グラフ/GRTの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨グラフ/GRTの買い方を知りたい
  • 仮想通貨グラフ/GRTを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨グラフ/GRTの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨グラフ/GRTの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

2022年おすすめの仮想通貨取引所はこれだ!

取引所名特徴公式サイト
Bybit(バイビット)
バイビット
  • 最大100倍のレバレッジで資金効率の良い取り引きが可能
  • YouTuberのヒカルさんや青汁王子さん、与沢さんのコラボ動画で話題
  • キャンペーンが随時開催!登録や入金・取引で仮想通貨をもらえるチャンスが豊富
バイビット公式
Binance(バイナンス)
バイナンス
  • 取引高世界一の仮想通貨取引所
  • 独自のトークンBNBで低い手数料の取引が魅力
  • 取り扱い通貨数も多く、草コインを探すなら◎
バイナンス公式
Coincheck(コインチェック)
コインチェック
  • 国内の暗号資産取引アプリDL数 3年連続No.1
  • ビットコインやイーサリアムをまず買うならここ
  • 東証一部マネックスグループ運営で安心
コインチェック公式

グラフ/GRTとは

GRF 買い方

グラフとは、IPFSやイーサリアムのようなネットワークのデータを、照会するためのインデックスプロトコルです。

インターネット上の、数多くある情報の検索を容易にすることから「ブロックチェーン界のGoogle」と呼ばれています。

理由は、誰でも簡単にデータを検索できるサブグラフというAPIが、検索できる環境を提供しているためです。

グラフは中央管理者が存在しない分散型システムを採用しているので

  • ハッキング対策が高い
  • 処理スピードが速い

といったメリットがあります。

サブグラフを通して、アプリケーションやユーザーは、ブロックチェーン上のデータにアクセスできるようになり、より自由なサービス利用を実現しました。

こうした実績や技術力の高さが評価されて、2020年10月にICOから2,500万ドル(約26億円)の資金調達に成功しています。

通貨名

グラフ

通貨シンボルGRT
特徴
  • 出資している投資家が強力
  • 開発チームも強力
  • 実用化がすでに進んでいる
  • 検索プラットフォームが非中央集権型
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://thegraph.com/

グラフ/GRTの特徴

GRF 買い方

ここからは、グラフの特徴を紹介していきます。

ブロックチェーンでデータを検索するための機能を備えており、「ブロックチェーン界のGoogle」と呼ばれていますが、どういった特徴があるのでしょうか。

グラフの主な特徴は、以下の4つです。

  • 出資している投資家が強力
  • 開発チームも強力
  • 実用化がすでに進んでいる
  • 検索プラットフォームが非中央集権型

それぞれ詳しく紹介していきます。

出資している投資家が強力

グラフは、強力な投資家によって出資・サポートされています。

主な出資している有名な投資家は

  • 仮想通貨業界全体の成長に不可欠な投資を行っており、2021年の出資件数は約150件にもなるコインベースベンチャーズ
  • コインデスクの親会社であるDCG(Digital Currency Group)

などが代表例です。

また、DeFiアプリケーションの中で最も人気が高いプラットフォームである、コンパウンドからもサポートをうけています。

グラフの機能は地味かもしれませんが、ブロックチェーン業界からは注目が集まっています。

開発チームも強力

グラフは、開発しているチームが強力という特徴を持っています。

グラフのCEOである、Yaniv Tal氏はAPI開発ツール会社ミュールソフトで、エンジニアとして働いた経験がある実力者です。

そんなグラフの開発チームには

  • ミュールソフト
  • イーサリアム
  • オーキッド
  • オープンツェッペリン
  • ディセントラランド

といった、ブロックチェーン開発に関わった専門家が集まっています。

実用化がすでに進んでいる

グラフは、すでに多くのプロジェクトで活用されています。

開発当初は、グラフの技術は他に存在しておらず、リリースと同時に急速にネットワークを広げていきました。

現在では、3,000以上のサブグラフが公開されており、多くの開発者から指示を集めています。

グラフのサブグラフを活用しているプロジェクトは

  • アーべ(AAVE)
  • アラゴン(ANT)
  • グノーシス(GNO)
  • シンセティックス(SNX)
  • ダオスタック(GEN)
  • ディセントラランド(MANA)
  • ユニスワップ(UNI)

