仮想通貨(ビットコイン)を日本円に変える方法!注意点も解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨を日本円に変える方法について知りたい
  • 仮想通貨を日本円に変える仕組みについて知りたい
  • 仮想通貨を日本円に変えるときの注意点について知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨を日本円に変える方法と注意点」をお伝えしていきます。

仮想通貨(ビットコイン)を日本円に変える前に知っておきたいこと

仮想通貨換金1

日本円に変える方法を説明する前に、仮想通貨を取り扱う上で最低限の知識を解説していきます。

初心者向けに説明していくので、ある程度知識がある人は、飛ばしてもらっても大丈夫です。

逆に仮想通貨について、まったく知識のない人は必ず読んでおきましょう。

仮想通貨とは?

そもそも仮想通貨とは、電子データのみで取り引きされる通貨のことを指します

しかし、日本円のような「法定通貨」とは違い、強制通用力は持ちません。

基本的にはインターネット上のみで、やり取りされており、デジタル通貨とも呼ばれています。

世界初の仮想通貨は、2009年から本格的に登場した「ビットコイン」です。

また、ビットコイン以外の仮想通貨のことを「アルトコイン」と呼びます。

ビットコインが登場してからは、さまざまなアルトコインが開発され、法定通貨と仮想通貨を交換できる「仮想通貨取引所」が世界中に誕生していきました

この「仮想通貨取引所」の登場により、仮想通貨業界はさらに活発になり、通貨としての信用度も徐々に上がってきています。

ブロックチェーンとは?

「ブロックチェーン」は、仮想通貨の根幹技術として開発された技術です

そのため「仮想通貨」と「ブロックチェーン」の意味が混同している人も少なくありません。

先ほども紹介したように仮想通貨は、電子データのみで取り引きされる通貨のことです。

ブロックチェーンは、仮想通貨を安全に取り引きできるようにするための「技術」に過ぎません

また、ブロックチェーンは「分散型台帳技術」とも呼ばれており、金融取引などの高い信用性を求められるデータ取り引きでは、欠かせない存在です。

  • 仮想通貨は、電子データの通貨
  • ブロックチェーンは、仮想通貨に使用されている技術

上記のように覚えておくといいでしょう。

仮想通貨取引所とは?

仮想通貨をはじめるためには、当たり前ですが、仮想通貨を購入しなくてはいけません。

そのためには、仮想通貨取引所を利用するしかありません。

仮想通貨取引所で提供されているサービスは、主に以下の6つです。

  • 売買
  • 現物取引
  • 口座管理
  • 両替
  • 貸仮想通貨サービス
  • 送金

購入した仮想通貨を保管しておく「口座管理」や、仮想通貨を他の人に送る「送金」、取り引きした仮想通貨を日本円に換金する「両替」など、さまざまな機能が搭載されています。

メインで使用するサービスは「売買」でしょう

「売買」は、仮想通貨取引所のもっとも基本的なサービスです。

仮想通貨取引所が保有している仮想通貨を購入したり、逆に販売したりできるサービスのことを「売買」といいます。

「現物取引」や「貸仮想通貨サービス」などは、リスクが高く初心者には向いていないサービスです

まずは「売買」の操作から徐々に慣れていきましょう。

取引所と販売所の違いは?

