アーベ/AAVE(Aトークン)の買い方とは?特徴や将来性について徹底解説

この記事を読んでいるあなたは、

  • アーベ/AAVE (Aトークン)の仕組みや特徴について知りたい
  • アーベ/AAVE (Aトークン)の買い方について知りたい
  • アーベ/AAVE (Aトークン)の将来性について知りたい

上記のように考えているかもしれません。

そこで本記事では「アーベ/AAVE (Aトークン)の特徴や買い方、将来性」を解説します。

仮想通貨のなかでもアーベ/AAVE (Aトークン)が気になるあなたは、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】

アーベ/AAVE (Aトークン)とは

AAVE 買い方

アーベ/AAVE (Aトークン)とは、分散型レンディングプラットフォームAave内で主に取引される通貨のことです。

2022年1月現在、時価総額は3,307億円でランキングは49位となっています。

AaveはDeFiプロジェクトなのですが、そのなかで唯一金融ライセンスを持つのが特徴です。

通貨名アーベ(Aトークン)
通貨シンボルAAVE
特徴
  • 分散型レンディングプラットフォーム
  • ステーキングで稼げる
  • アーベ/AAVE (Aトークン)の投票権を得られる
  • フラッシュローン
  • 信用委託システム
主な取扱取引所バイビット
公式サイトhttps://aave.com/

アーベ/AAVE (Aトークン)の特徴

AAVE 買い方

ここからは、アーベ/AAVE (Aトークン)の特徴を紹介していきます。

アーベの主な特徴は、以下の5つです。

  • 分散型レンディングプラットフォーム
  • ステーキングで稼げる
  • アーベ/AAVE (Aトークン)の投票権を得られる
  • フラッシュローン
  • 信用委託システム

それぞれ詳しく紹介していきます。

分散型レンディングプラットフォーム

アーベの特徴、1つ目は「分散型レンディングプラットフォーム」です。

レンディングサービス(DeFi)とは、仮想通貨を一定期間預けることで動かせない状態になる代わりに利子で稼げるものです。

分散型のため中央の管理者が必要なく、ユーザー間で直接、仮想通貨の貸し借りができるのでスムーズにに取引できます。

またAaveでは、アーベ以外に20種類以上の取扱銘柄があるのも使いやすいプラットフォームの特徴といえるでしょう。

仮想通貨を貸した側は利子で稼ぐことができ、借りる側は無利子で借りられる仕組みがあります。

フラッシュローン

アーベの特徴、2つ目は「フラッシュローン」です。

先述した「無利子で借りられる仕組みがある」というのが、このフラッシュローンです。

通常のDeFiなら借り入れと返済はそれぞれ別で決済しますが、フラッシュローンは2つを同時決済で処理します。

これを利用することで、無担保・無利子で仮想通貨を借りられるという仕組みです。

信用委託システム

アーベの特徴、3つ目は「信用委託システム」です。

フラッシュローンともう1つ、信用委託システムを導入しているのがAaveです。

信用委託システムとは?
預け入れた仮想通貨を担保とする権利を、他者に譲渡するという仕組みのこと。
知識のある人を信用して譲渡した場合、さらに良い利回りを受けられる可能性が高まります。

信用する相手を間違えると詐欺などの不安がありますが、Aaveではあらかじめ信頼度の高い企業を設定しています。

信用委託システムを利用した犯罪が起きる可能性は少ないといえるでしょう。

ステーキングで稼げる

アーベの特徴、4つ目は「ステーキングで稼げる」です。

ステーキングとは?
現実世界の通貨でいうところの「銀行」で、仮想通貨を預けて利率を報酬として受け取る仕組みのこと。
年利0.001%の銀行と比較すると、国内取引所なら5%、海外取引所なら倍近くの金利となります。

アーベの年利(APY)は6.77%なのですが、この数字は変わることもあるためHPで確認してみましょう。

アーベ/AAVE (Aトークン)の投票権を得られる

アーベの特徴、5つ目は「アーベ/AAVE (Aトークン)の投票権を得られる」です。

Aaveは、オープンガバナンス体制を取っています。

オープンガバナンス体制とは?
ネットワークの手数料やアップデートの実行などを、通貨の保有者で決定できるという体制のこと。

アーベの保有数が多いほど、分散型レンディングプラットフォームAaveの将来を決めるための投票権が得られます。

ユーザーに有利な方針へと投票できるため、さらにアーベの人気が高まり価格高騰につながるでしょう。

アーベ/AAVE (Aトークン)が購入できるおすすめの取引所はバイビット

アーベ 買い方

アーベ/を取り扱っている中で、もっとも人気のある仮想通貨取引所が「バイビット」です。

バイビットは、130カ国以上のユーザーが利用しており、世界的に人気のある仮想通貨取引所なので、日本人のユーザーも多くいます。

主なおすすめポイントは、以下の3つです。

  • サイトが使いやすい
  • サーバーが強い
  • 最大100倍のレバレッジ

海外の仮想通貨取引所に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、口座開設までのプロセスも非常に簡単なので、初心者にもおすすめです。

また、日本人向けのサポートが充実しているため、英語が苦手な人でも問題ありません

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

取り扱い通貨数60
最大レバレッジ100倍
取引所手数料Maker : -0.025% / Taker : 0.075
通貨の送金手数料無料
入金手数料無料
出金手数料無料
アプリあり
運営会社Bybit Fintech Limited