以上が代表的な例です。

ユニスワップ開発者Hayden Adams氏は、「グラフは様々な方面で有効に機能して、今後のブロックチェーンに必要となる技術であることは間違いないと述べています。

分散型金融(DeFi)以外のほとんどのプロジェクトは、実用化できていません。

しかしグラフは、そんな中で実用が進んでいる珍しいプロジェクトです。

今後の分散型金融(DeFi)の需要が盛り上がれば、グラフのニーズも増えるでしょう。

検索プラットフォームが非中央集権型

グラフは、非中央集権型の検索プラットフォームを提供しているので、今まで解決できなかったユーザー経験を解決できる可能性を秘めています。

しかし現状は、分散型アプリケーション(dApps)や分散型金融(DeFi)などの、分散型サービスは、中央集権型サービスと比較して使いづらいのが現状です。

複雑な条件で検索する方法は、ブロックチェーンには向いていないとされてきました。

しかし、今後のアプリ制作において、凝ったアプリを開発するには、必要不可欠になります。

そこで登場したのが、グラフです。

具体的には

  • ファイナリティ
  • チェーンの再構成
  • クエリフルフィルメントのセキュリティ

といったプロパティを遵守する点が、解決策として期待されている点です。

グラフの非中央集権型プラットフォームを活用することで、幅広く使いやすい検索ニーズに応えるプラットフォームを提供できるので、利用者の増加にも繋がります。

グラフ/GRTが購入できるおすすめの取引所はバイビット

GRF 買い方

グラフを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

グラフ/GRTの買い方/購入方法

GRF 買い方

ここからはグラフの買い方について紹介していきます。

今回はグラフを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

グラフを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでグラフを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでグラフを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からグラフをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からグラフをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「グラフを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、グラフの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

グラフ/GRTの将来性

GRF 買い方

グラフは「ブロックチェーン界のGoogle」と言われているように、非常に将来性に期待できるでしょう。

現在のインターネットの世界は「Web2.0」と言われていますが、今後はWebとブロックチェーンが融合した「Web3.0」の世界が来るとされています。

Web3.0になると、分散型アプリケーション(dApps)や分散型金融(DeFi)など、特定の管理者が存在しない非中央集権的なサービスが頭角を現します。

しかし、今のWeb3.0のサービスはまだ使いにくく、ユーザー経験は低いです。

使いにくいと感じるひとつの要因として、データの整理があります。

例えば分散型アプリケーション(dApps)では、ブロックチェーン上のデータを、アプリに表示する際に

  • 並べ替え
  • グループ化
  • フィルタリング

を必要としており、単体のブロックチェーンだと難しいとされてきました。

グラフは、これらの問題を解決できて、Web2.0のような柔軟に情報を引き出せるプロジェクトになっていくでしょう。

グラフ/GRTの買い方、特徴、将来性、まとめ

GRF 買い方

今回は、仮想通貨グラフ/GRTの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

グラフとは、IPFSやイーサリアムのようなネットワークのデータを、照会するためのインデックスプロトコルです。

  • 出資している投資家が強力
  • 開発チームが強力
  • すでに多方面で実用されている
  • 検索プラットフォームが非中央集権型

といったように、ユーザーにとっては地味に感じる機能かもしれませんが、多くの仮想通貨プロジェクトから、期待されていることがうかがえます。

Web3.0に移行していく中で、データ整理におけるユーザー経験の低さを解消する上で、グラフの仕組みは必要です。

多くの仮想通貨プロジェクトが抱える、中央集権型インターネット問題を、根本から改善していくと考えられます。

今後も、分散型金融(DeFi)の需要が伸びていくに伴って、グラフの価格も上昇していくでしょう。

さらに伸びていく可能性を秘めているので、購入しやすい価格のうちに投資することをおすすめします。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】