アイオーエスティー(iost)の特徴は?買い方や将来性ご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • アイオーエスティー(iost)の特徴や将来性が知りたい
  • アイオーエスティー(iost)の買い方を知りたい
  • アイオーエスティー(iost)を購入するのにおすすめの取引所は?

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨アイオーエスティーについて通貨の特徴や買い方、将来性」をお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

アイオーエスティー(iost)とは?

iost_about

アイオーエスティー(iost)とは、仮想通貨の「速度が遅い」という問題を解消するためのブロックチェーン技術を持つため、注目を集めている仮想通貨です。

アイオーエスティー(iost)は、2018年にシンガポールの非営利財団のIOST財団によって立ち上げられ、「Internet of service token」を略してiostと名付けられました。

アイオーエスティー(iost)の概要は、次の通りです。

通貨名アイオーエスティー(iost)
通貨シンボルiost
特徴
  • コンセンスアルゴリズム「PoB」を採用している
  • JavaScriptでスマートコントラクトの開発が可能
  • DeFiとの関連が強い
  • 処理速度が速い
主な取扱取引所
  • Coincheck(コインチェック)
  • BINANCE(バイナンス)
  • MXC(エムエックスシー)
  • FTX(フィントルエックス)
  • Huobi(フォビ)
  • OKEx(オーケーイーエックス)
  • CoinBene(コインベネ)など
公式サイトhttps://iost.io/

それでは、アイオーエスティー(iost)の特徴をそれぞれ見ていきましょう。

アイオーエスティー(iost)の特徴

iost_feature

アイオーエスティー(iost)には、4つの特徴があります。

それぞれの特徴を解説します。

独自のコンセンスアルゴリズム「PoB」を採用している

アイオーエスティー(iost)では、コンセンスアルゴリズム「PoB」を採用しています。

コンセンスアルゴリズムとは、ブロックチェーンを追加する際のルールに関して、合意(コンセンス)を形成するための仕組みです。

ブロックチェーンなどの特定の管理者がいない場合でも、不正がなくスムーズに取引をおこなうことを可能にしています。

PoB(Proof of Burn)は、コンセンスアルゴリズムの一つで、誰も秘密鍵を知らないアドレスに仮想通貨を送ることで、「送った通貨を二度と利用できないものにする」という仕組みです。

秘密鍵はプライベートキーともいわれ、暗号資産の所有者であることを証明するコードをいいます。銀行預金でいうと暗証番号のようなものです。

この取引はブロックチェーンに保存され、送った通貨の量に応じてほかの仮想通貨が発行されます。

通貨を二度と使えないようにする様が、「バーン(燃やす)」と表現され、「Proof of Burn」と名付けられました。

従来のコンセンスアルゴリズムは、PoWやPoSが採用されていますが、PoW はマイニングの速度が競われるため権利が集中したり、消費電力が激しかったりする問題がありました。

また、PoSは多くの仮想通貨を長期間保有している人にマイニングの権利が与えられるため、不平等という問題があります。

一方PoBではマイニングの権利に関して、速度や所有量は関係がないため、参加者全員に平等にコインが分配される点が、従来のものとの違いです。

処理が分散化されるので「処理速度が速い」という点もメリットといえるでしょう。

コンセンスアルゴリズムについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。

関連記事

コンセンサスアルゴリズムとは? PoWやPoSって何? ブロックチェーンとどういった関係があるの?上記のような疑問をお持ちの方に向けて、この記事ではコンセンサスアルゴリズム、PoWやPoSとは何かについて解説しま[…]

consensus algorithm

JavaScriptでスマートコントラクトの開発が可能

アイオーエスティー(iost)では、多くのエンジニアが利用できるJavaScriptでスマートコントラクトの開発が可能です。

JavaScript とは、Webサイトやシステムの開発に使われるプログラム言語です。

スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で自動的に契約が実行される仕組みのことをいいます。

スマートコントラクトの開発とは、分散型アプリケーションを呼ばれるdAppsを利用してスマートコントラクトの仕組みを作ることです。

アイオーエスティー(iost)では、dAppsを利用して仮想通貨を自由に交換できる仕組みをつくり出すことが可能です。

実際に、ゲームやギャンブル関連などで、アイオーエスティー(iost)がベースのdAppsアプリケーションがいくつか立ち上げられています。

JavaScriptは多くのエンジニアが使えるため参入しやすいことから、多様な可能性を秘めています。

今後、さまざまな面での活躍が期待できるでしょう。

DeFiとの関連が強い

DeFiとは、銀行や取引所など中央で管理する機関や組織を必要としない「分散型金融」というシステムをいいます。

DeFi は、dAppsのアプリケーションを利用することで分散型金融を可能にします。

金融取引をする場合、従来の方法では銀行や証券会社などの仲介が必要です。

しかし、DeFiが実現すると仲介者を必要としないで金融取引が可能になるので、取引手数料などのコストや、時間の大幅な削減が見込めます

現状では、セキュリティや法整備が整っていないなど、さまざまな問題を抱えていますが、DeFiは大きな可能性を秘めています。

これらの問題点がクリアになるような開発が、今後進んでいくでしょう。

DeFiについては、こちらの記事でも詳しく解説しています。

関連記事

コンセンサスアルゴリズムとは? PoWやPoSって何? ブロックチェーンとどういった関係があるの?上記のような疑問をお持ちの方に向けて、この記事ではコンセンサスアルゴリズム、PoWやPoSとは何かについて解説しま[…]