アーベ/AAVE (Aトークン)の買い方/購入方法

AAVE 買い方

ここからはアーベの買い方について紹介していきます。

今回はアーベを取り扱っている中で、特におすすめの仮想通貨取引所「バイビット」での購入を想定しています。

アーベを購入する流れは、以下の通りです。

  1. コインチェックで口座を開設
  2. バイビットの口座を開設
  3. コインチェックでビットコインを購入
  4. バイビットにビットコインを送金
  5. バイビットでアーベ/AAVE (Aトークン)を購入

バイビットは日本円の入金に対応していないので、国内仮想通貨取引所から送金する必要があります。

海外の仮想通貨取引所とはいえ、日本語に対応している取引所も多く、難しい操作もありません

それぞれステップごとに詳しく紹介していきます。

コインチェックで口座を開設

トロン/TRXの口座開設

まずは国内の仮想通貨取引所で、口座を開設しましょう。

ビットコインを取り扱っているなら、どこでも問題ありませんが、おすすめは「コインチェック」です。

取扱通貨数も国内の仮想通貨取引所の中では多く、操作性も高いので、初心者ならコインチェックにしておきましょう。

>>仮想通貨を始めるならコインチェック一択。
上場企業運営の使いやすい取引所!<<<

※コインチェックは東証一部マネックス傘下のサービスです。

バイビットの口座を開設

バイビット口座開設

次にバイビットの口座を開設しましょう。

初心者に海外の仮想通貨取引所はハードルが高く感じるかもしれませんが、日本語にも対応しており、操作方法も国内の仮想通貨取引所と大きな違いはありません。

>>【期間限定】最大5,500ドルGETのチャンス!
手数料最大30%OFFのコード<<<

※お得な招待コード付きリンクです。登録・入金でWチャンス!
※登録は1分で完了!招待コードで特典をGETしてください。

バイビットビデオ説明画面

登録はメールアドレスとパスワードを設定するだけです。

設定したメールアドレスに添付される認証コードを入力してログインすると、上のような取引ガイドの画面が表示されます。

コインチェックでビットコインを購入

次にコインチェックでビットコインを購入しましょう。

コインチェックは非常に使いやすいので、購入までの流れで迷うことはないでしょう。

  1. コインチェックにログインして、画面上の「ウォレット」を選択する
  2. ウォレットページの「コインを買う」を選択して、「ビットコイン」をクリックする
  3. ビットコインの数量と金額を確認する
  4. 表示されている「OK」をクリックして購入完了

購入が確定すると、キャンセルは絶対にできません

「数量」と「金額」は必ず確認しておきましょう。

バイビットにビットコインを送金

バイビット資産

次に購入したビットコインを「コインチェック」から「バイビット」に送金します。

仮想通貨を送金するためには「アドレス」が必要です。

バイビットにログインして、画面右上「資産」から「現物アカウント」をクリックしましょう。

「現物アカウント」のページが表示されたら、ビットコインの「入金する」を選択して「アドレス」を発行します。

このときにアドレスのコピーを間違えてしまうと、正しく送金できません

つまり、送金時に資産が消えてしまいます

コインチェックから送金するときに入力するので、必ず正しくコピーしておきましょう。

ビットコインでアーベ/AAVE (Aトークン)を購入

バイビット買い方

ビットコインの送金が完了したら、バイビットにログインしましょう。

画面左上「現物」「デリバティブ」の希望する取引の中からアーベ/AAVE (Aトークン)をクリックしてください。

バイビット購入画面

希望する取引の中からアーベ/AAVE (Aトークン)をクリックすると、上のような画面が表示されます。

「注文価額」を希望の金額に変更し、「【AAVEを買う」をクリックしましょう。

USDT建てで購入する場合は、USDTに両替する必要があります。

以上で、アーベ/AAVE (Aトークン)の購入方法は完了です。

仮想通貨取引には、必ずリスクが伴います。

特に、送金には資産が消えてしまう可能性があるので、注意しておきましょう

アーベ/AAVE (Aトークン)の将来性

AAVE 買い方

結論からいうと、アーベの将来性は高いといえます。

なぜならステーキングが行われるコインということで、長期保有が基本だからです。

多くのユーザーが一気に売ってしまうとアーベの急落が起きるかもしれませんが、長期保有コインであればその可能性も低いです。

いきなりの価格高騰には期待できないものの、長期的にみるとアーベの将来性は高いでしょう。

アーベ/AAVE (Aトークン)の買い方、特徴、将来性まとめ

AAVE 買い方

今回はアーベ/AAVE (Aトークン)の買い方や特徴、将来性についてお伝えしました。

アーベはDeFi系のサービスの中でも、フラッシュローンや信用委託などの特徴があり、注目を集めています。

また、ステーキングが行われるコインなので、長期保有が基本となる暗号資産です。

仮想通貨の取引に興味があるという人は、安定感のあるアーベ/AAVE (Aトークン)から購入してみてはいかがでしょうか。

なお、草コイン購入におすすめの仮想通貨取引所については以下記事を参考にしてみてください。

関連記事

この記事を読んでいるあなたは、 おすすめの草コイン取引所を知りたい 初心者でも使いやすい草コイン取引所を知りたい みんなが使ってる草コイン取引所はどこ?上記のように考えているかもしれません。この記事では[…]

草コイン購入におすすめの取引所人気ランキング!2021年最新【徹底比較】