ベーシックアテンショントークン/BATの買い方は?通貨の特徴や今後を解説!購入できる取引所もご紹介

この記事を読んでいるあなたは、

  • 仮想通貨ベーシックアテンショントークン/BATの買い方を知りたい
  • 仮想通貨ベーシックアテンショントークン/BAT購入するのにおすすめの取引所は?
  • 仮想通貨ベーシックアテンショントークン/BATの特徴や将来性が知りたい

上記のように考えているかもしれません。

この記事では、そんなあなたに「仮想通貨ベーシックアテンショントークン/BATの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性」についてお伝えしていきます。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

2022年おすすめの仮想通貨取引所はこれだ!

取引所名特徴公式サイト
Bybit(バイビット)
バイビット
  • 最大100倍のレバレッジで資金効率の良い取り引きが可能
  • YouTuberのヒカルさんや青汁王子さん、与沢さんのコラボ動画で話題
  • キャンペーンが随時開催!登録や入金・取引で仮想通貨をもらえるチャンスが豊富
バイビット公式
Binance(バイナンス)
バイナンス
  • 取引高世界一の仮想通貨取引所
  • 独自のトークンBNBで低い手数料の取引が魅力
  • 取り扱い通貨数も多く、草コインを探すなら◎
バイナンス公式
Coincheck(コインチェック)
コインチェック
  • 国内の暗号資産取引アプリDL数 3年連続No.1
  • ビットコインやイーサリアムをまず買うならここ
  • 東証一部マネックスグループ運営で安心
コインチェック公式

ベーシックアテンショントークン/BATとは

使用Basic Attention Token 買い方

ベーシックアテンショントークとは、Brave社が開発したWebサイト上で利用できるトークンのことです。

2022年1月現在、時価総額は1,379億円でランキングは74位となっています。

JavaScriptの作成者であるBrendan Eich氏がBrave Software社を設立し、ベーシックアテンショントークンが誕生しました。

またベーシックアテンショントークンはイーサリアムブロックチェーンをベースにして作られており、スマートコントラクト実装などの強みを取り入れた仮想通貨です。

さらにBrave社は2021年に半年間でユーザー数を1.5倍も増加させたことから、今後の成長に期待できる仮想通貨として注目を浴びています。

今後ベーシックアテンショントークンがどのように成長するのか、そのポイントと特徴を見ていきましょう。

通貨名ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token)
通貨シンボルBAT
特徴
  • Webブラウザ「Brave」で利用できる
  • 獲得したトークンを投げ銭として利用可能
  • Braveを利用するユーザー増加とともに価値が高まる
  • 大手動画配信アプリのYouTubeと連携している
  • 新規取引所(国)への上場
  • BATウォレットの実装が検討されている
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://basicattentiontoken.org/

ベーシックアテンショントークン/BATの特徴

Basic Attention Token 買い方

ここからは、ベーシックアテンショントークンの特徴を紹介していきます。

ベーシックアテンショントークンの主な特徴は、以下の6つです。

  • Webブラウザ「Brave」で利用できる
  • 獲得したトークンを投げ銭として利用可能
  • Braveを利用するユーザー増加とともに価値が高まる
  • 大手動画配信アプリのYouTubeと連携している
  • 新規取引所(国)への上場
  • BATウォレットの実装が検討されている

それぞれ詳しく紹介していきます。

Webブラウザ「Brave」で利用できる

ベーシックアテンショントークンの特徴、1つ目は「Webブラウザ、Braveで利用できる」です。

Braveを利用すると、ベーシックアテンショントークンが付与されるという特性を持ちます。

他にもさまざまな特徴があり、Braveの特徴をまとめました。

  • 広告の閲覧でベーシックアテンショントークンを獲得
  • 広告やトラッカーを自由にブロックできる
  • 高セキュリティでIPアドレスなどの情報やCookieなどが提供されない
  • GoogleChromeをベースに作られている

気になる人は、それぞれを詳しく見てみてください。

広告の閲覧でベーシックアテンショントークンを獲得
Webブラウザ「Brave」に表示される広告を閲覧することで、ベーシックアテンショントークンが付与されます。
後述しますが広告のブロックも可能であり、自分の好きなタイミングでベーシックアテンショントークンを獲得可能です。
広告やトラッカーを自由にブロックできる
Braveでは広告やトラッカーを、自由にブロックできます。
煩わしい広告表示を消すことができるBraveは、Webブラウザとしても優秀といえるでしょう。
高セキュリティでIPアドレスなどの情報やCookieなどが提供されない
Braveでは、高セキュリティを維持しています。
イーサリアムブロックチェーンをベースにして作られていることもあり、IPアドレスなどの個人情報にはかなり気遣っています。
GoogleChromeをベースに作られている
誰もが知るWebブラウザ「GoogleChrome」をベースに、Braveは作成されました。
そのため非常に使いやすく、直感的な操作感が実現されています。