仮想通貨取引所で、通貨を購入する方法は主に2つあります。

それは「取引所」と「販売所」です

この2つも混同されやすいですが、大きな違いがあります。

仮想通貨を購入することは同じですが、この2つは「自分が取り引きする相手」が違います。

販売所は、仮想通貨取引所が保有している通貨を購入できるサービスです

取引所は、仮想通貨を保有しているユーザー同士で取り引きできるサービスのことを指します

「販売所」では、仮想通貨取引所が指定している金額での取り引きしかできませんが、「取引所」では、ユーザー同士で金額を自由に設定できます。

基本的には「取引所」の方が取引価格が高い傾向にあるので、日本円に換金するときは「取引所」を利用しましょう。

また、ほとんどの仮想通貨取引所が「取引所」と「販売所」どちらのサービスも提供しています。

仮想通貨(ビットコイン)を日本円に変える方法3つ

仮想通貨換金3

それでは次に、仮想通貨を日本円に変える方法を紹介していきます。

仮想通貨を日本円に変える方法は、以下の3つです。

  • 仮想通貨取引所で換金する
  • プリペイドカードを利用する
  • ビットコインATMで換金する

それぞれ詳しく紹介していきます。

仮想通貨取引所で換金する

1つ目の仮想通貨を日本円に変える方法は「仮想通貨取引所で換金する」です。

基本的に仮想通貨を日本円に変えるときは、仮想通貨取引所を介して換金するの一般的です。

先ほども紹介しましたが、仮想通貨取引所で日本円に変える方法は「販売所」と「取引所」の2つがあります。

「販売所」では、仮想通貨取引の設定している金額でしか、日本円に変えれません

「取引所」では、ユーザー同士が金額を自由に設定して取り引きをおこないます

そのため、自由に金額を決めれる「取引所」では、買う側は少しでも安く、売る側は少しでも高くなるように金額を設定するでしょう。

相場よりも明らかに高い金額では、誰も購入してくれないので、注意しておきましょう。

しかし、それでも「取引所」の方が高い金額で取り引きされているので、日本円に変えるときは「取引所」がおすすめです。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

