ヘデラ/HBARの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨へデラ/HBARの買い方を知りたい
  • 仮想通貨へデラ/HBARを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨へデラ/HBARの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨へデラ/HBARの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

ヘデラ/HBARとは

HBAR 買い方

へデラとは、へデラ・ハッシュグラフという分散型台帳技術を使った、エネルギー効率のいい仮想通貨です。

他の仮想通貨との違いは、ブロックチェーンを使用せずに、安全で高速にスマートコントラクトを実行できる点です。

へデラのガバナンス組織である「へデラ運営審議会」には、

  • IBM
  • Google
  • ボーイング
  • 野村証券株式会社

といった世界中の大手企業が加入しています。

イギリスの医療現場や、韓国の大手銀行でもへデラを用いた開発が話題になっており、世界中の大手企業から注目を集めている仮想通貨です。

有名企業が多く参加しているということは、多くの資金を集められるという意味があります。

それ以上に、信頼を寄せられているプロジェクトであることが分かります。

また、へデラ運営審議会は、最大で39の企業との構成が可能です。

なので、今後も誰でも知っている世界中のビッグネーム企業や組織と、連携されることが期待できます。

通貨名

へデラ

通貨シンボルHBAR
特徴
  • 新型コロナウィルス対策に利用されている
  • サスティナブルで環境に優しい仮想通貨
  • ブロックチェーン技術に代わる優れたシステムを採用
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://hedera.com/

ヘデラ/HBARの特徴

HBAR 買い方

ここからは、へデラの特徴を紹介していきます。

へデラは、送金支払いだけでなく、分散型アプリケーション(dApps)の作成する際に使用されるなど、幅広い用途を持ち合わせている仮想通貨です。

他の仮想通貨と異なる点も含めて、どのような特徴があるのでしょうか。

主な特徴は、3つあります。

  • 新型コロナウィルス対策に利用されている
  • サスティナブルで環境に優しい仮想通貨
  • ブロックチェーン技術に代わる優れたシステムを採用

それぞれの特徴を詳しく確認していきましょう。

新型コロナウィルス対策に利用されている

へデラの技術は、イギリスとインドの新型コロナウィルス対策として活用されています。

ワクチンの管理には、決まった温度と期間で保管しなくてはいけません。

しかし、ワクチン接種記録を誤って登録してしまうミスが、たびたび問題になっていました。

管理するとなれば、もちろん人の手が加わるので仕方のないことです。

そこで、問題をするために採用されたのがへデラでした。

へデラの技術を使うことで

  • 正確なデータの管理
  • 適切なワクチンの保管

といった問題を改善できます。

また、インドのスタートアップ企業であるAcoerは、新型コロナウィルス対タクトして、「HashLog」プラットフォームを開発しました。

HashLogは、へデラとリアルタイムで通信可能で可視化されているので、

  • 医療機器の情報
  • 患者の治療履歴
  • 感染症例の追跡
  • サプライチェーン管理

といった情報を、政府と医療機関で共有することで、ウィルスを封じ込められるのではと期待されています。

サスティナブルで環境に優しい仮想通貨

へデラは、マイニングのように電気を過剰に消費せず承認作業ができる、サスティナブルで環境に優しい仮想通貨です。

世界は気候変動の分かれ道に立っており、国際的な目標であるSDGs(Sustainable Development Goals)でも、環境について提示されています。

仮想通貨業界でも大量のエネルギー消費は、業界全体の成長を妨げです。

テスラ社CEOであるイーロンマスクは「環境に負荷がかかっている」という理由で、テスラ購入時のビットコイン決済が中止されたと、話題になりました。

そんな中で、へデラは

  • 再生可能エネルギークレジット市場
  • プラットフォーム

でのコスト削減と効率の向上を可能にして、企業の接続可能性を達成できるように取り組んでいくと公表しています。

ブロックチェーン技術に代わる優れたシステムを採用

へデラは、全く新しい分散元帳技術である、ハッシュグラフコンセンサスを使用しています。

コンセンサスとは、当事者の双方が同意するという意味です。

ブロックチェーン上でも

  • 仮想通貨の取引や送金データを、正しくブロックチェーンにつなぐ仕組みであるPoW(Proof of Work)
  • コインの保有割合の多い人に対して、PoWでのマイニングした状態と同じように報酬を支払うPoS(Proof of Stake)

といった、アルゴリズムが使用されています。

ハッシュグラフコンセンサスでは、今までのブロックチェーン技術よりも安全で高速な、低い料金での処理できます。

具体的には

  • 送金コストは0.0001ドル
  • 取引確認にかかる時間は3〜5秒
  • 処理件数は1秒に10,000件以上
  • トランザクションあたりのエネルギー消費量は0.00017kWh

です。

送金コストだけを見ても、ビットコインやイーサリアムのはるかに安くなっています。

倍率は、約0.00000474833倍です。

ヘデラ/HBARが購入できるおすすめの取引所はバイビット

HBAR 買い方

へデラを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

ヘデラ/HBARの買い方/購入方法

HBAR 買い方

ここからはへデラの買い方について紹介していきます。

今回はへデラを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

へデラを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでへデラを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

 

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

 

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでへデラを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からへデラをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からへデラをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「へデラを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、へデラの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

ヘデラ/HBARの将来性

HBAR 買い方

へデラは、すぐに価格が上がることは難しいですが、長期的に見て将来性に期待できます。

将来性に期待できる理由は

  • ガバナンス組織である「へデラ運営審議会」で、提携している多くの企業は有名な大手企業ばかり
  • 他の仮想通貨にはない、SDGs問題を解決するために、取り組んでいるプロジェクト

といったポイントが大きいです。

今後も、誰でも知っている有名企業が加わって、規模が大きくなることが予想されます。

また、通貨の機能面だけでなく、世の中から必要とされる存在になることが、へデラのプロジェクトや理念です。

環境に配慮していると公表することで、企業側は提携を結びやすくなりますし、へデラにとっても資金援助を受けやすくなります。

そうなれば、へデラの価格も上昇していくと予測されます。

現在は、仮想通貨市場の価格変動が激しくなっていますが、へデラは一時的ではなく、長期的な需要が高まっていく仮想通貨です。

ヘデラ/HBARの買い方、特徴、将来性、まとめ

HBAR 買い方

今回は、仮想通貨へデラ/HBARの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

へデラは、へデラ・ハッシュグラフという分散型台帳技術を使った、エネルギー効率のいい仮想通貨です。

  • 新型コロナウィルス対策に利用されている
  • サスティナブルで環境に優しい仮想通貨
  • ブロックチェーン技術に代わる優れたシステムを採用

といった点が評価されて、世界中の大手企業と提携を結んでいます。

また、送金支払いや分散型アプリケーション(dApps)の作成など、幅広い用途で活用されています。

今後は、長期的な需要の増加とともに、通貨の価格も上がることが期待できるので、ぜひ購入を検討してみてください。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】