consensus algorithm

シャーディング技術により処理速度が速い

アイオーエスティー(iost)はシャーディング技術を利用しているので、処理速度が速いという特徴があります。

シャーディングとは、仮想通貨の取引の記録を検証する作業をおこなうノードを、いくつかのグループに分けておこなうことです。

ビットコインなどの仮想通貨では、システムの負荷が増えた際に対応しきれないことを意味する「スケーラビリティ問題」を抱えやすいとい側面があります。

シャーディング技術は必要に応じてサーバーを追加でき、柔軟な対応が可能なため、スケーラビリティ問題を解決できる可能性を秘めています。

スケーラビリティ問題については、こちらの記事でも詳しく解説しているので参考にしてください。

関連記事

ビットコインが誕生して今年で9年目になります。現在では仮想通貨市場の規模は45兆円にも登り、経済産業省によるとブロックチェーンに関連した事業の規模は67兆円まで加速すると予想されています。この破格の数字からも、仮想通貨市場が[…]

scalability problem and solution

アイオーエスティー(iost)が購入できるおすすめの取引所は?

iost_exchange

アイオーエスティー(iost)は、国内取引所と海外取引所で購入できます。

購入できる具体的な取引所を紹介します。

国内取引所

アイオーエスティー(iost)は、国内取引所ではCoincheck(コインチェック)のみで購入可能です。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

海外取引所

アイオーエスティー(iost)は、海外取引所では以下の取引所で購入可能です。

  • BINANCE(バイナンス)
  • MXC(エムエックスシー)
  • FTX(フィントルエックス)
  • Huobi(フォビ)
  • OKEx(オーケーイーエックス)
  • CoinBene(コインベネ)など

>>草コインを探すならBinance一択!
いますぐ話題の仮想通貨をホールドしましょう。<<<

※Binanceは世界最大級の仮想通貨取引所です。

海外取引所では多くの仮想通貨の取り扱いがあるのが魅力ですが、ハッキングや高いレバレッジなどのリスクもあるため、初心者の方はしっかりと基礎知識を把握した上で利用するのがおすすめです。

アイオーエスティー(iost)の買い方とは?

iost_how to buy

アイオーエスティー(iost)の買い方は、国内取引所と海外取引所で異なります。

それぞれの買い方を紹介します。

国内取引所

アイオーエスティー(iost)を、Coincheck(コインチェック)で購入する方法を紹介します。

  1. Coincheck(コインチェック)で口座を開設
  2. Coincheck(コインチェック)に日本円を入金
  3. Coincheck(コインチェック)でアイオーエスティー(iost)を購入

海外取引所

海外取引所では、次の手順でアイオーエスティー(iost)を購入できます。

  1. 国内取引所で、メジャー通貨を購入
  2. アイオーエスティー(iost)を扱う海外取引所に送金
  3. 購入した通貨でアイオーエスティー(iost)を購入

仮想通貨の海外取引所では日本円の利用ができないことが多いため、一度国内の仮想通貨取引所でBTC(ビットコイン)などの通貨を購入してから海外取引所に送金する必要があります。

アイオーエスティー(iost)の将来性

iost_future

アイオーエスティー(iost)は大きな可能性があり、多くの人が注目している通貨なので、値上がりについて気になりますよね。

アイオーエスティー(iost)の将来性について、今後の展望や1000円代まで上昇する可能性、またエアドロップでの値上がりを解説します。

アイオーエスティー(iost)は今後どうなる?

アイオーエスティー(iost)が2020年にCoincheckに上場した頃は1円未満の価格でしたが、2021年には価格が大きく高騰し、現在も上昇が継続している傾向があります。

今後の動向は、注目を集めるDeFiとの関連によって価格が変動するでしょう。

また、Defi以外にもアイオーエスティー(iost)関連のサービスが一般利用されるくらいに普及すれば、大きな値上がりが期待できます。

価格が1000円まで上昇する可能性はある?

アイオーエスティー(iost)は過去に10円程度まで上昇したことがあるので、将来100円代になる可能性は否定できません

しかし、1000円まで上昇することは今の段階では考えられないでしょう。

オルトコインは価格変動が大きいため、今後の値動きに注目です。

エアドロップで価格が上昇

2021年に、アイオーエスティー(iost)の保有者にはDONトークンがもらえるエアドロップがおこなわれ、注目を集めました。

エアドロップとは、仮想通貨取引所で開催される、条件を満たすユーザーに無料で仮想通貨を配布するイベントで、主に通貨の知名度の向上を目的におこなわれます。

通貨を無料でもらうためには、アイオーエスティー(iost)を保有している必要があるため、エアドロップ前には多くの投資家がIOSTを購入することで価格の上昇が見込まれます。

次回の開催日時は現段階では未定ですが、アイオーエスティー(iost)の最新情報は公式Twitterに告知される可能性が高いです。

気になる方はチェックしておきましょう。

アイオーエスティー(iost)まとめ

iost_matome

アイオーエスティー(iost)は、スケーラビリティ問題を解消できる技術を有しており、世の中のインフラを大きく変える可能性を秘めている仮想通貨です。

現状ではセキュリティや法整備問題などの課題があり一般的に利用するのは難しいですが、今後はさまざまな取り組みによって実現の可能性が高まるでしょう。

アイオーエスティー(iost)に興味がある方は、今後さらなる値上がりに期待を込め、投資してみてはいかがでしょうか。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】