プリペイドカードを利用する

2つ目の仮想通貨を日本円に変える方法は「プリペイドカードを利用する」です。

この方法で日本円に変えるときは、あらかじめ専用のプリペイドカードを用意しておく必要があります。

国内で利用できるカードであれば「バンドルカード」などが有名でしょう。

ビットコインを日本円としてバンドルカードにチャージしておけば、加盟店での支払いに利用できます。

しかし、あくまでも日本円としてチャージできるだけで、現金化はできません

ビットコインATMで換金する

3つ目の仮想通貨を日本円に変える方法は「ビットコインATMで換金する」です。

日本では、まだまだ普及が進んでいませんが、ビットコインを換金できるATMも存在しています。

マネーロンダリングを防止できる機能や静脈認証ができる機能など、非常に高性能なATMでなければ、仮想通貨を取り扱うことはできません。

過去には東京都・大阪府・千葉県・茨城県などに設置されていた時期もありましたが、2021年10月現在は日本に設置されている場所はないようです

しかし、今後も仮想通貨を取り扱う人が増えていけば、徐々に日本でのビットコインATMの普及率も上がっていくでしょう。

仮想通貨(ビットコイン)を日本円に変えるベストなタイミング

仮想通貨換金7

仮想通貨は、時期によって通貨としての価値が大きく変動します。

そのため、タイミングを間違えてしまえば大きく損をしてしまうでしょう。

ここからは、仮想通貨を日本円に変えるベストなタイミングを紹介していきます。

基本的には、以下2つのタイミングで換金するのがお得に換金するコツです。

  • 価格が高騰したとき
  • 仮想通貨にとっていいニュースが流れた直後

それぞれ詳しく紹介していきます。

価格が高騰したとき

1つ目の仮想通貨を日本円に変えるベストなタイミングは「価格が高騰したとき」です。

自分が購入したときよりも、高騰しているときに売却した方が、より多くの利益を得ることができます。

当たり前のように感じますが、仮想通貨の価値の変動は激しく、完璧に見極めるのは非常に困難です

また、急激な高騰は「まだ上がるのではないか」と思ってしまい、なかなか売却する決断ができない人も多いでしょう。

急激な価値の上昇のあとは、一気に価値が下がるリスクもあるので、待っていたら元の価格よりも下がっていた、なんてことも珍しくありません。

売却のタイミングの見極めに自信のない人は「〇〇円になったら迷わずに売却する」など、あらかじめ目標金額を設定しておいてもいいでしょう

仮想通貨にとっていいニュースが流れた直後

2つ目の仮想通貨を日本円に変えるベストなタイミングは「仮想通貨にとっていいニュースが流れた直後」です。

ブロックチェーン技術に新しい発展があったときや、著名人による特定の通貨を支援するような発言など、さまざまな出来事が仮想通貨の価値と結びついています。

仮想通貨業界で注目されている人だと、Twitterでの些細な1つのツイートで、価値が数十倍以上になることもあるほどです

いいニュースの前に購入できていれば、たった数時間で莫大な利益を得ることも夢ではありません。

しかし、先ほども紹介しましたが、急激な上昇の前には、一気に価値が下がることもあります。

期待しすぎもよくないので、落ち着いて見極めることが大切です。

仮想通貨(ビットコイン)を日本円に変える以外の活用方法

仮想通貨換金4

日本では、まだあまり知られていませんが、日本円に変える以外にも「決済手段」としても利用できます

ビットコインは、もともと海外への送金を安全かつスムーズにおこなうことを目的に開発された技術なので、決済サービスとの相性は抜群でしょう。

現在ビットコインでの支払いが可能な店舗は、以下の通りです。

  • ビックカメラ
  • WordPress
  • DMM.com
  • STEAM
  • Expedia(海外版のみ)

もちろん上記は一例なので、まだまだ多くのお店でビットコイン決済が導入されています。

また、実店舗で対応してくれるお店も、23区内の飲食店を中心に増えてきています

仮想通貨を取り扱う人は日に日に増えてきているので、将来的に一般的な支払い方法になる可能性も十分にあるでしょう。

仮想通貨(ビットコイン)を日本円に変えるときの注意点

仮想通貨換金5

それでは最後に、仮想通貨を日本円に変えるときの注意点について紹介していきます。

はじめての場合は、さまざまなことに注意しなければいけませんが、特に以下の2つには注意しておきましょう。

  • 取引所によって手数料が異なる
  • サイバー攻撃によって日本円に変えれないときもある

それぞれ詳しく紹介していきます。

取引所によって手数料が異なる

1つ目の仮想通貨を日本円に変えるときの注意点は「取引所によって手数料が異なる」です。

たかが手数料と思うかもしれませんが、積み重なると大きな金額になりますし、何よりせっかくの利益が手数料で引かれてしまうのはもったいないですよね。

また、仮想通貨取引所の手数料には「一律○○円」と「金額の◯%」の2パターンがあります。

後者の場合は日本円に変える金額が大きければ大きいほど、莫大な金額になるでしょう。

中には手数料がすべて無料の、仮想通貨取引所もあります

仮想通貨取引所を選ぶときに手数料は、必ず確認しておきましょう。

サイバー攻撃によって日本円に変えれないときもある

2つ目の仮想通貨を日本円に変えるときの注意点は「サイバー攻撃によって日本円に変えれないときもある」です。

仮想通貨取引所のセキュリティ対策は、日に日に進歩していますが、それでもハッキングや通貨流出事件は起きています。

最悪の場合は、不正ログインにより、大切な資産がすべて紛失してしまう場合もあるでしょう。

不正な出金が認められた場合に全額保証してくれる仮想通貨取引所もあるので、どうしても心配な人はそちらの利用をおすすめします。

仮想通貨には、大きな利益を得られる可能性がある反面、購入した通貨が流出する可能性もゼロではありません。

もしそうなった場合は、もちろん日本円に変えることはできないでしょう。

大きなリスクがあることも、忘れないようにしてください。

仮想通貨(ビットコイン)を日本円に変える方法まとめ

仮想通貨換金6

今回は、仮想通貨を日本円に変える方法と注意点についてお伝えしました。

仮想通貨を日本円に変える方法3つをおさらいしておきましょう。

  • 仮想通貨取引所で換金する
  • プリペイドカードを利用する
  • ビットコインATMで換金する

基本的に仮想通貨を日本円に変える方法は、上記の3つのみです。

また、おすすめは「仮想通貨取引所で換金する」です。

プリペイドカードは手数料が高いですし、そもそもビットコインATMは日本にありません(2021年10月現在)。

仮想通貨取引所での換金は非常に簡単ですし、何より安全です

しかし、それでも100%資産が守られているわけではありません。

悪意あるサイバー攻撃なども考慮した上で、安全に取り引きを楽しみましょう。

>>草コインを探すならBinance一択!
いますぐ話題の仮想通貨をホールドしましょう。<<<

※Binanceは世界最大級の仮想通貨取引所です。