獲得したトークンを投げ銭として利用可能

ベーシックアテンショントークンの特徴、2つ目は「獲得したトークンを投げ銭として利用可能」です。

日本の法律上、Braveの利用でもらえるのはベーシックアテンショントークンというポイントのようなものとなります。

つまり自身のお金を支払わずにクリエイターを支援できるのが、ベーシックアテンショントークンの強みです。

また投げ銭システムは、ユーザー以外にもメリットをもたらします。

一般的なWebブラウザでは広告が邪魔なものと認識されていましたが、Braveでは自分の意思で表示可能です。

そのため広告主側としても興味を持った状態のユーザーに宣伝でき、効率化を図れます。

Braveを利用するユーザー増加とともに価値が高まる

ベーシックアテンショントークンの特徴、3つ目は「Braveを利用するユーザー増加とともに価値が高まる」です。

先述したとおり、2021年5月の時点でBraveを利用するユーザー数が約3,000万人を突破しました。

これは半年間で1.5倍ほどの増加となっており、利用者数が増えることでBraveやベーシックアテンショントークンの価値が高まりつつあります。

人気とともに価値が高まればベーシックアテンショントークンの価格が高騰するため、今後に期待ができる仮想通貨といえるでしょう。

大手動画配信アプリのYouTubeと連携している

ベーシックアテンショントークンの特徴、4つ目は「大手動画配信アプリのYouTubeと連携している」です。

YouTubeと連携していることで、ベーシックアテンショントークンは動画コンテンツにも投げ銭ができます。

Webブラウザには関心のない人でも、無課金でYouTubeに投げ銭ができると聞けば興味が湧くかもしれません。

5Gにより2022年も動画コンテンツの人気が落ちることは少ないといえるため、これからも成長を遂げる仮想通貨といえそうです。

新規取引所(国)への上場

ベーシックアテンショントークンの特徴、5つ目は「新規取引所(国)への上場」です。

海外でしか扱っていなかったベーシックアテンショントークンですが、近年では国内でもCoincheckやbitFlyer、GMOコインなどで取引できるようになりました。

これによって、日本人でもベーシックアテンショントークンに投資する人が増えています。

国内取引所に上場するには、金融庁からのホワイトリスト(認可)を受け取る必要があるため期待値も高くなります。

BATウォレットの実装が検討されている

ベーシックアテンショントークンの特徴、6つ目は「BATウォレットの実装が検討されている」です。

実は日本国内でBraveを利用した場合、付与されるのはベーシックアテンショントークンではなくポイントとなります。

これは日本の法律上、トークンなどの金銭を付与するというものが禁止されているからです。

しかしポイントは換金できず、現状では日本国内でBraveのユーザーを増加させるには厳しいといえるでしょう。

そのためBasic Attention TokenとBitFlyerが連携し、国内でベーシックアテンショントークンが付与できるようにするプロジェクトを進行させています。

これが成功すれば日本国内でベーシックアテンショントークンを獲得でき、ユーザー数も増えていくでしょう。

ベーシックアテンショントークン/BATが購入できるおすすめの取引所はバイビット

Attention Token 買い方

ベーシックアテンショントークン/BATを取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

ベーシックアテンショントークン/BATの買い方/購入方法

Attention Token 買い方

ここからはベーシックアテンショントークン/BATの買い方について紹介していきます。

今回はベーシックアテンショントークン/BATを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

ベーシックアテンショントークン/BATを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでベーシックアテンショントークン/BATを購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

 

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでベーシックアテンショントークン/BATを購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からベーシックアテンショントークン/BATをクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からベーシックアテンショントークン/BATをクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「BATを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、ベーシックアテンショントークン/BATの購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

ベーシックアテンショントークン/BATの将来性

Basic Attention Token 買い方

結論からいうと、ベーシックアテンショントークンの将来性は高いといえます。

なぜなら2021年11月から、大きな価格高騰を起こしているからです。

現在はまだ、Basic Attention TokenとBitFlyer間で進められているプロジェクトが完成していません。

それでもここまで価格が高騰しているため、日本国内でベーシックアテンショントークンが付与できるようになれば人気は爆発するといえるでしょう。

ベーシックアテンショントークン/BATの買い方、特徴、将来性まとめ

Basic Attention Token 買い方

今回は、仮想通貨ベーシックアテンショントークン/BATの買い方や、通貨の特徴、今後の将来性についてお伝えしました。

ベーシックアテンショントークとは、Brave社が開発したWebサイト上で利用できるトークンのことです。

獲得したトークンを投げ銭として利用可能なことが、ベーシックアテンショントークンの特徴といえます。

さらに日本国内でベーシックアテンショントークンが付与できるようになれば、ユーザー数の増加が見込めます。

これらにより今後も価格が上がる可能性は十分にあるので、購入してみる価値はあるでしょう。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】