シビック/CVCの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨シビック/CVCの買い方を知りたい
  • 仮想通貨シビック/CVCを購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨シビック/CVCの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨シビック/CVCの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

2022年おすすめの仮想通貨取引所はこれだ!

取引所名特徴公式サイト
Bybit(バイビット)
バイビット
  • 最大100倍のレバレッジで資金効率の良い取り引きが可能
  • YouTuberのヒカルさんや青汁王子さん、与沢さんのコラボ動画で話題
  • キャンペーンが随時開催!登録や入金・取引で仮想通貨をもらえるチャンスが豊富
バイビット公式
Binance(バイナンス)
バイナンス
  • 取引高世界一の仮想通貨取引所
  • 独自のトークンBNBで低い手数料の取引が魅力
  • 取り扱い通貨数も多く、草コインを探すなら◎
バイナンス公式
Coincheck(コインチェック)
コインチェック
  • 国内の暗号資産取引アプリDL数 3年連続No.1
  • ビットコインやイーサリアムをまず買うならここ
  • 東証一部マネックスグループ運営で安心
コインチェック公式

シビック/CVCとは

CVC 買い方

シビックとはプラットフォームに登録された個人情報が正しいかどうかをスムーズにするため、個人認証(ID)を可能にした仮想通貨です。

2017年6月にリリースされて、注目を集めており、主なプロジェクトとして本人確認作業が簡単にブロックチェーン上で行えるように、プラットフォームを開発しました。

シビックを利用して本人確認を行うには、まずシビックに登録された個人情報が正しいと証明されなければいけません。

シビックには立証者と呼ばれる人が存在していて、最初に登録される個人情報が正しいかどうかは、立証者によってチェックされます。

チェックの報酬として、シビック独自のシビックトークンであるが支払われるようになっています。

通貨名

シビック

通貨シンボルCVC
特徴
  • ログイン時の本人認証を簡易化する「SIP」
  • 個人情報が流出した際に費用をサポート
  • 本人認証の簡易化
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://www.civic.com/

シビック/CVCの特徴

CVC 買い方

ここからはシビックの特徴を紹介していきます。

主な特徴として次の2つです。

  • ログイン時の本人認証を簡易化する「SIP」
  • 個人情報が流出した際に費用をサポートする

ブロックチェーンを使って個人情報のプラットフォームとして利用されるのは、シビックが最初だとされています。

SNSやネットバンクなどのインターネットサービスにログインするには、本人確認が必要です。

そして、利用サービスごとに登録しなければいけませんでした。

なので、複数のサービスを利用する場合に、新規アカウントを発行する際には、手間がかかってしまいます。

これまでの手間を省略できるプロジェクトがシビックです。

それ以外に、本人確認に必要な個人情報をユーザー自身で管理できる、専門的なプラットフォームでもあります。

それぞれの特徴を詳しく見てみましょう。

ログイン時の本人認証を簡易化する「SIP」

SIP(Secure Identity Platform)はさまざまなウェブサイトにログインするための情報を一括簡管理することができ、シビック独自のプラットフォームです。

本人確認手続きを行う際はログインIDやパスワード、本人確認書類のコピーを郵送したり面倒な手続きが多く、複数のサービスを利用するとなれば、同じことを何度もしなくてはいけません。

また、従来のインターネット環境では「通信先の相手が誰であるか」を明確にしなければいけませんでした。

しかし、SIPを利用して本人確認の認証を行うことで、SIPに対応しているインターネットサービスでは、これまでのような個別の本人確認をしなくてよくなります。

シビックが開発したSIPでは、1度個人情報を登録しておけば、どんなサービスでもSIPを経由して本人確認ができるようになります。

個人情報が流出した際に費用をサポート

シビックは、もしもシビック経由で個人情報が流出した場合に、最大で100万ドル(約1億円)の保証が約束されています。

該当の保証例は、個人情報が流出した際に起きた損失への補償です。

それ以外にも裁判を起こすと決まった時に、弁護士を雇う費用も該当します。

個人情報が流出することはあってはならないことですが、それだけシビック側の自信の表れと言えるかもしれませんね。

シビック/CVCが購入できるおすすめの取引所はバイビット

CVC 買い方

シビックを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

シビック/CVCの買い方/購入方法

CVC 買い方

ここからはシビックの買い方について紹介していきます。

今回はシビックを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

シビックを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでシビックを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでシビックを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からシビックをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からシビックをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「シビックを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、シビックの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

シビック/CVCの将来性

CVC 買い方

シビックは、現行のSIPでも簡易的でセキュリティ性も高いですが、将来的には指紋などでログインできる生体認証システムの導入を目指しています。

指紋認証が導入されれば、わざわざログインIDやパスワードを入力したり、わざわざ記憶してくても問題ありません。

その際に必要となる個人情報は暗号化されるので、非中央集権型の管理が実現するでしょう。

つまり、シビックのブロックチェーン上で個人情報が暗号化されるので、個人情報の流出が起きる心配がなくなります。

また、世界的に有名な仮想通貨サイトである「コインテレグラフ」に取り上げられた経緯もあるので、今後のニーズとともにトークンの価値も上がっていくでしょう。

シビック/CVCの買い方、特徴、将来性、まとめ

CVC 買い方

今回はシビック/CVCの買い方、特徴、将来性についてお伝えしました。

本人確認が簡易的に行えて、他の仮想通貨と比べてもセキュリティ面で安全なのがシビックです。

その中でも

  • ログイン時の本人確認を簡易化
  • 個人情報が流出した際のサポート

上記2点は「面倒な本人確認の手続きが簡単」「もし個人情報が流出した場合に金銭的なサポートが充実」といった、オリジナリティ性も優れています。

今度どのような動きを見せるか要注目ですが、投資候補のひとつとしてシビックを入れてみてはいかがでしょうか。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】