコードは非常に似ています。

前述しましたが、理由は

  • それぞれプロジェクトの、創設者と開発チームが同じ
  • ポルカドット実装のために、新機能を実験する環境が必要

です。

クサマのソースコードは、ポルカドットと同じSubstrateが利用されています。

なので、ポルカドットの機能は、クサマでも使用できると考えられるでしょう。

クサマの特徴と言えるのが、異なるブロックチェーンを繋げられるパラチェーンです。

パラチェーンでは、仮想通貨やNFTを相互にやり取りできます。

懸念点は、

  • 接続できるブロックチェーンに上限がある
  • 接続したブロックチェーンに脆弱性があれば、接続先の信用を失う

といった危険性があります。

なので、利用できるブロックチェーンの厳選は必要です。

クサマはポルカドットの実験場なので、パラチェーンへ接続する危険性は高くありません。

クサマとポルカドットは、同じシステムなので、クサマの実績がポルカドットに適用されます。

ポルカドットより参入障壁が低い

クサマは、ポルカドットと同じソースコードを採用しながら、開発への参入障壁が低いです。

ポルカドットの公式ページでは、クサマについて「カナリアネットワークとしての役割を果たすもの」と定義しており、参入障壁への低さがうかがえます。

クサマの参入障壁が低い理由は、

  • 開発スピードが、ポルカドットよりも速い
  • パラチェーンに接続している

といった点です。

参入障壁が低くなると、ポルカドット環境下での新機能を、クサマで動作するかを確認できます。

もしも問題が発生した場合、事前にリスクを抑えらるためです。

今後は、自立分散型組織(DAO)や分散型アプリケーション(dApps)などの新しい分野で技術を試す際に、適しているでしょう。

セキュリティー面はポルカドットに劣る

クサマは、ポルカドットより参入障壁が低い、とお伝えしました。

言い換えれば、セキュリティー面でポルカドットに劣っています。

理由は、プロジェクトの用途がそれぞれ異なっているためです。

クサマとポルカドットを比べてみると

  • ポルカドット=金融系アプリケーション
  • クサマ=自立分散型組織(DAO)や分散型アプリケーション(dApps)の開発者向け

上記のように、ポルカドットの用途を考えると、高い安定性とセキュリティーが求められるのは当然と言えるでしょう。

一方クサマは、開発者向けにリリースされており、一定のセキュリティーは確保されています。

しかしクサマの用途は

  • ポルカドットの試作品
  • 新しいアイデアの実験場

といった点が、ポルカドットに比べてセキュリティーに不安を抱えていると言えるでしょう。

クサマ/KSMが購入できるおすすめの取引所はバイビット

KSM 買い方

クサマを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

クサマ/KSMの買い方/購入方法

KSM 買い方

ここからはクサマの買い方について紹介していきます。

今回はクサマを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

クサマを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでクサマを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

 

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

 

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでクサマを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からクサマをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からクサマをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「クサマを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、クサマの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

クサマ/KSMの将来性

KSM 買い方

クサマは、「もうひとつのポルカドット」と呼ばれており、通貨の価格においても一定の連動性があります。

ポルカドットの成長とともに、クサマも同じように成長していくと考えられています。

なので、将来性はポルカドット次第です。

ポルカドットのプロジェクトには、

  • ビットコインを、ポルカドットブロックチェーン上のトークンにする「ポルカビットコイン」がベータ版でローンチ
  • ポルカドットのブロックチェーンで、トークン発送と転送できるプロジェクト「Polimec」

が発表されており、成功すればクサマの価格にも良い影響が与えられます。

ポルカドット次第という点がありますが、システム開発の入門ツールとして、将来的にクサマは重宝されるでしょう。

クサマ/KSMの買い方、特徴、将来性、まとめ

KSM 買い方

今回は、仮想通貨クサマ/KSMの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

クサマは、クリエイターの相互運用性やスケーラビリティ問題を解決するために、別通貨のポルカドットで展開する前のテスト通貨です。

  • ポルカドットのソースコードに類似している
  • ポルカドットより参入障壁が低い
  • セキュリティー面はポルカドットに劣る

といった特徴からも、開発者にとって魅力的な環境と言えます。

ただ、クサマとポルカドットは連動している点が多いです。

ポルカドットで問題が発生した場合、クサマに波及するので注意しておきましょう。

今後の価格変動に注目しつつ、クサマを購入しようと気になった方は、はじめてみてもいいですね。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】