キープネットワーク/KEEPの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨キープネットワーク/KEEPの買い方を知りたい
  • 仮想通貨キープネットワーク/KEEPを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨キープネットワーク/KEEPの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨キープネットワーク/KEEPの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

キープネットワーク/KEEPとは

KEEP 買い方

キープネットワークは、パブリックブロックチェーンや分散型アプリ(dApps)、自立分散型組織(DAO)上にプライベートデータを保存、暗号化するためのインセンティブネットワークです。

2017年に、ビットコインでショッピングアプリができる「Fold」を立ち上げた、Matt LuongoとCorbyn Ponによって設立されました。

Foldを運営していく中で、2人はイーサリアムをより良くするためのプライバシーツールに、需要があると気づきます。

そこでブロックチェーン上のアプリケーションが、個人情報を保存してアクセスできるようにする、新しいデータレイヤーの構築に乗り出しました。

キープネットワークで行われる全ての取引は、

  • ブロックチェーンに記録されない
  • 管理者の承認がない

といったように、完全に権限がなくなり、誰でもネットワークにアクセスできます。

通貨名

キープネットワーク

通貨シンボルKEEP
特徴
  • データを非公開で保存できるプライバシーレイヤー
  • ランダムな方法でTBTC署名者を選ぶ
  • 暗号トークンの利点が維持されている
  • プライバシソリューションとして、設計されている「Keeps」
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://keep.network/

キープネットワーク/KEEPの特徴

KEEP 買い方

ここからは、キープネットワークの特徴を紹介していきます。

権限なく、誰でもネットワークにアクセスできるようになったことで、開発者は完全な分散型アプリケーション(dApps)を作れるようになりました。

自立プライベートデータの、インフラストラクチャを構築できるキープネットワークですが、どういった特徴があるのでしょうか。

キープネットワークの特徴は、以下の4つです。

  • データを非公開で保存できるプライバシーレイヤー
  • ランダムな方法でTBTC署名者を選ぶ
  • 暗号トークンの利点が維持されている
  • プライバシソリューションとして、設計されている「Keeps」

ひとつずつ詳しく解説していきます。

データを非公開で保存できるプライバシーレイヤー

キープネットワークでは、プライベートデータを安全に保存するために、プライベートストラテジーであるピア・トゥ・ピア(P2E)ネットワークを構築しています。

ピア・トゥ・ピア(P2E)とは、サーバを通さずにクライアント同士でやりとりできる仕組みです。

ネットワークを構築する際に、暗号化と検証のためにコンピューティングコストを計測するためのノードが必要になります。

なので、悪意あるノードがネットワークに入らないように、計算量を提供したノードに対して、キープトークンを与えています。

ランダムな方法でTBTC署名者を選ぶ

キープネットワークのビーコンは、TBTCへ入金した署名者をランダムで選ぶメカニズムです。

ランダムで選ばせることで、

  • TBTCの署名者がどれくらいの量を作成しているか
  • 預金者の身元を知るには、共謀しなくてはいけない

という危険を未然に防げます。

ランダムな方法で選択されるまで、署名者が誰になるのか、署名者自身も分かりません。

キープネットワークのランダム性により、

  • 共謀者によって資金が盗まれる
  • ネットワークが攻撃される

リスクも取り除いています。

暗号トークンの利点が維持されている

キープネットワークのトークン保有者は、フルノードだけでなく、TBTCも実行できるようになります。

保有者は、キープネットワークとイーサリアムの両方を賭けられる、TBTC署名者としての役割を担っています。

TBTC署名者によって実行された場合、トークンとして料金の受取が可能です。

キープネットワークは、個人データを非公開にすることで、プライバシーとセキュリティーが安全に保たれています。

また、ランダム性を活用することで、信頼性の促進に繋がっています。

プライバシソリューションとして、設計されている「Keeps」

キープネットワークでは、個人情報のオフチェーンコンテナである「Keeps」を採用しました。

Keepsは、仮想通貨ウォレットと取引所によって、監査や使用され値楕円曲線デジタル署名アルゴリズム(ECDSA)を介することで

  • パブリックブロックチェーンに公開されない
  • プライベートデータを管理、使用できる

といったことが可能です。

透明性や監査能力を損なうことなく、スマートコントラクトにプライベートデータとのインタラクティビティを与えられます。

キープネットワーク/KEEPが購入できるおすすめの取引所はバイビット

KEEP 買い方

キープネットワークを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

キープネットワーク/KEEPの買い方/購入方法

KEEP 買い方

ここからはキープネットワークの買い方について紹介していきます。

今回はキープネットワークを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

キープネットワークを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでキープネットワークを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているならどこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

 

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

 

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでキープネットワークを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からキープネットワークをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からキープネットワークをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「キープネットワークを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、キープネットワークの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

キープネットワーク/KEEPの将来性

KEEP 買い方

キープネットワークは、パブリックブロックチェーンとプライベートデータの世界をつなぐ可能性を秘めており、将来性は期待できます。

TBTCをBTCに変換、逆にBTCをTBTCに変換が可能です。

仲介者を通さず、好きなタイミングで取引できる点も、これから分散型アプリケーション(dApps)を作成しようとしている開発者へのアピールになりますね。

またキープネットワークは、

  • Polychain Capital
  • Andreessen Horowitz
  • Draper Associates
  • Distributed Capital Partners

といった大御所の投資家から、投資されています。

上記のポイントからも、今後の展望に期待できます。

キープネットワーク/KEEPの買い方、特徴、将来性、まとめ

KEEP 買い方

今回は、仮想通貨キープネットワーク/KEEPの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

キープネットワークは、パブリックブロックチェーンや分散型アプリ(dApps)、自立分散型組織(DAO)上にプライベートデータを保存、暗号化するためのインセンティブネットワークです。

  • データを非公開で保存できるプライバシーレイヤー
  • ランダムな方法でTBTC署名者を選ぶ
  • 暗号トークンの利点が維持されている
  • プライバシソリューションとして、設計されている「Keeps」

といったポイントが、投資家から注目を集めています。

今後も、ビットコインとイーサリアムのブリッジ通貨として、機能することが考えられるので、通貨の価格上昇に期待できます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】